FC2ブログ

「女性の聖職に関する相談窓口」開設のお知らせ

2019jyosei_soudan.jpg

✝主の平和がありますように
主のご復活をおよろこび申し上げます。

さて、2018年6月の日本聖公会第64(定期)総会において、「女性司祭の実現に伴うガイドライン」が改定され、新しく「日本聖公会における女性の司祭按手に関するガイドライン」が承認され、「女性の聖職位に関わる委員会」が設置されました。

そして、同委員会のもとに相談窓口を設け、4名の相談員も置くこととなり、そのご案内のパンフレットを作成いたしました。
今月発行の「管区事務所だより」と共に全国の各教会・礼拝堂へお届けいたしますので、信徒・教役者のみなさまへご案内くださり、パンフレットの配布にご協力いただければ幸いです。

相談や申し立ては、聖職、信徒、洗礼志願者、また宣教牧会活動に参加されている方ならどなたでもできます。
女性の聖職者のみなさんがガイドラインに抵触する行為を受けたと感じたり、また周囲の方がそれを見聞きしたりして問題に感じることがあれば、「女性の聖職に関する相談窓口」にご相談ください。

2019年4月21日
女性の聖職位に関わる委員会
日本聖公会管区事務所



◆「日本聖公会における女性の司祭按手に関するガイドライン」は管区事務所ホームページに掲載しています。
 →こちらよりご覧いただけます。

◆相談のお申込みは管区事務所へ郵送していただくか、専用フォーム(→こちら)からも受け付けいたします。

2019.04.23 | 女性の聖職位に関わる委員会

被爆74年 長崎原爆記念礼拝〈聖餐式〉

2019_nagasaki.jpg
わたしから学んだこと、受けたこと、
わたしについて聞いたこと、見たことを実行しなさい。
そうすれば、平和の神はあなたがたと共におられます。
フィリピ 4:9



被爆74年 長崎原爆記念礼拝 〈 聖 餐 式 〉
死の同心円から平和の同心円へ


1945年 8月 9日、長崎にもたらされた原子爆弾。
そこから“死の同心円”が広がっていきました。
私たちはこの同じ場所に立ち、一緒に祈り、命を支え合う“平和の同心円”をこそ広げていきましょう。
ぜひご参列ください。

日時: 2019年8月9日(金)10:30~
場所: 日本聖公会長崎聖三一教会

司式: 主教 武藤 謙一(九州教区主教)
説教: 主教 磯  晴久(大阪教区主教)
式典長: 司祭 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
 その他の聖職も司式・補式等に加わる可能性があります。

【記念礼拝前後のプログラム】
・8月8日(木)宗教者平和の祈り 於・長崎爆心地公園
・8月9日(金)午後、会食(愛餐会)。引き続き、証言、平和プログラム。
  〈証言者〉被爆者 八木道子氏。被爆当時小学1年生(6歳)。爆心地から3.3㎞の鳴滝町で被爆。

【お問い合わせ】
柴本孝夫司祭/長崎聖三一教会 電話・FAX 095-823-0455

主催: 日本聖公会長崎聖三一教会・日本聖公会九州教区



ポスターのダウンロードはこちらから

2019.04.16 | 各教区の活動・お知らせ・その他

2019年 日本聖公会人権セミナーご案内

+主の御名を賛美いたします。

日本聖公会人権問題担当者は、毎年人権セミナーを開催しています。
特に2005年からは各教区の特徴を生かした研修ができるように各教区の取り組んでいる課題、その地域にある人権の課題を分かち合うことを大切にして人権セミナーを実施しています。

2019年は九州教区が担当いたします。日本聖公会では顕現後第6主日(顕現後第6主日がない年は顕現後最終主日)を「ハンセン病問題啓発の日」とし、ハンセン病問題への理解が深まるために祈りを捧げていますが、これは2004年の日本聖公会総会決議に基づくもとです。

2003年9月に黒川温泉で菊池恵楓園のハンセン病元患者の方々と付き添いの方が宿泊を拒否される事件があり、ハンセン病に対する偏見・差別が根強くあることを改めて認識させられた九州教区の総会代議員が提案したものです。

2016年の第62(定期)総会では「ハンセン病回復者と家族のみなさまへの謝罪声明」を決議しましたが、今もなお多くのハンセン病回復者の皆さんや家族の皆さんは偏見や差別に苦しんでおられます。

今年の人権セミナーでは、改めてハンセン病問題について学び、また菊池黎明教会の信徒の方々との交流を通して顔と顔の見える交わりを深めたいと願っています。お一人でも多くの皆さまの参加をお待ちしております。

2019年4月21日
日本聖公会人権問題担当者
九州教区人権セミナー実行委員会



日時: 2019年9月4日(水)~6日(金)

場所: 熊本聖三一教会
862-0956 熊本市中央区水前寺公園28-14
096-384-3202

宿泊: ホテル熊本テルサ 
862-0956 熊本市中央区水前寺公園28-51
096-387-7777

参加費: 23,000円(交通費別)
*交通費が45,000円を超える方には管区より補助いたします。

持ち物: 祈祷書をご持参ください。聖歌集などはこちらで用意いたします。
二日目午前中は菊池恵楓園内を徒歩で見学します。帽子、雨具などご用意ください。

申込締切: 2019年7月1日
参加申込書に必要事項をご記入のうえ、管区事務所にお送りください。

申込み先: 日本聖公会管区事務所 人権問題担当者 宛(メール、FAX または郵送)
〒 162-0805 東京都新宿区矢来町 65  
電話 03-5228-3171  FAX 03-5228-3175
メールアドレス province@nskk.org(@を小文字に変換してご利用ください)


プログラム等詳細はこちらをご覧ください。

2019.04.16 | 人権問題

み国が来ますように(Thy Kingdom Come)キャンペーンについて

20190415.jpg

カンタベリー大主教の呼びかけにより、アングリカン・コミュニオン全体で、昇天日から聖霊降臨日までの10日間、特別の祈りの期間とする呼びかけ―「Thy Kingdom Come(み国が来ますように)」キャンペーン― が行われます。

今年は、5月30日(木)~6月9日(日)がその期間にあたります。各教会で6月2日と6月9日の主日礼拝の中で、可能であれば、以下の代祷を加えていただければ幸いです。

-------代祷----------

5月30日の昇天日から6月9日の聖霊降臨日まで、世界のアングリカン・コミュニオンで行われている祈りの輪、「Thy Kingdom Come(ザイ・キングダム・カム=み国が来ますように)」との祈りに心を合わせ、一人でも多くの人々がイエス・キリストを知り、私たちのうちに新たな聖霊降臨の恵が与えられますように。




★ホームページより(日本語:https://www.thykingdomcome.global/ja

Thy Kingdom Come(み国が来ますように)は、昇天日から聖霊降臨日の間に、より多くの人がイエス・キリストを知ることができるよう、世界中のクリスチャンに祈りを呼びかけるグローバル・ムーブメントです。
2016年にイギリス国教会に向け発せられたカンタベリー大主教とヨーク大主教からの呼びかけは国際的でエメキュニカルな祈りのムーブメントに成長しました。

次のことが期待されています。
・信徒は、世界中の神の家族のために、教会で、個人で、あるいは家庭で祈ることを誓約し、実行する。
・祈りを通して、信徒は聖霊により力づけられ、イエスキリストの証人となるための自信を新たにする。

「あなた方の上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける…また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる…イエスは彼らが見ているうちに天に上げられた…エルサレムに戻って来た…心を合わせて熱心に祈っていた…五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると…一同は聖霊に満たされ…ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。」 (使徒言行録1章、2章から抜粋)

「『み国が来ますように』と祈ることで、私たちは全員、国々の、そしてそれぞれのコミュニティの再生への祈りの一部を担うことになるのです」
ジャスティン・ウェルビー、カンタベリ


資料のページ(https://www.thykingdomcome.global/ja/node/27)に9日間の祈りなどが日本語で公開されていますので、ご活用ください。

2019.04.15 | 管区事務所

5月会議予定

8日(水)正義と平和・憲法プロジェクト@中部教区センター
10日(金)18:00-20:00 ウィリアムズ主教記念基金運営委員会@立教
13日(月)14:00-18:00 原発のない世界を求める国際協議会実行委員会
16日(木)13:30-17:00 正義と平和・沖縄プロジェクト@三原/沖縄
21日(火)~23日(木)新任人権研修会@牛込聖公会聖バルナバ教会
21日(火)~23日(木)在日韓国出身教役者会@新潟
23日(木)10:30-12:00 文書保管委員会
28日(火)~31日(金)原発のない世界を求める国際協議会@仙台

2019.04.04 | 会議予定

2019年沖縄週間/沖縄の旅 参加のご案内

命(ぬち)どぅ宝(たから)~神の愛に生きる~
    空の鳥をよく見なさい。 マタイ6:26
6月21日(金)~24日(月)



毎年、沖縄週間の期間に沖縄に思いを馳せてお祈りくださり感謝いたします。

今年は、日本聖公会総会の決議によって沖縄週間/沖縄の旅が始まって25回目です。
1988年の第1回目の正義と平和協議会での旅から31年目となり、感慨深い気持ちになります。
また、いつまで沖縄の旅を続けていくのだろうか、という思いもあります。
これまでに、延べ何人の方がこの旅に参加してくださったのでしょうか。多くの方々が、参加してくださったことを有難く思います。

戦後74年たった今でも、沖縄では米軍の基地や自衛隊の基地をめぐっていろいろな出来事があります。
今年(2019年)2月には、「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋め立てに対する賛否についての県民投票」が行われました。
結果は投票率52.48%、辺野古の埋め立てに反対が7割を超えました。有権者全体の数から、反対の数を見ますと、37.64%になります。
この数字も、見方や立場によってご意見があると思います。どうぞ、沖縄に来てくださり、意見の交換ができればと思います。
多くの方に参加いただき、ご自分の思いや、考えを持って、また持たずにいらしても、自由に話せる場になるようにこの旅を皆でつくっていければと思います。

沖縄週間のテーマは「命どぅ宝~神の愛に生きる~」がテーマ、聖書箇所は「空の鳥をよく見なさい」(マタイ6章26節)です。
イエス様は、思い煩うなと言われます。何を食べようか。何を飲もうか。命のことで・・・そうです。私たちはそのことに日夜明け暮れているといえます。
「空の鳥をよく見なさい」神の豊かな世界を自由に旅する鳥。神の創造されたものとして「刈ることも、倉に納めもしない」神の愛に生きているものの象徴です。神様から与えられたもので生きているのです。   
「命のことで思い煩うな」というイエス様の言葉と、「命どぅ宝」についても話そうではありませんか。
また、もし私たちに翼があって、鳥のように自由に空を飛ぼうとしても自由に空が飛べないことが、今回のプログラムで学ぶことの一つです。

沖縄の旅を通して、沖縄と出会い、人と出会い、神様と出会う旅であることを願います。
そして、皆さまの近くにある、オキナワに気がついていただければと思います。
その時、沖縄に今ある問題が、皆さまの近くにあるオキナワの問題が解決できる力となって動き出すことを信じます。
沖縄に住む私たちも、ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、・・・についての問題に出会っていく旅の途中であることも、忘れてはいないことをお伝えしたいと思います。沖縄の旅にご一緒できることをお待ちしています。ご参加ください。

(日本聖公会沖縄教区 司祭 グロリア西平妙子)


※2018年の日本聖公会第64(定期)総会にて、『「沖縄週間」継続の件』が可決されました。
「2019年から2022年までの毎年、沖縄慰霊の日(6月23日)を含む1週間を「沖縄週間」とし、沖縄の宣教課題を具体的に共有する祈りやポスターなどを作成して全国の諸教会で用いる。」と定め、日本聖公会の全教区・教会が沖縄の現実に思いを寄せ主の平和を求めて祈るよう、兄弟姉妹に呼び掛けます。
沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会は、今年もこの週間にあわせ沖縄の歴史と現在を学ぶ旅を企画し、全国の皆さんをお誘いします。多くの方々とともに沖縄の地に身を置き、学びと祈りを深めたいと思います。ご参加をお待ちしています。


沖縄週間の祈り
歴史と生命の主である神よ、わたしたちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中にいやしを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ、豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通してわたしたちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
わたしたちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン

主催 日本聖公会 沖縄教区
日本聖公会 正義と平和委員会


ご参加を希望される方は、下記をダウンロードしてご利用ください。
◆参加のしおり・プログラム→こちら
◆申込書→こちら
◆周辺ホテルの案内図→こちら

2019.03.29 | 正平・沖縄プロジェクト

2018年日韓聖公会青年セミナー 報告書について

主のみ名を賛美いたします。

各教区・教会の皆様には、日頃から日本聖公会の青年たちの活動を覚え、お支えいただいておりますことを心より感謝申し上げます。また、日韓聖公会青年セミナー開催に際し、青年担当者を通して多大なご支援とご協力を頂き、感謝申し上げます。

ここに、2018年に行われました日韓聖公会青年セミナーの報告書が完成しましたのでご報告いたします。

日韓聖公会青年の交わりは、毎年、日本聖公会と大韓聖公会がそれぞれの地で開催されてきました。
青年セミナーとなってから第10回目となった昨年は、1919年3月1日にあった韓国独立運動の歴史を中心に、人々の尊厳ある立ち上がりと、イエス様に生かされて共に生きようとするキリスト教の関わりからみる独立運動の精神について日韓の青年達は学び合いました。
ことに忠南天安市竝川にある独立記念館を見学し、鎭川及び大召院を探訪し、当時の人々の心からの叫びや思いをそれぞれが受けとめて、グループでの分かち合いで、互いの考え方に対して理解を深め合いました。共に出掛け、共に感じ、共に学び、共に思いを伝えあうことにより、両聖公会の青年参加者はともに一歩、前に歩みを進められたのだろうと思います。

報告書をお届けするとともに、今後も、歴史、交わり、平和の器ということを大切にした、活動が展開され広がっていきますことを期待しつつ、ご支援くださいますようお願いいたします。

貴教会、教区の働きが益々祝福に満たされますようにお祈りしております。

2019年3月末日
青年委員会 委員長 司祭 千松清美



2018nikkan_seinen.jpg

日韓聖公会青年セミナー2018 報告書
「愛からはじまる神の正義」


発行元: 日本聖公会青年委員会
発行日: 2019年3月25日
B5版 124頁


残部をご希望の方は、管区事務所までお問い合わせください。

2019.03.25 | 青年委員会

女性の司祭按手20年感謝プログラム 記念誌発行報告

女性の司祭按手20年感謝プログラムをご支援くださったみなさま

主の平和がありますように。
春が間近に感じられるこの頃ですが、お変わりなくお過ごしのことと思います。

昨年はさまざまな形で、女性の司祭按手20年感謝プログラムを応援いただき、本当にありがとうございました。
記念誌が出来上がりましたので、ご報告申し上げます。ご一読いただけると幸いです。

心からの感謝とともに。
女性の司祭按手20年感謝プログラム実行委員会 一同
2019年3月



jyosei_20th_anniversary.jpg

新しい歌を 主に向かってうたおう
日本聖公会 女性の司祭按手20年感謝プログラム記念誌


2019年3月25日発行 
A4版 64頁
700部 非売品

編集: 日本聖公会 女性の司祭按手20年感謝プログラム実行委員会

発行者:
 日本聖公会 女性の司祭按手20年感謝プログラム実行委員会
 女性に関する課題の担当者
 正義と平和委員会ジェンダープロジェクト


(管区事務所より)残部をご希望の方は、お問い合わせください。

2019.03.22 | 女性に関する課題の担当者(女性デスク)

4月会議予定

1日(月)18:00-21:00 青年委員会
2日(火)14:00-18:00 原発のない世界を求める国際協議会実行委員会
3日(水)10:00-14:00 正義と平和委員会
3日(水)10:00-12:00 会計監査委員会
8日(月)14:00-17:00 主事会議
9日(火)14:00-17:00 常議員会
11日(木)14:00-17:00 人権問題担当者会議
23日(火)13:00-17:00 主教会タスクフォース会議

2019.03.04 | 会議予定

『戦争証言集』発刊について

主のみ名を賛美いたします。

戦後70余年が過ぎ、戦争体験者が高齢化し、記憶も薄れつつあります。
正義と平和委員会では、今の時代に、戦争体験者の記憶を記録とし、後世に遺産として残しておきたいと考え、「戦争証言集」を発刊することにいたしました。
計画を立ててから大変時間がかかってしまいましたが、聖公会のみなさまのご協力をいただき、2018年末に発刊することができました。

今月初めの管区事務所だよりと共に、各教会・礼拝堂へお送りいたしましたので、どうぞご査収いただき、みなさまでお読みいただければ幸いです。
この「戦争証言集」が、悲惨な戦争を繰り返さないために、次世代に語り継ぐものとなれば、また、「明日の平和を考える」ための一滴になればと願っております。

2019年1月25日
日本聖公会正義と平和委員会
委員長 主教 上原 榮正



senso_shogen.jpg
表紙イラスト かるべめぐみ
(聖フランチェスコの小鳥)


戦争証言集 ―地には平和、御心に適う人にあれ―
発行日: 2018年12月25日
発行者: 日本聖公会 正義と平和委員会
        〒162-0805 東京都新宿区矢来町65番地 日本聖公会管区事務所
        TEL 03-5228-3171
編集者: 日本聖公会 正義と平和委員会・憲法プロジェクト

B5版・130頁



★管区事務所より
「証言集」は1月号の事務所だよりに、1冊のみ同封してお送りいたします。
少し厚みのあるものですので、送料の軽減なども考慮し、残りの冊数(教会によって異なります)は、各教区事務所へまとめて送付させていただいております。
教役者や関係者の方に、ついでの折りにお持ち帰り・お届けいただければ幸いです。大変お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、管区事務所に残部が若干ございます。
ご入用の場合は、送料のみご負担いただければお分けいたしますので、お早目に管区事務所へご連絡ください。

日本聖公会管区事務所総主事
司祭 矢萩新一

2019.02.18 | 正義と平和委員会

東日本大震災8周年を迎えて

東日本大震災8周年の日に向けて、東北教区から祈りの集いの案内をいただきました。
どうぞお祈りの内にお覚えください。



2019_0211_311_inori.jpg

東日本大震災8周年を迎えて
同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを


主の平安をお祈りいたします。
顕現後第5主日を迎え、皆様方には心豊かな時をお過ごしのことと思います。また日頃より被災地と震災被災者や原発事故被害者の方々を覚えてお祈りくださっていること、心より感謝申し上げます。

さて、東日本大震災が起こってから8年目を迎えました。
東北教区ではこの日をどのように迎えるかを思い巡らせてまいりました。
今年の3月11日は月曜日ですが、東北教区内のすべての教会が一ヶ所に集まるのは困難ということもあり、同封のご案内のように、教区内の10教会で祈りの集いを持つことになりました。

その集いは、昨年と同様に「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」という意図で、可能な限り午後2時15分から、同じ祈りの言葉(式文)を用いて、祈りと黙想の時を持ち、大震災の発生した午後2時46分には想いを一つにして黙祷することができれば、と願っています。
この集いにご一緒いただけますなら、とても感謝です。

また、遠方等のために東北教区諸教会の集いへの参加は難しいけれども、「同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを」との私たちの思いをお汲み取りくださいますなら、どうか皆様方がお住まいの各々の場で、同封の式文等を用いてお祈りいただければ幸いです。
その祈りの輪で結ばれ、包まれることが、わたしたちにとって、また被災地の皆様にとって、深い癒しと励ましになるであろうと信じます。

復興への道のりは霊肉ともにまだまだ途上ですけれども、イエス様がその旅路を共に歩んでくださることを信じ、これからもご加祷・ご支援をお願い申し上げます。

在  主

2019年2月11日
日本聖公会東北教区主教  主教 ヨハネ 吉田 雅人


※祈りの言葉(式文)とポスターのPDFデータは、下記からダウンロードできます。

◆午後2時46分の黙想 ―同じ時 想いを一つに 皆で祈りを―(式文)PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2019_0211_311_shikibun_2.pdf

◆「午後2時46分の黙想」ポスター PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2019_0211_311_inori.pdf

印刷版を今月末に発送される「管区事務所だより」と共にお届けいたしますので、
必要に応じてコピーするなどして、ご利用ください。



追記(3月1日)
式文9頁に掲載していた聖歌505番を削除いたしました。
お手数ですが、お手持ちの聖歌集からご利用ください。

2019.02.15 | 各教区の活動・お知らせ・その他

3月会議予定

7日(木)10:00-12:00 聖公会/ルーテル教会協議会@市ヶ谷ルーテル教会
7日(木)16:00-18:00 聖公会/カトリック合同会議
8日(金)18:00-20:00 教役者遺児教育基金・建築金融資金運営委員会
14日(木)18:00-21:00 収益事業委員会
18日(月)14:00-18:00 原発のない世界を求める国際協議会実行委員会
21日(木・祝)-23日(土)ハラスメント防止・対策研修会@牛込聖公会聖バルナバ教会
25日(月)16:00-26日(火)12:00 正義と平和・ジェンダープロジェクト
25日(月)16:00-18:00 神学教理委員会
26日(火)14:00-17:00 管区共通聖職試験委員会
26日(火)18:00-21:00 財政主査会
27日(水)14:00-17:00 日韓協働委員会
28日(木)10:30-12:00 文書保管委員会

2019.02.06 | 会議予定

「持続可能エネルギーに関するアンケート」集計結果の報告

主のみ名を賛美いたします。

2019年5月開催の「原発のない世界を求める国際協議会」を控え、その取り組みの一つとして2018年7月にアンケートのご協力をお願いさせて頂きました。多数のご協力に心より感謝を申し上げます。

アンケートの集計結果が出ましたので、下記リンク先にご報告させて頂きます。

★持続可能エネルギーに関するアンケート
作成:原発のない世界を求める国際協議会 実行委員会
アンケート実施期間:2018年7月~12月

2012年の日本聖公会総会決議「原発のない世界を求めて」を推進するため、また「原発のない世界を求める国際協議会」開催が有意義なものとなりますようにお祈り下さい。
「原発のない世界を求めて」共に学び考え、分かち合い、共に歩んで行けます様にアンケート結果を分かち合わせて頂きたいと思います。

尚、上記アンケート結果の印刷版は1月末発行の管区事務所だよりと共に、全国の各教会へ発送いたします。ぜひご高覧ください。

2019.01.25 | 「原発のない世界を求める国際協議会」実行委員会

タリタ・クム号外(女性の司祭按手20周年プログラム速報)

2018年11月30日から12月1日に開催された「女性の司祭按手20年感謝プログラム」当日の様子をまとめた「速報版」を発行しました。
下記リンク先からご覧いただけます。

タリタ・クム号外 2019年1月25日発行

・・・ 記事より一部抜粋 ・・・

<テリー・ロビンソン司祭のメッセージ>
英国聖公会のテリー・ロビンソン司祭(全聖公会中央協議会事務局「教会と社会における女性部門」ディレクター)は、「恐れるな」という言葉が印象的な力強いメッセージで信徒と教役者の心を動かし、私たちが先へ進むための励ましを与えてくださいました。

「女性たちは追放の地(a place of exile)からやって来たのです。私たちは、証人としても、世界に対するキリストの器としても、十全に神に仕えることを許されない場所からやって来ました。しかし追放された者、よそ者であったことを覚え続けなければなりません。その記憶はよそ者として疎外されている人たちの個々の経験を理解し、世界の片隅に押しやられている共同体と連帯する助けになるのですから」。
※メッセージの全文→こちら


 ◆『タリタ・クム』バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

2019.01.25 | 正平・ジェンダープロジェクト

『いのちの海と空と大地』 第8号発行 (2019年1月)

+主の平和がありますように。

いつも原発問題プロジェクトの働きをおぼえてお祈りとご支援をいただいていますこと心より感謝申し上げます。

2018年6月の第(64)定期総会において、「原発のない世界を求める国際協議会」(2019年5月28-31日仙台)の開催が決議され、プロジェクトのメンバーを含む実行委員会で準備を進めております。
すでにポスターを各教会へお届けしていると思いますが、引き続き関心をお寄せいただき、祈りとご支援をよろしくお願いいたします。



昨年5月に第7号をお届けして以来、少し時間が経ってしまいましたが、ニュースレター「いのちの海と空と大地」第8号を発行しました。

◆『いのちの海と空と大地』 第8号 PDFファイル
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/genpatsu_news8.pdf

1部ずつですが今月末に発行予定の「管区事務所だより」に同封お届けいたします。
掲示していただけるようにレイアウトしていますので、ぜひご活用ください。
みなさまにお配りいただける場合は、必要部数を管区事務所までお知らせいただくか、各自で印刷していただき、経費削減にもご協力いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


2019年1月25日
日本聖公会正義と平和委員会 原発問題プロジェクト
司祭 長谷川清純
日本聖公会管区事務所総主事
司祭 矢萩 新一

2019.01.21 | 正平・原発問題プロジェクト

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary