FC2ブログ

(再掲)『Thy Kingdom come(み国が来ますように)』の祈りについて

※開催期日が近づいて参りましたので、4/23にupした記事を再度掲載いたします。

2020_thy_kingdom_come.jpg

各教会信徒・教役者のみなさま

『Thy Kingdom come(み国が来ますように)』は、昇天日から聖霊降臨日にかけて行われる、世界的な祈りの運動に付けられたタイトルです。

この運動は、2016年に英国聖公会に向けて発せられたカンタベリー大主教とヨーク大主教の呼びかけによって始められ、世界的な運動に成長しています。そして、『み国が来ますように』と祈るすべての人々がイエスさまとの交わりを深め、イエスさまの証人となるための自信を新たにし、他の人をイエスさまのもとに導くことを目的とします。

日本聖公会主教会は、昨年6月に行われた主教会において、この運動に参加することを決めて、準備をしてきました。
後日みなさまのもとに、印刷された「祈りのしおり」をお届けいたします。

★11日間の祈りのしおり(昇天日~聖霊降臨日)
(PDFデータを上記リンク先からダウンロードできますので、ご活用ください)


お祈りの期間は、昇天日(5月21日)から聖霊降臨日(5月31日)までの11日間です。
具体的には、クリスチャンに導きたい家族、友人、知人5名を選び、その5人のために11日間祈っていきます。

もっと詳しく知りたい方は、Thy Kingdom comeのWebページをご覧ください。
日本語のページも用意されています。祈りの登録や各種資料も準備されています。
https://www.thykingdomcome.global/
※日本語のWebページはこちら

今年2月3日から5日まで、アングリカン・コミュニオンの『み国が来ますように』の担当者ボブ・キー司祭が来日され、この運動への参加を相談した際に、この期間にある昇天後主日に、特別なお祈りをささげたらどうかと提案してくださり、主教会として以下の祈りを主日礼拝の代祷の最初に行うことにしました。

どうぞ各教会の代祷で用い、また日々のお祈りの時にもお祈りください。



昇天後主日(本年は5月24日)の代祷などで用いる祈り

イエス・キリストの父なる神よ、『み国が来ますように』の祈りに、わたしたち日本聖公会が参加できますことを感謝します。どうかこの時にあたり、わたしたちが祈ることを通して主イエスとの交わりを深め、主を力強く証しすることができるようにしてください。またわたしたちの覚える5人の友を聖霊によって導き、この人々が主イエス・キリストに出会い、主を信じることができるようにしてください。主は父と聖霊とともに一体であって世々に生き支配しておられます。
アーメン



「『み国が来ますように』と祈ることで、私たちは全員、国々の、そしてそれぞれのコミュニティ再生への祈りの一部を担うことになるのです」とジャスティン・ウェルビー、カンタベリー大主教が述べられています。

2020年4月25日
日本聖公会管区事務所総主事
司祭 矢萩新一

2020.05.13 | 管区事務所

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary