FC2ブログ

2019年 日本聖公会人権セミナーご案内

+主の御名を賛美いたします。

日本聖公会人権問題担当者は、毎年人権セミナーを開催しています。
特に2005年からは各教区の特徴を生かした研修ができるように各教区の取り組んでいる課題、その地域にある人権の課題を分かち合うことを大切にして人権セミナーを実施しています。

2019年は九州教区が担当いたします。日本聖公会では顕現後第6主日(顕現後第6主日がない年は顕現後最終主日)を「ハンセン病問題啓発の日」とし、ハンセン病問題への理解が深まるために祈りを捧げていますが、これは2004年の日本聖公会総会決議に基づくもとです。

2003年9月に黒川温泉で菊池恵楓園のハンセン病元患者の方々と付き添いの方が宿泊を拒否される事件があり、ハンセン病に対する偏見・差別が根強くあることを改めて認識させられた九州教区の総会代議員が提案したものです。

2016年の第62(定期)総会では「ハンセン病回復者と家族のみなさまへの謝罪声明」を決議しましたが、今もなお多くのハンセン病回復者の皆さんや家族の皆さんは偏見や差別に苦しんでおられます。

今年の人権セミナーでは、改めてハンセン病問題について学び、また菊池黎明教会の信徒の方々との交流を通して顔と顔の見える交わりを深めたいと願っています。お一人でも多くの皆さまの参加をお待ちしております。

2019年4月21日
日本聖公会人権問題担当者
九州教区人権セミナー実行委員会



日時: 2019年9月4日(水)~6日(金)

場所: 熊本聖三一教会
862-0956 熊本市中央区水前寺公園28-14
096-384-3202

宿泊: ホテル熊本テルサ 
862-0956 熊本市中央区水前寺公園28-51
096-387-7777

参加費: 23,000円(交通費別)
*交通費が45,000円を超える方には管区より補助いたします。

持ち物: 祈祷書をご持参ください。聖歌集などはこちらで用意いたします。
二日目午前中は菊池恵楓園内を徒歩で見学します。帽子、雨具などご用意ください。

申込締切: 2019年7月1日
参加申込書に必要事項をご記入のうえ、管区事務所にお送りください。

申込み先: 日本聖公会管区事務所 人権問題担当者 宛(メール、FAX または郵送)
〒 162-0805 東京都新宿区矢来町 65  
電話 03-5228-3171  FAX 03-5228-3175
メールアドレス province@nskk.org(@を小文字に変換してご利用ください)


プログラム等詳細はこちらをご覧ください。

2019.04.16 | 人権問題

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary