FC2ブログ

被爆73年 長崎原爆記念礼拝〈聖餐式〉

nagasaki2018.jpg

狼は小羊と共に宿り、豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち、小さい子供がそれらを導く。
イザヤ書 11:6

被爆73年 長崎原爆記念礼拝 〈 聖 餐 式 〉
死の同心円から平和の同心円へ


1945年8月9日、長崎の町に“死の同心円”が広がりました。
私たちは多くの命を思いながら共に祈り、“平和の同心円”をこそ広げていきたいと思います。
ぜひご参列ください。



すべての被爆者を覚えて
主の平和の実現のために
長崎に原子爆弾が投下された11時 2分
あの日を思いつつ黙祷を捧げます。

日時: 8月 9日(木)10時30分~
場所: 日本聖公会長崎聖三一教会
司式: 主教 武藤 謙一(九州教区主教)
説教: 主教 小林 尚明(神戸教区主教)
式典長: 司祭 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
その他の聖職も司式・補式等に加わる可能性があります。


【 記念礼拝前後のプログラム 】
・8月 8日(水) 宗教者平和の祈り
・8月 9日(木) 午後、会食(愛餐会)。引き続き、証言、平和プログラム。

〈証言者〉司祭 松岡虔一(まつおかけんいち)師
1933年北九州若松生まれ。
3歳の時、当教会牧師に着任する父・司祭 松岡安立師に連れられ長崎へ。
12歳で被爆。祖父・司祭 松岡林治師も元当教会牧師。



【 お問い合わせ 】 柴本孝夫司祭 長崎聖三一教会 電話/Fax 095(823)0455
主催 日本聖公会長崎聖三一教会 ・ 日本聖公会九州教区

2018.04.06 | 各教区の活動・お知らせ・その他

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary