FC2ブログ

東日本大震災7周年を迎えて

東日本大震災7周年の日に向けて、東北教区から祈りの集いの案内をいただきました。
どうぞお祈りの内にお覚えください。



20180311_inori.jpg

東日本大震災7周年を迎えて
同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを

主の平安をお祈りいたします。
大斎節に入り、皆様方には自らをふりかえる心豊かな時をお過ごしのことと思います。また日頃より被災地と震災被災者や原発事故被害者の方々を覚えてお祈りくださっていること、心より感謝申し上げます。

さて、東日本大震災が起こってから7年目を迎えました。
東北教区では宣教部を中心に、この日をどのように迎えるかを思い巡らせてまいりました。
ことに今年は3月11日が日曜日(大斎節第4主日)ですので、全教会が合同して祈りの時を持つことが困難であるということもあり、同封のご案内のように、教区内12教会で祈りの集いを持つことになりました。

その集いは、「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」という意図で、可能な限り午後2時30分から、同じ祈りの言葉(式文)を用いて、祈りと黙想の時を持ち、大震災の発生した午後2時46分には想いを一つにして黙祷することができれば、と願っております。
この集いにご一緒いただけますなら、とても感謝です。

また、遠方等のために東北教区諸教会の集いへの参加は難しいけれども、「同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを」との私たちの思いをお汲み取りくださいますなら、どうか皆様方がお住まいの各々の場で、同封の式文等を用いてお祈りいただければ幸いです。
その祈りの輪で結ばれ、包まれるることが、わたしたちにとって、また被災地の皆様にとって、深い癒しと励ましになるであろうと信じます。

復興への道のりはまだまだですけれども、イエス様がその旅路を共に歩んでくださることを信じ、これからもご加祷・ご支援をお願い申し上げます。

在  主

2018年2月20日
日本聖公会東北教区主教  主教 ヨハネ 吉田 雅人
日本聖公会東北教区宣教部長  司祭 ステパノ 越山 哲也


祈りの言葉(式文)とポスターのPDFデータは、下記からダウンロードできます。

◆午後2時46分の黙想 ―同じ時 想いを一つに 皆で祈りを―(式文)PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_shikibun.pdf

◆「午後2時46分の黙想」ポスター PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_inori.pdf

印刷版を今月末に発送される「管区事務所だより」と共にお届けいたしますので、
必要に応じてコピーするなどして、ご利用ください。

2018.02.22 | 各教区の活動・お知らせ・その他

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary