広島平和礼拝2017のご案内

『小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる』
(ルカによる福音書12:32)


6年前に発生した東日本大震災により、福島第一原子力発電所がメルトダウンして放射能が大気中に飛散し、多くの地域が汚染されました。

現在でも9万4千人が元の場所に戻ることができずに不便な生活を送っておられます。避難指示解除が今年3月で終わりますが、6年の歳月は住宅の荒廃を促進させ、汚染土が除去され帰宅が可能となっても、インフラや、高齢化社会では不可欠な社会福祉施設の整備、森林が70%占める福島県において、森全体の除染も、今後、健康な生活を送るためには不可欠なのです。その結果、避難者の約半数は帰宅を望んではいません。一方、発電所の事故で、避難住民への賠償や廃炉に必要な費用は少なく見積もっても21.5兆円となり、気の遠くなる金額を誰かが負担する必要に迫られています。

大震災前、電気全体の約3割を原子力に頼ってきました。原子力発電は安くあがるというのが主な理由ですが、地震大国の日本では、事故のリスクを軽減することは極めて困難なのです。私たちにできることは、家庭や会社、諸施設の電力消費を極力抑え、人間の英知を結集して、再生可能エネルギーへの取り組み推進を訴えることです。

放射能の恐ろしさを再認識する場はヒロシマ・ナガサキです。平和礼拝には、できるだけ多くの若者を広島の地に派遣してくださり、心をひとつにし、「主の平和」をともに学び、行動し、祈る機会としたいと考えております。各教区主教様におかれましては、各教会の教役者・信徒の皆様に知らせてくださり、平和礼拝に参加してくださいますよう、お願い申し上げます。

※参加申込の受付はすでに終了しておりますが、どうぞお祈りの内にお覚えください。



広島平和礼拝の目的
1.原爆犠牲者を追悼し、世界平和のために祈る。
2.次代を担う人たちに原爆の悲惨さ・戦争の愚かさを伝える。
3.「主の平和」を学び、その実現のために活動する。

■ 行事名:広島平和礼拝2017
■ テーマ:ともに学び、行動し、祈ろう。そして一歩前へ。
■ 聖 句:『小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる』
                (ルカによる福音書12:32)
■ 開催日:2017年8月5日(土)- 6日(日)

■ プログラム
5日(土)
9:30 碑巡り
① 入門編(平和公園~原爆資料館) ※集合場所:原爆資料館前
② 大本営跡編 ※集合場所:日本聖公会広島復活教会
11:00 受付開始  
昼食
12:45 被爆証言
講師 : 益田遥さん
演題 : 私の8月6日 ~母の被爆体験を伝えて~
14:45 ブレーク
15:00 分かち合い
16:10 軽食   以上、すべて〈広島復活教会〉

 平和公園に向けて出発
17:30 カトリック教会との合同プログラムを予定
祈りのつどい、平和行進など    〈平和公園〉

18:00 『祈りのつどい』 ※平和行進に参加しない方々のため   〈カトリック世界平和記念聖堂・地下聖堂〉
19:00 カトリック教会との合同礼拝
   
6日(日)
6:15 原爆死没者慰霊行事    〈平和公園供養塔前〉
8:00 朝の礼拝(平和記念礼拝) ※8:15に黙祷

10:30 広島原爆逝去者記念聖餐式
司式・説教:日本聖公会九州教区 武藤謙一 主教
      〈広島復活教会〉

2017.07.12 | 各教区の活動・お知らせ・その他

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary