九州教区・九州地震被災者支援室より第7信

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。」ロマ8:35

+主の御降誕をお祝い申し上げます。

まもなく九州地震の発生から8ヶ月。皆さまの祈りとご支援に心より感謝申し上げます。

11月18日に西原村の最後の避難所が閉鎖され、熊本県内の避難所数は0に。しかしこれは決して避難者数が0となったことを意味しません。避難所と呼ばれる場所は無くされたものの仮設住宅やコンテナハウス、壊れた納屋を改造し暮らす人、さらにはビニールハウスで生活を続ける避難者がおられます。とくに他地域から初めて支援活動に参加した人たちは、そんな被災地の実態に触れ、一様に驚きを隠せません。

時間の経過とともに多くの支援団体が活動を縮小し、また撤退していく現実があります。私たちも同様に活動の継続に困難を感じておりますが、他方ではまだまだ多種多様な支援の必要を痛感させられます。大切なのは、見えにくくなっている必要をどう見出し接点を作っていけるか、ではないかと感じています。

…ということで、今しばらくは地道に丁寧に、出会った被災者に関わり、助け合いの輪を広げていくよう取り組んでまいりたいと思います。


◆引き続き、ボランティア募集中‼ です。

  • まずは登録(各教区事務所を経由し九州教区事務所へFAX)をお願いいたします。
  • 現在、毎週水曜日から土曜日までの4日間に限定し支援活動を行っています。(ボランティアセンターへの宿泊は、原則火曜日の夕から土曜日まで可能です。)
  • 活動の様子は、日本聖公会九州教区のウェブサイト内でご覧になれます。
  • 力仕事の作業ばかりでなく「出前カフェ」などを含めた訪問ボランティア、関りある園芸店でのフラワーアレンジメント体験を組み込んだ訪問プログラム、などの可能性もあります。お問い合わせください。
※活動の手配・調整の都合上、ボランティア登録は1週間前までにお願いします。

◆年末年始は12月30日(金)から1月3日(火)までお休みします。
 新年は1月4日(水)より活動を開始します。ぜひご参加ください。

「熊本聖三一ボランティアセンター」
〒861-8035熊本市東区御領一丁目10-71
連絡先 TEL/FAX 096-384-3202(熊本聖三一教会)

ご協力よろしくお願いいたします。

2016年12月13日

九州教区主教 ルカ 武藤 謙一
九州教区・九州地震被災者支援室 
室長 司祭 マルコ 柴本 孝夫

2016.12.14 | 九州教区・九州地震被災者支援室

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary