タリタ・クム第27号

タリタ・クム第27号が発行されました。
下記よりpdfファイルでご覧頂けます。

タリタ・クム第27号 2016年11月25日発行


・・・ 沖縄教区 上原 榮正 主教さま(正義と平和委員会委員長)の記事より一部抜粋 ・・・

沖縄の現状と女性

沖縄にいますと、日本本土に比べて、沖縄人(ウチナーンチュ)の人権が軽視されている場面によく出会います。最近では、大阪から辺野古へ派遣されてきた機動隊員が、沖縄人に、「土人」「シナ人」と発言し、問題になっています。でも、女性の方は、人権も人格ももっと傷つけられているように感じます。何故そうなるのか、今沖縄で起きている世界一危険と言われる普天間基地の返還に伴う辺野古移設から考えてみたいと思います。
(中略)
最近本土のマスコミは、辺野古の報道も含め、沖縄のことを殆ど報道しなくなりました。でも、沖縄で女性が暴行、殺害、強姦されるなど事件が起きると、ここぞとばかりに沖縄が問題となります。私の穿った見方かもしれませんが、沖縄で女性が被害に遭わなければ、米軍基地の問題は問題としない、これが、本土側の沖縄県民と女性へ扱いのように感じます。
イエスさまは、いつも弱く貧しくされた側の味方でした。教会が立つべき立場は、明らかです。

2016.12.06 | 正平・ジェンダープロジェクト

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary