「202230運動」ポスターについて

202230undo161101.jpg

2012日本聖公会宣教協議会における提言「この世に仕える教会の形成のためには、様々な立場の人びとが、教会・教区・管区の意思決定機関へ平等に参画することが求められます。その一歩として、女性の比率が高まるよう働きかけ、2022年までに少なくとも30%の参画を実現し、さらに青年層の参画も推進します。」に基づき、ポスターを作成致しました。

別紙ポスターにあります「202230運動」とは、「2022年までに少なくとも30%を女性に」という意味の標語です。貴教区、貴教会での掲示の御協力をお願いすると共に、ぜひ関心を持って取り組んでいただけることを願っております。



日本聖公会の意思決定機関における女性の割合は、低い状況が続いています。

■全体的に見て言えることや各教区で共通していると思われる事柄は以下の点です。

・教区会代議員における女性の割合では、数字だけ見ると年度により「30%」を達成している教区も中にはありましたが、中味を見ると2~3名を代議員に選出できる比較的大きな規模の教会で代議員がすべて男性の教会や、長年、男性しか選ばれていない教会もあります。
・常置委員レベルでは、教区によっては、女性の割合が数年連続で30%~50%になっている教区もありますが、全体的な傾向にはなっていません。また教区の委員会活動などを見てみると、代表者の多くが男性になりがちで、活動内容によってメンバー構成の割合に男女差があるようです。たとえば財政関連、聖職試験・聖職養成関連の委員会などには男性が多い、女性が入っていないなど。

■「意思決定に女性の声を」と言った時に、「なぜさまざまな立場の人々の参画が大事なのか?」、「委員歴の長い人の方が安心では?」、「長年これでやってきてうまくやれている」、「せっかく女性が選ばれても女性自身が断ってしまう」という声を聞くことがあります。
 
多様な立場の人の参画は、①さまざまな視点からの考えや価値観の違いを知ることで、この世にある共同体として私たちがどうあるべきか、あるいはどうありたいかを教会運営や教会の働きに反映させたり、新しいアイディアを得たり、思わぬ変化が起きる可能性を生み出すことにもつながる②誰かに代弁してもらうのではなく当事者自身発言すること自体が、主体的に教会に関わっていくという点で大事である、と私達は考えています。
そこで、現状でよしとするのではなく、意識を高めるために学習会を開く、女性が参加しやすい仕組みづくりに向けたアイディアをみんなで考える機会をもつなど、ヴィジョン実現に向けた方策を考えていただければありがたいと思います。
「202230運動」について、お尋ねになりたいことや、学習会の講師派遣などのご依頼がありましたら女性デスクまでご連絡ください。

2016.11.02 | 女性に関する課題の担当者(女性デスク)

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary