一人の女性の死が訴えるもの

今、沖縄の多くの人たちは悲しみのドン底にいる。

19日の報道による20歳の女性の死は同じ沖縄に住む多くの人たちに強烈で多大な衝撃とダメージ、そして波紋を広げています。政治的にも日米両国に大きな打撃を与える事件であり、新基地建設に関しても大きく影響するでしょう。今までの見方や考え方を根っこから覆すほどの大事件。

「米軍基地があるから安心だ」と思っていた人たちに「そうではない」と気付かせ、目覚めさせたのです。女性の死が伝えられた翌日から連日、米軍基地周辺で「全基地撤去」の集会が行われている。自治体でも抗議決議を採択し声を上げている状況。

昨日、午後6時から毎週月曜の定例ゴスペルを歌う集会も亡くなった彼女の追悼集会となりました。はじめからみ言葉と祈り、亡くなった彼女の魂が神さまのもとで安らかであるよう願う曲を歌った。

ご家族から報道の自粛の要請が寄せられ、実名での報道はされなくなりました。


一方、高江と辺野古では事件と関係なく当局は動いている。

(現地での聞き取り)
高江では沖縄防衛局が7月からのヘリパッド工事に着手できる準備の作業車を基地内に入れようとした際、前もって情報を得ていた4名で2台の車をゲート前に並べ朝8時半から午後2時頃まで阻止。その間警察署員や公安職員十数名が来て排除しとうとしができず、県警機動隊が出動。4名は機動隊を乗せた車両を見て自ら立ち退いたと。辺野古が工事中断で、高江に警備が集中しそうな気配であるとのこと。

辺野古の大浦湾はオレンジ色のフロートは岬近くだけが残っていた。しかし、ブイだけは湾のあちこちに浮いていた。その周辺に監視員を乗せたチャーター漁船が10数隻、海保の警備艇が数隻、浜近くではゴムボート4,5隻が停泊していた。工事が中断し立ち入り制限区域が無くなったのに多くの監視船が湾に停泊している光景も異様である。2隻の民間珊瑚観賞船が自由に監視船の間を行き来していた。
                                      

沖縄教区
司祭 高良孝太郎

2016.05.24 | 正平・いま辺野古では

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary