大地震が熊本を直撃/九州教区報No.544 2016年5月号から

4月14日(木)夜、震度7の大地震が熊本を襲ったことが報道されましたが、それは前震であり、16日(土)午前1時25分に、マグニチュード7.3の本震が熊本市内から益城町、そして阿蘇の周辺、特に南阿蘇村にまで及びました。

私たちに馴染み深い、熊本城の石垣が崩れ、阿蘇に向かう時にいつも見ていた阿蘇大橋が崩落するなど、大変な被害を受けました。

そして私たちの教区の熊本聖三一教会、菊池黎明教会、降臨教会礼拝堂もその影響を受けました。

熊本聖三一教会は、屋根瓦が落ち、壁に亀裂が生じ、天井板がはずれました。礼拝堂の洗礼盤が倒れて破損。また納骨堂の棚が倒壊。会館、牧師館内部も照明器具やエアコンがはずれ落ち、家具が壊れ、物が散乱しました。

国立療養所内にある菊池黎明教会は、礼拝堂の天井や壁に亀裂が入り、危険となったため礼拝堂での礼拝を中止しています。社会福祉施設リデルライトホームと、その中にある降臨教会礼拝堂も、壁また備品の一部が損傷いたしました。しかし、いずれも人的な直接の被害は受けずにすみました。

以下は、地震直後に、救援のために熊本に向かった人々が撮った写真です。

tokei.jpg
地震の起きた4月16日1時25分を指したままの熊本聖三一教会会館(親愛館)です。これは一階で、二階が牧師館。そしてこの家の屋根瓦が落ちて、壁に亀裂が生じました。

納骨堂
礼拝堂の正面裏側にある納骨堂は、骨壷の入ったボックスが倒れて、中には外に放り出されて壊れてしまったものもあります。

教会横
教会の南側にある、お隣の駐車場で、外壁のブロックや、牧師館の屋根瓦など崩れているガレキを取り除く作業中。

支援物資
教会には早速各地から救援物資が届き、会館である親愛館で、それらを整理しているところです。


続いて、益城町を走っている間に、その様子に驚いて写真に撮った町の姿です。

木造家屋
一階が倒れそうな、木造家屋の代表的な被害を受けた家。

倒壊ビル
ビルからはみ出した部分が崩落した建物。

石垣
元はどのような姿だったのか、想像がつかないほど壊れた石垣。

2016.05.06 | 九州教区・九州地震被災者支援室

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary