『いのちの川』第10号(2016年4月号)

主の平和

熊本地震の被害に心を痛めておられることと思います。東日本大震災から5年で、またもや大きなことが起こっていしました。亡くなられた方々のことを思い、また、被災された方々を思い、為すべきことは何か、出来ることは何かを共に考えていきたいものです。
 
原発と放射能に関する特別問題プロジェクトのニュースレター「いのちの川」第10号をお届けします。このプロジェクトは、今の形での働きは今総会をもって終了したします。そして、規模を縮小し、形を変えて、今なお続く放射能の被災に関しての支援の働きをしていていくことになります。改めてその報告が為されることと思います。
 
今号が最後となりますが、10回のニュースレターの発行を通して、原子力発電の問題・課題を考え、問い、信仰者として生きる道を探ってきたと思います。まだまだ続くこの問題は忘れてはならないことでしょう。いのちを尊ぶ社会の実現のために、様々な角度から考え続けていきたいものです。
 
貴教会の皆様にお伝え頂き、お読み頂けるようご配慮していただければと願います。
主にあって
 
2016年4月21日
原発と放射能に関する特別問題プロジェクト
運営委員長 司祭 ヨハネ 相澤牧人


「原発と放射能に関する特別問題プロジェクト」ホームページ
http://nskk.org/province/genpatsugroup/newsletter/

『いのちの川』第10号pdfファイル
http://www.nskk.org/province/others/inochinokawa10.pdf

2016.04.27 | 原発と放射能に関する特別問題プロジェクト

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary