「2015日韓聖公会青年セミナー」報告書送付

主のみ名を賛美いたします。

各教区・教会の皆様には、日頃から日本聖公会の青年たちの活動を覚え、お支えいただいておりますことを心より感謝申し上げます。また、日韓聖公会青年セミナー開催に際し、青年担当者を通して多大なご支援とご協力を頂き、感謝申し上げます。
ここに、2015年に行われました日韓聖公会青年セミナーの報告書を送付させて頂きます。

日韓聖公会青年の交わりは、毎年、日本聖公会と大韓聖公会がそれぞれの地で開催されてきました。一昨年2014年の日韓聖公会協働交流30周年を経て、今後も日韓聖公会青年の交わりを続けていくこと、そしてアジアの文脈の中で歴史を振り返り、平和の器となっていくことが再確認されました。青年セミナーとなってから第8回目となった昨年は、日韓の歴史の中でも大変重要な中国の地と、そして東アジアの平和にとって大変重要な取り組みである聖公会のTOPIK(Toward Peace in Korea)の働きに参加させて頂きました。具体的には尹東柱の生家を訪問したり、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にある病院の人道的支援に参加させていただいたりいたしました。

互いの青年たちが、歴史を学び、共に訪れ、気付かされること。そして日本聖公会として東アジアの平和を作り出すために、自ら出かけていくことを今回大切にいたしました。青年の感性、行動力、そして共感する力を信じています。

報告書をお届けするとともに、今後も、歴史、交わり、平和の器ということを大切にした、活動が展開され広がっていきますことを期待しつつ、ご支援くださいますようお願いいたします。

貴教会、教区の働きが益々祝福に満たされますようにお祈りしております。

2016年1月25日
青年委員会 委員長 司祭 小林 聡


s-seinen2015report.jpg
A4サイズ

※報告書は管区事務所のホームページでご覧いただけます。
http://www.nskk.org/province/shiryo.htm

2016.02.01 | 青年委員会

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary