『いのちの川第2号』

主の御名を賛美いたします。

「原子力と放射能に関する特別問題プロジェクト」発行のユースレター「いのちの川」第2号をお送りいたします。政府が一部地域について「避難指示解除」を発表する中、実態を知らされていない人々の中には「原発問題は解決しつつある」との楽観的な見方が生まれています。しかし、実際の状況は解決とはほど遠いと言わねばなりません。それにも関わらず政府は原発を重要電源と位置付け、その上、世界に原発を輸出する動きを強めています。
今号のニュースレターでは、そうした現段階での問題点を整理するとともに、原発被災者のための聖公会の支援活動を紹介しています。どうぞ、信徒の方々に配布していただきますようお願い申し上げます。

皆さまの上に、主の豊かな恵みがありますように。


日本聖公会原発と放射能に関する特別問題プロジェクト
運営委員長 司祭 テモテ 野村 潔
2014年3月3日


※日本聖公会原発と放射能に関する特別問題プロジェクトは、いっしょに歩こうプロジェクトの活動方針と2012年日本聖公会総会決議「原発のない世界を求めて」に基づいて立てられた委員会です。

※管区事務所ホームページの「原発と放射能に関する特別問題プロジェクト」の頁からもニュースレターはダウンロードできます。http://nskk.org/province/genpatsugroup/newsletter/
また、印刷されたニュースレターの追加分をご希望の場合は管区事務所にご連絡ください。

※『いのちの川 第2号』はコチラからもご覧頂けます。(pdfファイル)
http://www.nskk.org/province/others/inochinokawa02.pdf

2014.03.06 | 原発と放射能に関する特別問題プロジェクト

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary