(書評紹介)『おいで子どもたち』

『おいで子どもたち』

おいで子どもたち
 ―初めて陪餐する子どもたちへ
 (2016年10月31日 初版発行) 

文 斎藤惇夫  写真 田中雅之
A6版変形・ハードカバー・32頁  定価 本体700円+税  ISBN 978-4-908946-00-4



書評誌『本のひろば』に『おいで子どもたち』の書評が掲載されました。本書のご購入に際し、ぜひご参考ください。
(ご注文は聖公書店 tel:04-2900-2771 やお近くのキリスト教書店へお願いいたします)


◆書評

もう四半世紀も前のこと。私の都合で長男はドイツで幼稚園時代を過ごした。新しい言葉であるドイツ語と、家族の言葉である日本語をどちらも習得しようと努力している彼の姿は頼もしく、そして美しかった。ドイツ語は友だちから聞いた単語を何度も使うことで覚えていたようだ。この時この単語を言うとみんなと遊べる、ということがわかり、さらにこの言葉を使うと心が通じることが理解できたようだ。

日本語のことで思い出すのは、毎晩寝る前に一緒に読んだ絵本のことだ。もちろんそれで言葉を覚えていたわけではないが、長男は自分の心の中の思いを表現するのにぴったりの美しい言葉を絵本の表現から学んで、新鮮な思いで使っていたようだ。

ある時、たむらしげるさんの『きりのカーニバル』(福音館書店、1995年)が送られてきて夢中になった。少年とロボットが満月の晩、森の中でおこなわれていた森の精たちのカーニバルに出会う。夜明けまで楽しんだ後で森の精が言った。「ここであったことは、ほかのにんげんにはないしょだよ」。その言葉が心に響いたのであろう。日本からのお客さんがわが家に泊まって、楽しく語らい、帰る朝には必ず長男は玄関でこう言った。「ここであったことは、ほかのにんげんにはないしょだよ」。言われた人たちは当惑していたが、絵本を一緒に読んでいた私にはよくわかっていた。

子どもは新しい出来事に出会って、その喜びや感動をどうやって表現するようになるのだろう。私の経験では、子どもたちはそれまでに聞いた言葉の中からぴったりの言葉を探してきて、表現しようとする。この出来事は、この感動はこういう言葉を使うとみんなに伝わるのだということを経験してゆくのだ。つながる言葉を、心が通じる言葉を見つけて行く。まねるのだ。言葉だけではないだろう。子どもたちは新しい体験をするたびに、身近な人々の様子を見ながら、どのように行動すればよいのかをまねしながら身につけていく。ぴったりの行動を探している。そうやって人生の作法をみにつけてゆく。

日本聖公会の礼拝委員会が『おいで子どもたち』を刊行した。「初めて陪餐する子どもたちへ」という副題からもわかるように、既に洗礼を受けた子どもたちが定められた年齢になって初めて聖餐にあずかることの喜びを子どもたちに語ろうとする美しい書物である。カトリック教会や聖公会、またルーテル教会などの伝統で、日本の他のプロテスタント教会ではなじみのない習慣かもしれない。

そのために礼拝委員会が話し合い、用意したこの小さな書物は、美しく知恵に富んだものだ。練達の絵本編集者であり、ご自身作家であるひとりの信徒と、瞬間を切り取って、その世界への入口を作り出すような美しい写真を撮り続けているもうひとりの信徒がひとつの詩を書いたのだ。聖餐について子どもたちに語るためのカテキズムを書いたのではない。教育にあたる教師のために解説書を書いたのでもない。もちろん誤りはないが読んでもよくわからない聖餐についての教科書を書いたのでもないのだ。子どもたちの心に語りかけたのである。

子どもたちはこの詩を通して、同じ教会の、同じ信仰をもった二人の信徒から信仰の作法を学ぶ。陪餐という初めての出来事を子どもたちはどう受け止めるのであろう。どう理解するのであろう。その感動をどう語り出すのだろう。新しい出来事に直面した時には新しい言葉が必要なのだ。だからこの詩は「おいで子どもたち」と語りだす。二千年前にそうであったように。二千年の歴史の中でそうであったように。子どもを招く。この詩を読みながら子どもたちは、語ってくれた信仰の先輩の語り口を通して、自分の思いを語るためにぴったりの言葉を見つけるであろうし、信仰の作法を伝授されるという経験をする。これは見事な信仰共同体の仕事である。

こんなことを書く必要はないのだが、もちろんここに招かれているのは子どもだけではない。ひとつの信仰共同体が共有する信仰の語り口がここにあって、おとなも自分たちの信仰の作法を言葉にすることの喜びを改めて感じるであろう。声に出して読みたい。

評者: 深井智朗(ふかい・ともあき)
(東洋英和女学院大学人間科学部教授)

※『本のひろば』2017年1月号(キリスト教文書センター発行)より

2016.12.14 | 祈祷書改正・堅信前陪餐関連

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary