「九州地震被災者のため」の祈り

+主の平和がありますように

九州教区の武藤主教さまより、「九州地震被災者のため」の祈りが届きました。支援に関わられている方々のご意見も反映され、今の大変な状況を具体的に覚えながら祈りたいということで、作られたとお聞きしています。すでに各教会でもお祈りくださっていると思いますが、引き続きお祈り、ご支援をよろしくお願いいたします。

九州教区被災者支援室の日々の活動の様子をフェイスブックで発信してくださっていますので、どうぞご覧ください。 https://www.facebook.com/koritsusasenai/ (九州教区のホームページからリンクされています。)

第4信の発信も準備されているとのことで、届き次第お知らせいたします。


日本聖公会 管区事務所 総主事
司祭 エッサイ 矢萩新一




九州地震被災者のため

命と愛の源である神よ、地震により世を去った人びとの魂が、あなたのもとで安らかに憩うことができますように祈ります。

一瞬にして、大切な家族や友人、また家や財産をなくし、茫然と立ち尽くす人びとがいます。

今なお余震が続き、避難所、テント、車中などで、過酷な日々を過ごす人びとがいます。

どうか主が、共にいてくださいますように。

強い揺れにより、子どもたちまた大人たちが心に傷を負い、不安の中に置かれています。

どうか主が、癒しと希望をお与えくださいますように。

何ものもわたしたちをキリストの愛から引き離すことはできません。

この苦難の時も、主の模範に従って、誰も孤立させないために、互いに祈り支えあうことができますように。

すべての九州地震被災者支援の働きを祝し用いてください。

主イエス・キリストによってお願いいたします。

アーメン

2016.05.25 | 九州教区・九州地震被災者支援室

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary