バヌアツサイクロン被災者支援献金のお願い

+主の平和がありますように
3月13日夜~14日かけて、南太平洋の島国バヌアツを大型サイクロン「パム」(最大瞬間風速94メートルを記録、最大級のカテゴリー5)が直撃し、家屋や学校など、首都ポートビラにあるほとんどの建物が壊滅しました。ウェブサイトなどからの情報によりますと、バヌアツ(65諸島に人口約26万7千人)では少なくとも11人が亡くなられ、首都ポートビラのあるエファテ島では3,000人以上が36カ所の避難所に身を寄せているとのことです。通信情報網が混乱し、正確な被害の全容把握にはまだ時間がかかると思われます。国人口の3分の2にあたる約17万人がサイクロンで被災した可能性があるとの情報もあり、キリスト教内外の様々な団体が緊急支援に取り組んでいます。

バヌアツは、ソロモン諸島など太平洋に浮かぶ島々から構成されるメラネシア聖公会に属しています。今までも小さな島国が気候変動による深刻な被害を受けてきましたが、今回のサイクロンの風力は、2013年11月にフィリピンで深刻な被害をもたらした「ハイヤン」台風に匹敵するということです。聖公会の司祭でもあるボルドウィン・ロンズデール(Baldwin Lonsdale) バヌアツ大統領は、気候変動がサイクロンの原因だと指摘しています。気候変動の原因の一端を担っている私たちも、自らの生活を省みつつ、被害にあわれた方々や逝去された方々のことを憶えて祈り、心を寄せていきたいと思います。

オーストラリア聖公会のABM(アングリカン・ボード・ミッション)より、緊急の支援として10万濠ドル(約1,000万円)を目標とした募金のお願いがきています。
ABMからの情報につきましては、英語ですが以下のインターネットサイトからご覧いただけます。(「ABM vanuatu」で検索してもサイトを見つることができます。)
http://www.abmission.org/appeals.php/22/vanuatu-cyclone-emergency-appeal

2015年3月25日開催の管区の主事会議において、緊急災害援助資金からABMへひとまず50万円の送金を決め、被災者援助のために全国に献金を呼びかけることになりました。

日本聖公会の聖職・信徒のみなさまや関係者のみなさまで、この趣旨に賛同くださる方は「バヌアツサイクロン被災者支援のため」等と明記いただき、管区事務所へご送金ください。
なお、日本聖公会としての募金期間は6月1日(月)までとし、オーストラリア聖公会へ送金いたします。
6月以降、9月30日(水)までに届けられたものについては、日本キリスト教協議会(NCC)を通して、キリスト教系国際援助組織であるアクト・アライアンス(ACT)へ送金いたします。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

2015年4月1日
日本聖公会 管区事務所
渉外主事 司祭 ポール・マイケル・トルハースト
総主事 司祭 矢萩新一




送金要領
①ゆうちょ銀行振替貯金:00120‐0‐78536 同封の郵便振替用紙をご利用ください。
②銀行振込:三菱東京UFJ銀行飯田橋支店(普)4515547
※名義はいずれも「ニッポンセイコウカイ」です。
※「バヌアツサイクロン被災者支援のため」等とご明記ください。
※郵便振替の場合はその受領証をもって、銀行振込の場合はその振込控えをもって領収書
に替えさせていただきます。別に受領書を必要とされる場合はお申し出ください。
※銀行振込またはゆうちょ銀行の電信振替をご利用の場合は、送金内容を管区事務所まで
お知らせください。

2015.03.30 | 管区事務所

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary