日本聖公会第2回韓国スタディ・ツアー

―各地域での多様な社会宣教の現場から学ぶ―


主の平和
 日本聖公会が大韓聖公会と公式交流を開始して、今年で26周年を迎えます。2004年に福岡にて日韓聖公会宣教協働20周年大会が行なわれ、20年間の日韓交流の歩みを振り返りつつ、これからの課題について話し合われました。その時、話し合われた事柄のひとつに「社会宣教」活動に関する交流がありました。

 大韓聖公会では、社会宣教プログラムの一環として、殊に1980年代から始まった「ナヌメジップ(分かち合いの家)」の働きを中心に、様々な活動が生まれており、それが、今日の大韓聖公会の成長に大きく寄与していると言われています。昨年第1回の社会宣教スタディ・ツアーを実施し、参加者及び各教区に大きな学びの時を与えられました。
 この度下記の要項で第2回の「韓国スタディ・ツアー」を実施する運びとなりました。今回はソウル教区だけでなく地方都市でもおこなわれている社会宣教の現場も訪問し、より豊かな学びをしたいと願っています。

 信徒・教役者の不足、教会活動の停滞などに直面している日本聖公会の諸教区、諸教会において、大韓聖公会のこうした働きと方向に学ぶことが多いのではないかと思います。

 つきましては、下記のようなスタディ・ツアーを行い、大韓聖公会の諸教会の働きに学びながら、私たちの教会における今後の働きを考える機会にしたいと存じます。また人材養成の機会にしたいと思います。教区によっては、すでに、このような学びをしている教会もあると思いますが、日本聖公会全体に呼びかけて、教区を超えた参加者を募ることにより、教区間協働の可能性も探りたいと考えています。どうぞ、ご参加くださいますようお願いいたします。


2010年4月7日
日本聖公会正義と平和委員会
委員長 主教 谷昌二




1.日程:2010年6月7日(月)~11日(金)4泊5日
2.場所:ソウル市
3.参加費用:10万円(航空券、ホテル、ガイド、通訳、バス代を含む)
4.募集人員:20名(各教区1~2名)
5.申込方法:各教区正義と平和担当者を通して、まずは管区事務所宛に、参加者の氏名、住所、連絡先などをお教えください。その後、申込用紙をお送りいたします。
6.申込期限:2010年5月10日(月)
7.主催:日本聖公会正義と平和委員会日韓協働プロジェクト
8.スタッフ:管区宣教主事司祭武藤謙一(団長)、呉光現

2010.04.14 | 正平・日韓協働プロジェクト

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary