ハンセン病啓発 子ども向け絵本「ハンセン病のお話し」出版に関してのお願い

■送付物のご案内


2007年9月20日
関連関係者のみなさまへ

日本聖公会人権担当主教
ガブリエル 五十嵐正司

 
日本聖公会GFS全国研修会が九州教区で開催されました。その時のテーマが「ハンセン病を学び、偏見と差別をなくそう」でした。研修会参加者の中から「小学生向けの啓発パンフレットがあったら」との声があり、それを受け、九州教区GFSは手作りでパンフレットを作ることにし、取り組みを始めました。最終的には熊本GFSの秋山みどりさんの文と絵を採用することになりました。時同じくして、日本聖公会の管区でも子ども向けのパンフレットの発行を考えていました。そこで、GFSで作成中のものを採用し、今回3000部を印刷いたしました。
 多くの人たちの願いによってこの本(パンフレット)が出来上がりました。一人でも多くの方が手にし、ハンセン病に対して正しい理解をしていただきたいと思っています。
 作者の秋山みどりさんは「絵本作りは全くの素人です。元患者さんとの関わりの中から発想しました。低学年向けを心掛けたのですが、文も絵もわかりやすいかどうか不安です。特にイエス様を描くのが難しくて、後姿になってしまいました。どうか日曜学校、関連学校、また大人の方もご利用ください」と語られています。
 無料ですので、必要部数を日本聖公会管区事務所に申し込まれて、大いに活用くださいますようお願いいたします。


hansen_sasshi.jpg

冊子はA5サイズです。

2007.09.27 | 人権問題

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary