公開講演会(2月14日 )

主の平和がありますように。

日本キリスト教連合会の定例講演会として、
2017年2月14日(火)18:30~20:30、
牛込聖公会聖バルナバ教会にて
稲垣久和師 (東京基督教大学教授・共立基督教研究所長)を講師としてお招きし、
「今、キリスト教の公共的役割を問う― 日本宣教500年?」と題して講演会を行います。
申込不要・無料でどなたでもご参加いただくことができます。

国家主権の雰囲気が強まる昨今、
キリスト教が求められる公共的役割について
今一度学び、考える場になればと願っております。

多くの方にご参加いただきたく願っておりますので、
お誘いあわせの上、ぜひお気軽にご来場ください。



「今、キリスト教の公共的役割を問う ―日本宣教500年?」

講師: 稲垣久和 師
     (東京基督教大学教授・共立基督教研究所長)

日時: 2017年2月14日(火)18:30~20:30

会場: 牛込聖公会聖バルナバ教会
     〒162-0805 新宿区矢来町65
     (東京メトロ東西線神楽坂駅 矢来町出口徒歩1分)

※来料無料・事前申込不要 (どなたでもご参加いただけます)

問い合わせ: 日本キリスト教連合会(日本聖公会管区事務所気付)
         ☎ 03-5228-3171
         
20170214.jpg

2017.01.13 | 管区事務所

1月会議予定

12日(木)~13日(金) 各教区正義と平和担当者の集い@京都
13日(金)13:00-16:00 正義と平和委員会@京都
16日(月)~17日(火) 各教区青年担当者会@名古屋
17日(火)13:00-15:00 青年委員会@名古屋
23日(月)18:00-20:00 ウィリアムズ主教記念基金基金委員会
26日(木)10:30-15:00 文書保管委員会
26日(木)18:00-21:00 主事会議
31日(火)10:00-  正平・沖縄プロジェクト@沖縄

2016.12.08 | 管区事務所

(新刊発売)『聖公会手帳 2017年』

お待たせいたしました。
みなさまのお力添えのもとに、「聖公会手帳 2017年」(卓上型判・ダイアリー兼用ポケット判)が出来上がりました。

今春の「(有)聖公会出版」解散に伴い、管区事務所が中心となって長年にわたり手帳を利用なさっている各地の聖公会信徒の率直な御意見、また管区事務所関係者の積極的な提案を生かして編集作業を進めて参りました。

なお来年度以降も課題にすべきことを多々見据えつつ、管区事務所の機能を生かして、手帳としての完成度を更に高めていきたいと願っております。どうぞ「2017年版」をお手に取っていただき、改善すべき点につきまして忌憚のない御教示を賜わりたく、よろしくお願い申し上げます。

聖公会手帳2017
 ◆ダイアリー兼用ポケット版 1,200円(税込)
 ◆卓上大型A5版 2,200円(税込)

ご注文は、聖公書店(04-2900-2771)、またはお近くの書店にお願いします。



お詫びと訂正

『聖公会手帳2017』(ポケット版・卓上大型版)の内容に誤りがありました。

①387ページの一番下に掲載されている「聖公書店」の電話番号をご訂正ください。
誤) 04-2900-2711
正) 04-2900-2771

11月21日追記
②「社会福祉法人聖ヒルダ会」(巻末広告ページに掲載)の施設名を2箇所ご訂正ください。
誤) ベタニア・ホーム
正) ベタニヤ・ホーム

11月22日追記
③「香蘭女学校」(巻末広告ページに掲載)の理事長名をご訂正ください。
誤) 理事長 横内 充
正) 理事長 横内 允


読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2017techo.jpg


 

2016.11.18 | 管区事務所

2017年度の教会暦・日課表について

そろそろ新しい教会暦に切り替える時期が近づいてきました。
2017年度の聖餐式聖書日課は「A年」、教会暦・詩編・聖書日課は「第1年」です。

それぞれ最初の1ページ分のみ、以下に掲載いたしますので、ご参考ください。

◆2017年度 教会暦・日課表(最初のページのみ) ※PDFデータが開きます

2ページ目以降の情報については、2017年度版の「日課表」をご活用ください。

2016.11.17 | 管区事務所

「宣教の5指標・教会の5要素」カード送付について

+主の平和がありますように

4年前の2012年9月、すべての教区主教、各教区代表、管区諸委員会、大韓聖公会代表など信徒・教役者140余名が浜名湖畔に集い、「2012年日本聖公会宣教協議会」が開催されました。そして昨年6月には、各教区の宣教担当者の集いを行い、その後の取り組み状況や課題の共有を行いました。「2012年宣教協議会」では、10年後に「2022年日本聖公会宣教協議会」を開催し、どのように<宣教・牧会>に取り組むことができたのかを分かち合うことが提案され、来年は5年という中間年を迎えます。

各教区では様々な取り組みをなされていると思いますが、今一度、「日本聖公会<宣教・牧会の十年>提言」をご確認いただき、アングリカン・コミュニオンの「宣教の5指標」にも照らし合わせながら、2012年から5年間の歩みと、これからの5年間の取り組みについて、各教会や教区会などでも分かち合っていただきたいと思います。

今年7月に行われた東アジア青年大会では、「宣教の5指標」をメインテーマに開催されましたし、NCC主催・宣教会議2018は、「教会の5要素」を軸に準備が進められています。

これらのことをいつも意識できるように、「宣教の5指標・教会の5要素」カードを作成しましたので、祈祷書に挟むなどして、ご活用ください。

各教会の現在受聖餐者数を参考に送付させていただきますが、不足があるようでしたら、管区事務所までお知らせください。

「日本聖公会<宣教・牧会の十年>提言」は管区ホームページに掲載しています。
http://www.nskk.org/province/seimei_pdf/senkyo12teigen.pdf


日本聖公会 管区事務所
宣教主事   谷川 誠
総主事 司祭 矢萩新一
宣教協議会提言実行デスク
主教 磯 晴久
2016年8月22日

5marks.jpg
葉書サイズ


宣教の5指標(アングリカン・コミュニオン)

1)神の国のよき知らせを宣言すること
2)新しい信徒を教え、洗礼を授け、養うこと
3)愛の奉仕によって人々の必要に応答すること
4)社会の不正な構造を改革し、あらゆる暴力に反対し、平和と和解を追求すること
5)被造物の本来の姿を守り、地球の生命を 維持・再生するために努力すること

The Five Marks of Mission - Anglican Communion
1.To proclaim the Good News of the Kingdom
2.To teach, baptise and nurture new believers
3.To respond to human need by loving service
4.To transform unjust structures of society, to challenge violence of every kind and pursue peace and reconciliation
5.To strive to safeguard the integrity of creation, and sustain and renew the life of the earth


教会の5要素

1)み言葉に聴き、伝えること<ケリュグマ>
2)世界、社会の必要に応え仕えること<ディアコニア>
3)生活の中で福音を具体的に証しすること<マルトゥリア>
4)祈り、礼拝すること<レイトゥルギア>
5)主にある交わり、共同体となること<コイノニア>

Listening to, and Propagating the Word (Kerygma)
Responding to, and Serving the Needs of the World and Society (Deaconia)
Giving Testimony to the Gospel in Concrete Terms in our Life (Martyria)
Praying and Worshipping (Leiturgia)
Becoming a Communion in our Lord (Koinonia)

2016.08.26 | 管区事務所

第24代米国聖公会総裁主教ブラウニング主教のご逝去を覚えて

第24代・米国聖公会総裁主教、エドモンド・ブラウニング(Edmond Lee Browning)主教が、7月11日、主のもとに召された。87年の生涯であった。ブラウニング主教は、1959年に当時まだ米国聖公会管轄下にあった沖縄の諸魂教会の牧師を務め、その後も沖縄で宣教に従事し、日本聖公会に沖縄教区として移管される前の沖縄伝道教区主教を1971年まで務められた。ハワイ教区主教等を経て1986年に第24代米国聖公会総裁主教に選出され、1997年に任期を終えられるまで11年にわたって米国聖公会、ならびにアングリカン・コミュニオンを指導された。文字通りの「大主教」であった。日本聖公会にとっても大変な恩人である。

ブラウニング主教が常に大切にしていたのは「教会における多様性」であった。ブラウニング主教の「教会の中にいかなるアウトカーストも存在してはならない」(“no outcasts in the church”)という有名な言葉は、まさに<いま・ここで>生きる私たち一人ひとりが、胸に刻むべき規範であろう。

ブラウニング主教の魂の平安を心からお祈りしたい。

http://episcopaldigitalnetwork.com/ens/2016/07/11/rip-bishop-edmond-lee-browning-24th-presiding-bishop/


渉外主査 司祭 西原廉太

2016.07.13 | 管区事務所

「日本聖公会要覧2013年~2015年」発行のお知らせ

主の平和

この度、以前より作業を進めて参りました「日本聖公会要覧2013年~2015年」版が発行の運びとなりましたのでお知らせいたします。

当初の発行予定日より大幅な遅れとなってしまい、皆さま方へはご心配、ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

発行日:2016年1月28日
部 数:300部
価 格:1,000円(税込)

ご注文は貴教区内の教会、施設等の分を取りまとめていただき、一括して、以下の注文書にご記入のうえ、折り返しEメール、またはファックスにてお送り下さい。なお、振込用紙を同封いたしますので、お振込みにてお支払下さい。事務作業のお手間を増やしてしまい、大変申し訳ございませんが、ご協力ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

また、貴教区事務所/教務所用に1部と主教用に1部の合計2部を2月1日に発送いたしますのでお受け取り下さい。ご覧になられて間違い等がございましたら、大山までご連絡のほど、よろしくお願いいたします。

2016年1月28日
日本聖公会 管区事務所
総務主事 大山 義幸


s-yoran2015.jpg
B5サイズ

2016.02.01 | 管区事務所

「戦争法の廃止を求める統一署名」へご協力ください

+主の平和がありますように

クリスマス・新年を迎え、顕現後の期節となりました。あと一月もすると大斎節が始まります。
さて、昨年9月19日未明、日本政府は、多くの宗教者や若者をはじめとした世論を無視し、「安全保障関連法」を強行採決し、9月30日に公布、今年の3月までに施行しようとしています。この日本政府の動きに対して、志を同じくする様々な団体が手をつなぎ、「総掛かり行動実行委員会」を組織し、様々な行動をしています。今回は、2000万人以上の署名を集めて廃止と憲法9条の堅持を訴えようとしています。

日本聖公会としても、正義と平和委員会、青年委員会、人権問題担当者、管区事務所総主事・宣教主事の連名で、安保関連法案への緊急抗議声明を発信していますし、いくつかの教区や教会の信徒・教役者有志の連名で抗議声明が出されました。
今、沖縄では辺野古への新基地建設を強行する姿勢を崩さず、抗議する人々への警察官や海上保安官による弾圧が行われています。また、福島の原発事故後の様々な困難な現実を無視して、原発を次々に再稼働させようとしています。さらには、一部の人々による排外主義的な言動もかなり目立ってきています。

戦争への道を歩み、「いのち」をないがしろにし、他者との共生を拒むような社会が作られようとしている動きに「否」をとなえ、すべてのいのちの尊厳を大切にする日本聖公会でありたいと願っています。

ぜひ、広くお声がけいただき、ご協力いただければ幸いです。

送り先などの詳細は、別紙署名用紙をご参照ください。各自でコピーしてご使用くださいますようお願いいたします。

2016年1月18日
日本聖公会管区事務所総主事 司祭 矢萩新一


【集約】集約次第お送りください。ただし、FAXは無効となりますので、ご注意を。
送先:101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-15 塚崎ビル3F 総がかり行動実行員会

総がかり行動実行委員会ホームページ
http://sogakari.com/?p=1095

■2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」署名用紙
http://www.nskk.org/province/others/160120sogakarishomei.pdf





2000万人
「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力ください



【“「戦争法の廃止を求める統一署名」へご協力ください”の続きを読む】

2016.01.21 | 管区事務所

ヘイトスピーチを乗り越えて共生するための行動を呼び掛ける声明文

去る11月18日(水)~21日(土)、第3回「マイノリティーと宣教」国際会議が、在日本韓国YMCA(東京都千代田区)で行われました。在日大韓基督教会の主催で、NCCをはじめとした各教派が協賛し、日本聖公会も後援しました。

聖公会からは3名の代表と、大韓聖公会から2名の代表、15日(日)~17日(火)にかけて行われたユースプログラムに数名の青年が参加しました。

「ヘイトスピーチをのりこえ、共生の天幕をひろげよう!」のテーマもと、参加者133人(うち海外から56人、日本から77人)が集い、「ヘイトスピーチを乗り越えて共生するための行動を呼び掛ける声明文」を採択しました。


日本聖公会 管区事務所 総主事
司祭 エッサイ 矢萩新一

こちらからpdfファイルでご覧頂けます
http://www.nskk.org/province/seimei_pdf/151210minority.pdf


【“ヘイトスピーチを乗り越えて共生するための行動を呼び掛ける声明文”の続きを読む】

2015.12.10 | 管区事務所

植松首座主教インタビュー記事掲載のお知らせ

大韓聖公会125周年に出席した際に
日本聖公会の首座主教である植松誠主教が
国民日報という現地の新聞にインタビューを受けた際の記事が
10月6日付けで掲載されました。

安保関連法案可決に関する思い、
戦後の日韓の和解への働き、
日本におけるクリスチャンとしての立場、
これからの日韓関係において青年等の若い世代間の交流活動への期待、
「和解とは一瞬のイベントではなく、永遠に続く過程である」とのお考え
等が綴られています。

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923268940&code=23111111&sid1=chr

2015.10.19 | 管区事務所

安全保障関連法案に対する緊急声明

内閣総理大臣 安倍 晋三 様
衆議院義長  大島 理森 様
参議院議長  山崎 正昭 様


安倍政権が掲げる「積極的平和主義」は「戦争で平和を創る」ということであり、集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法案は憲法違反であるということから、わたしたちは安全保障関連法案の撤回・廃案を求めます。

7月16日、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案が衆議院本会議にて可決された後、安倍総理大臣は「安全保障関連法案の可決は、日本を取り巻く安全保障環境が厳しい中、日本国民の生命を護り、戦争を未然に防ぐために絶対必要である」と述べました。ありもしない「敵」を想定し、ことさら「備えあれば憂いなし」を強調しています。しかし、わたしたちが望むのは戦争でなく平和です。それは、平和的外交によって得られるものです。

日本国憲法は、破壊的な戦争の反省によって作られた憲法であるとともに、この戦争によって甚大な被害を受けた国内外の人々の尊い犠牲の上に作られた憲法です。特に日本国憲法第9条は「武力による威嚇又は武力の行使の放棄」「戦力不保持」「交戦権否認」を定め、国内外で平和憲法と認められています。この平和憲法があるからこそ、平和国家として信頼され、平和的外交をすすめることができるのです。
集団的自衛権の行使を認め、世界中の戦場へ自衛隊を派遣することは、多くの憲法学者も指摘しているように明らかに日本国憲法第9条に違反しています。

わたしたちは、「平和を実現する人は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイによる福音書5章9節)のと、聖書み言葉に生きる者です。戦争が平和を実現することは決してありません。
わたしたちは、安全保障関連法案の撤回・廃案を求めます。

以上

2015年7月17日

日本聖公会
正義と平和委員会 委員長 主教 渋澤 一郎
青年委員会 委員長 司祭 小林 聡 
人権問題担当者 担当主教 主教 武藤 謙一
管区事務所 総主事 司祭 矢萩 新一
管区事務所 宣教主事  谷川 誠

2015.07.17 | 管区事務所

安全保障関連法案に対する緊急抗議声明


内閣総理大臣 安倍 晋三 様
衆議院義長  大島 理森 様
参議院議長  山崎 正昭 様


わたしたち日本聖公会正義と平和委員会は、安倍政権が掲げる「積極的平和主義」は「戦争で平和を創る」ということであり、集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法案は憲法違反であるということから、安全保障関連法案の撤回・廃案を求めます。
また、安倍総理大臣は、「国民の理解は進んでいない」と答弁しながら、7月15日に特別委員会にて安全保障関連法案の採決を強行したことに断固抗議いたします。

安全保障関連法案は、自衛隊が「いつでも」(国際平和支援法)・「どこでも」(重要影響事態法)・「切れ目なく」(グレーゾーン)、他国が起こす戦争に介入し、武力を行使できるようにする「戦争法案」です。わたしたちは、自衛隊を他国で戦う軍隊に変え、戦争をする国にするような法案を認めることはできません。

日本国憲法は、破壊的な戦争の反省によって作られた憲法であるとともに、この戦争によって甚大な被害を受けた国内外の人々の尊い犠牲の上に作られた憲法です。特に憲法第9条は「武力による威嚇又は武力の行使の放棄」「戦力不保持」「交戦権否認」を定め、国内外で平和憲法と認められています。この平和憲法があるからこそ、平和国家として信頼され、平和的外交をすすめることができるのです。
集団的自衛権の行使を認め、世界中の戦場へ自衛隊を派遣することは、憲法9条に違反します。

わたしたちは、「平和を実現する人は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイによる福音書5章9節)とのみ言葉に生きる者です。戦争が平和を実現することは決してありません。
わたしたちは、安全保障関連法案の撤回・廃案を求め、強行採決に断固抗議いたします。

以上

2015年7月16日

日本聖公会
正義と平和委員会 委員長 主教 渋澤 一郎
青年委員会 委員長 司祭 小林 聡
人権問題担当者 担当主教 主教 武藤 謙一
管区事務所 総主事 司祭 矢萩 新一
管区事務所 宣教主事  谷川 誠

2015.07.16 | 管区事務所

改定出入国管理及び難民認定法(改定入管法) サバイバル・チェックリスト送付について

+主の平和がありますように。
梅雨の時期になりました。日々、尊い聖務にご多用のことと存じます。

 みなさまご承知の通り、2012年7月に「改定入管法」が施行されました。いくつかの教区では、どのような改定がなされたのかを教役者会などで学習されたと聞いています。施行から3年が経とうとしていますが、今年3月に日本カトリック難民移住移動者委員会が、「改定出入国管理及び難民認定法(改定入官法)サバイバル・チェックリスト」というパンフレットを作成され、ご厚意で分けていただきました。

このデータは、同委員会のホームページ(http://www.jcarm.com/jpn/topic/1505info.html)に、日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、韓国語、ベトナム語、タイ語、中国語に翻訳されて掲載されています。どうぞ広くご活用くださいという許可を得ています。

 外国籍の信徒さんや関係者・訪問者がおられると思いますので、教役者はもちろん、信徒の方々にも理解を深めていただきたいと願い、日本語版のみ送付させていただきます。管区のホームページにも上記のアドレスを掲載しておきますが、広くご案内くだされば幸いです。


2015年6月10日
管区事務所総主事
司祭 矢萩新一

2015.06.25 | 管区事務所

ネパール大地震被災者支援献金のお願い

+主の平和がありますように
報道などですでにご承知のとおり、4月25日の午後、ネパールにおいてM7.8の巨大地震が発生し、カトマンズを中心に甚大な被害を及ぼしました。犠牲者はこれまでに4,000人を超え、多くの住宅などが倒壊し、7,000人以上がけがをしたとの情報を得ています。エベレスト周辺ではこの地震による雪崩が起き、外国人を含む多くの登山者が巻き込まれました。被害はインドや中国のチベット自治区周辺国、バングラデシュなどにも広がっています。国連をはじめ多国の救助隊などによる懸命の救助活動が続けられていますし、ACTアライアンス(※1)もすでに現地に入り、水・食料・薬などの配布や避難所設置などの支援に取り組んでいます。

4月27日付で日本キリスト教協議会(NCC)は支援献金を呼びかけ、ACTアライアンスに送金して支援をします。日本聖公会も管区の主事会議において稟議し、ひとまず30万円を緊急災害援助資金から送金することを決め、被災者支援献金を全国に呼びかけることになりました。お送りいただいた献金は日本聖公会で取りまとめ、NCCを通してACTアライアンスへ送金する予定です。「バヌアツサイクロン被災者支援献金のお願い」をつい先日呼びかけたばかりですが、併せてお祈りとご支援をお願いいたします。

ネパールは東南アジア聖公会のシンガポール教区が宣教師を派遣して集会や様々な活動を行っているようです。ACT アライアンスから発信された情報は、日本キリスト教協議会(NCC)のホームページに順次掲載される予定です。

日本聖公会の聖職・信徒・関係者のみなさまで、この趣旨に賛同くださる方は、「バヌアツ」と混同しないように「ネパール大地震被災者支援のため」等と明記の上、管区事務所へご送金ください。(併せて送金してくださっても結構です。)

なお、日本聖公会としての募金期間は10月31日(土)までといたします。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

2015年4月28日 日本聖公会 管区事務所
渉外主事 司祭 ポール・マイケル・トルハースト
総主事 司祭 矢萩新一


ネパール大地震
※今回の地震は、同国において、過去80年間で最も巨大な地震だとされています。
写真は首都カトマンズのダルバール広場。(写真:ACTアライアンスホームページより)


(※1)
ACTアライアンスとは… (ACT: Action by Churches Together)
スイス・ジュネーブに本部を置く、プロテスタント・カトリック・ギリシャ正教の協力によるキリスト教系国際援助組織。自然災害や国家民族間紛争による被害者に対し、民族・性・宗教・国籍・政治信条などに関わりなく必要な支援を行っている。世界各国から130を超えるメンバー協会や関係団体が、140か国以上で専門家などの現状報告に基づき活動を行っている。日本キリスト教協議会(NCC)も正式加盟。

2015.04.28 | 管区事務所

韓国語による聖餐式のご案内

+主の平和がありますように。

復活日を迎えるにあたり、聖週を豊にお過ごしのことと存じます。

さて、すでにご存じの方も多いと思いますが、昨年の日韓聖公会宣教協働30周年記念大会での共同声明において、日韓の互いの言語による聖餐式を正式に始めていくとの合意により、来る、4月12日(日)14:00~牛込聖公会聖バルナバ教会にて韓国語による聖餐式を開始いたします。毎週日曜日14:00~同教会にて継続される予定です。

この日には、大韓聖公会の金根祥主教さまや金成洙主教さまをはじめ、韓国から数名の方が来日され、歴史的な日を祝う予定になっています。時期が迫ってからのお知らせで大変恐縮ですがご参列くだされば幸いです。


【韓国語による初聖餐式】
(日韓聖公会宣教協働30周年記念大会での共同声明において合意された日韓の互いの言語による聖餐式)

日時:2015年4月12日(日)14:00

場所:牛込聖公会聖バルナバ教会
http://www.nskk.org/tokyo/church/barnabas.html

司式:
主教 金 根祥 (キム・グンサン)(大韓聖公会首座主教 ソウル教区主教)、
主教 金 成洙(キム・ソンス)、(前大韓聖公会首座主教)
主教 大畑喜道(日本聖公会 東京教区主教)
司祭 柳 時京(ユ シギョン)(大韓聖公会管区事務所総主事)
司祭 佐々木 庸(牛込聖公会聖バルナバ教会管理牧師)
司祭 池 星熙(ヂ ソンヒ)(牛込聖公会聖バルナバ教会副牧師)


※今後は毎週日曜日の14:00に同教会にて継続される予定です。



주님의 평화가 함께하시길 기원합니다.

부활절을 맞이하며, 성주간의 풍부한 은총이 함깨 하시길 빕니다.
모든 일들을 아시는 분들도 계시겠지만, 작년의 한일성공회선교협동30주년 기념대회에서 공동성명에 의하여 발표하였듯이 한국어성찬식을 정식으로 시작하게 되었습니다.
오는 4월 12일 (일요일) 14:00시 우시고메성바르나바교회에서 한국어성찬식을 거행하고자합니다.
매주 일요일 14:00시 한국어성찬식을 거행하고자합니다. 특별히 첫날인 이날에는 대한성공회 김근상주교님과 김성수주교님을 비롯하여 한국으로부터 8명의 손님들이 일본에 오셔서 역사적인 첫 감사성찬례를 드리고자합니다. 미리 알려드리지 못함을 죄송스럽게 생각합니다만 부디 오셔서 자리를 빛내주시기 바랍니다.

2015.04.02 | 管区事務所

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary