FC2ブログ

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第6信

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和
神戸教区より、西日本豪雨被害について、
「被災者支援室からの第6信」が届きましたので、以下にお知らせいたします。

本日早朝に発生した北海道での地震に関する情報も、
管区に情報が届き次第、随時発信して参ります。
引き続きお祈りとご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年9月6日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------

主の御名を賛美いたします。

西日本豪雨被災者支援に際しては、皆様からの暖かく心のこもった力強いご支援のもと、微力ながら被災者支援活動を続けて参りました。
7月31日に広島聖モニカ・ボランティアセンターと倉敷聖クリストファー・ボランティアセンターを開所し、8月いっぱいボランティアの方々を受け入れて宿泊場所と食事を提供する形で支援活動を行って参りました。
この間に被災地での復旧作業、ボランティアセンターでの食事作りなどの世話のために約90名のボランティアや教役者の方々がご奉仕くださいました。そしてお越しくださった方々に怪我や熱中症などの病気になられた方々がなく、活動を続けて参れましたこと、主の守りと皆様のお祈りによるものと感謝しております。

広島と倉敷の2か所にボランティアセンターを設け、ボランティアの方々を公募して行う支援活動は当初の予定通り、8月31日に終了いたしました。
ボランティアセンター閉所後の支援室の活動については、8月24日に第2回目の西日本豪雨被災者支援室会議を開き、以下のように決めております。

まず広島においては、当被災者支援室としての活動は終了します。但し、この豪雨災害発生直後から広島復活教会、呉信愛教会の牧師と教役者による被災信徒及びその近隣の方々への救援活動が行われてきており、そうした活動は今後も継続されることになります。

倉敷においては、倉敷聖クリストファー教会を拠点とした活動は終了しますが、岡山聖オーガスチン教会に連絡場所を移して岡山サテライトと命名し、これまでの活動を通じて関係が出来たNPO団体や被災者と協力や連絡を取りながら活動を継続します。

継続期間は最大2カ月と考えており、この間、九州教区より軽トラックなど必要機材を引き続き貸与されていますことは大変感謝しています。
被災地で必要とされる支援は刻々と変わっており、それに応じて小回りの利く形で、支援室有志メンバーにより、月数回の頻度で復旧作業に限らず、訪問や傾聴といった支援も可能なら行って参りたいと考えています。

状況によってフェイスブック(https://www.facebook.com/support.kobe.nskk/)などを通じて期間を限定してボランティアを求めるかも知れませんが、その時にはよろしくお願いします。

被災地はなお厳しい状況が続いております。今後とも皆様のお祈りをお願いいたします。

2018年9月5日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室室長 司祭 ミカエル 小南  晃

2018.09.06 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第5信

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和
神戸教区より、西日本豪雨被害について、
「被災者支援室からの第5信」が届きましたので、以下にお知らせいたします。

日々のボランティア活動の様子は神戸教区被災者支援室のフェイスブック(https://www.facebook.com/support.kobe.nskk/
でご覧いただけますので、ぜひこちらをご覧ください。

引き続きお祈りとご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年8月24日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------


主の御名を賛美いたします。

広島と倉敷にボランティアセンターを設けてボランティアを公募しての支援活動については、残すところ1週間となりました。
今までに各地から多くの方々にお越し頂き、支援のための心のこもった活動をして頂いたことに感謝します。
しかし被災地はまだまだ厳しい状況にあります。近く今後の支援活動について協議・検討する予定です。
今週の両ボランティアセンターの活動状況を報告いたします。



*広島聖モニカ・ボランティアセンター      責任者 司祭 瀬山会治
今週はお盆明けからはスタッフのみと言う状況となり、視察や調査、小さな作業をコツコツとさせていただいています。
お盆の間、休んでいた広島市の社会福祉協議会の活動も再開しましたが、センターが開設する以前から関わりのあった東広島市の安芸津町での活動は、地域の方とのかかわりの中で少しずつですが継続しています。

安芸津町はセンターから約50キロ、普段なら車でも約1時間程度で到着する距離ですが、現在は渋滞が慢性的に起こっており、2時間はかかってしまいます。
それでも信徒の方が住む地域でもあるため、安芸津町で活動をさせていただいています。

広島市内はボランティアさんがたくさん活動しているのですが、広島から遠くになればなるほどボランティアにやって来られる人数も少なく、しかも、行政でも対応することが困難であると言うお話を地域の方からお聞きしました。
もちろん、私たちも専門的な技術を持つ者ではありませんし、大掛かりな重機もありません。
そのような復興の格差や自分たちの力の無さに日々、葛藤しています。

広島聖モニカ・ボランティアセンターの活動も残すところあと少しとなってきました。
しなければならない活動やそれができない事情など複雑な思いを抱えつつも、それでも、お気持ちのあるボランティアの皆さんと共に少しでも復興支援のお手伝いができれば、神様のみ心にかなった活動となればと祈りつつ活動しています。


*倉敷聖クリストファー・ボランティアセンター       スタッフ一同
今週も様々な地域から聖職・信徒が集まってくださり、作業を行いました。
お盆の連休は社協のボランティアはお休みだったのですが、連休を利用したボランティアがそれぞれに地域に入って作業をしてくださったおかげで、週明けの月曜日にはずいぶん路上の水没した家財は減ってきました。
今後は家屋の乾燥のために剥がされる床板や壁材が撤去されたものが多くなると思います。

ただ、平日はボランティア自体が減ってきたようで、一緒に作業して下さった方も「ボランティアを作業現場まで運ぶ運転ボランティアとして登録し、8人乗りの自家用車を持ち込んだけれど、あまり需要がなく、作業に加わっています」とおっしゃっていました。

先週までは、一か所で1日以上かかる搬出・運搬作業も多かったのですが、今週に入り、一か所あたりの集積物が 少なくなったためか、一日で数か所を周ることも多くなりました。
ただ、ダンプが入れない所も残っていますので、これまで4週間お借りした3トン・ダンプは今週末でお返しし、今後は軽トラックに替え、作業を継続していく予定です。
 
宿泊を伴うボランティアセンターの運営は後1週間で終わる予定ですが、地域のニーズに応じることができるシフトチェンジを、他のNPOとも連携しながら考えていく予定です。 


    
2018年8月23日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室室長 司祭 ミカエル 小南  晃

2018.08.24 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第4信

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和
神戸教区より、西日本豪雨被害について、
「被災者支援室からの第4信」が届きましたので、以下にお知らせいたします。

日々のボランティア活動の様子は神戸教区被災者支援室のフェイスブック(https://www.facebook.com/support.kobe.nskk/
でご覧いただけますので、ぜひこちらをご覧ください。
(特に広島は20日以後人数が不足しているそうです)

引き続きお祈りとご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年8月20日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------

主の御名を賛美いたします。

8月も丁度半ばを過ぎました。
これまでに教区内外から広島のボランティアセンターには27人、倉敷には28人の信徒また教役者の方々が来て下さり、ボランティアやセンターのスタッフとして被災者支援の活動をしてくださいました。
両ボランティアセンターの今週の活動状況などを報告させていただきます。



*広島聖モニカ・ボランティアセンター   責任者 司祭 瀬山会治
当ボラティアセンターでは、8月末まで社会福祉協議会を通じて復興支援活動を行っています。
作業内容は、当日の作業場所によって多少異なりますが、重機が入ることができない、土砂被害に遭われたお宅の庭先や細い路地に流れ込んでいる①土砂をかき出し、②どのう袋に土砂を入れ、③袋を集積場所まで運ぶと言う内容になります。
作業時間は約15分、その後休憩も同じ時間取ります。
休憩時間には、充分な水分や塩飴が用意されています。
昼食の弁当代や作業後の入浴料(430円)は、各自で負担していただきます。
作業服には決まりはありませんが、作業のしやすい服装として長そで長ズボン、長ぐつ、ゴム手袋、ぼうし(ヘルメット)をご用意ください。長ぐつ、ゴム手袋、ぼうしの予備を若干ですが、無料でお貸しすることができます。

なお、センターでは、作業ボランティアの方の健康や生活面でのご心配をおかけしないために様々な方法や施設が用意されています。
洗濯はセンター近くのコインランドリーを使用していただけますし、コンビニやスーパーへの買い出しも可能です。
センターには、クーラー、ウォシュレットトイレなどが設置されています。
寝袋は各自で持参していただきますが、お持ちでない方のために、若干ですが無料で貸し出すことができます。

センターへの交通手段は、JR広島駅から山陽本線岩国方面で「新井口(しんいのくち)」駅まで約12分、200円です。
JR新井口駅には、運転ボランティアさんかスタッフがお迎えに参りますので、あらかじめ到着時間をお知らせください。
その他、何かご質問がございましたらセンター専用電話070-2637-1873までお問い合わせください。


*倉敷聖クリストファー・ボランティアセンター   スタッフ一同
今週は、お盆の期間中の社会福祉協議会のボランティア募集が中止されました。
真備町だけでも50人以上が犠牲となり、初盆を迎えます。
水没した家財の搬出に入ったお家でも、残された仏壇にお花が供えられました。

屋内からの搬出の場合も、屋外からの搬送の場合も、効率だけでなく、最後に少し玄関や、門の周りを清掃するようにしました。
ご自宅に帰って来られた時に、少し作業が進んだと、ホッとしていただけたらと、メンバーが一日の作業の報告の時間に伝えたことです。

社協からのボランティアの応援はなくなったのですが、日曜からお盆にかけての4連休の間、様々な方々が独自のルートで作業をしておられました。
「9年前の水害に各地の方に助けていただきました。少しでも恩返しをしたくて来ています」と佐用町から重機・ダンプ持ち込みで作業をされる会社員、神奈川県から22時間かけてオートバイで来た青年、津山から休みの度に来られるご夫婦、狭くはない街ですが、何度も顔を合わせる人がいます。

水害から1ヵ月経ちましたが、細い路地の奥は、ボランティアが入らず、ご家族だけで搬出作業を続けておられる場所も、数多く見られます。
ゆっくりと、しかし、立ち止まらず、歩みを進めたいと思っております。


2018年8月16日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室室長 司祭 ミカエル 小南  晃

2018.08.20 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第3信

--------------------------------------------------
各教区事務所・教務所 御中

+主の平和
本日、神戸教区より、西日本豪雨被害について、「被災者支援室からの第2信」と「被災者支援室からの第3信が届きましたので、以下にお知らせいたします。

日々のボランティア活動の様子は神戸教区被災者支援室のフェイスブック(https://www.facebook.com/support.kobe.nskk/
でご覧いただけますので、ぜひこちらをご覧ください。
引き続きお祈りとご支援をいただけますよう、お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

2018年8月10日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------


主の御名を賛美いたします。

ボランティアセンターを開設して2週目に入りました。
広島、倉敷の両ボランティアセンターともボランティアの方々が駆けつけてくれています。以下、両ボランティアセンターの活動状況をお知らせいたします。



*広島聖モニカ・ボランティアセンター  責任者 司祭 瀬山会治

今週もキッチン&作業ボランティアさんが来てくださり、微力ながら広島の復興支援の働きを行うことができました。
ありがとうございます。

夏休みに入り、被災地では学生のボランティアさんの姿を見かけるようになりました。
8月9日の作業では、7~8人のグループに分かれ、2交代制で3時間、15分作業して同じ時間休憩をとり、ボランティア活動を行いました。

家屋の庭や壁などの細い隙間に入りこんだ土砂は、重機では取り出すことができず、人の手でかき出さなければなりませんので、土砂をシャベルですくって土のう袋に入れ、道端に積み上げて行きます。
休憩中は十分に水分を補給しますので、暑くて倒れることはありません。
特別な技術はまったく必要なく、作業が終了した時は、今日の働きを振り返り、微力ながら貢献できたのではないかと満足感や達成感もあります。

*お盆の特別ボランティア(広島)*

広島市の社会福祉協議会は、8月13日から16日までお盆休みに入り、作業ボランティアに入ることができません。

そこで、お隣の坂町の社会福祉協議会を通して活動させていただく予定にしています。
ちょうど、聖モニカ幼稚園もお盆休みのため、いつもは制限されている駐車場も使用することができますので、自家用車で来られるボランティアさんを特に募集させていただきます。

この機会にボランティアを希望される方は是非、お越しください。
ボランティアセンターでは、少しでも多くの方が私たちの活動にご協力くださいますことを願っております。


*倉敷聖クリストファー・ボランティアセンター   スタッフ一同

今週は遠路他教区の執事さんがおみえになり、ボランティアに合流して下さっております。

今週は先週に引き続いて、まび記念病院近くの住宅地内にある公園に積まれた荷物の搬出作業に従事しております。
その後、県外から御家族でボランティアに来られた方々、また東京から女学生も来られて活動をされております。

開所1週間前より、視察・調査含めて倉敷にてボランティア活動を続けておりますが、活動から3週目に入り、社協のメンバーとの方々とも少ずつ連携が取れるようになりました。

真備でのボランティア活動は、家屋から水浸しになった荷物を搬出したり、泥をかき出したりする作業から、一定の場所にショベルカー等で積み上げられた荷物をトラックや軽トラックなどに積んで、廃棄場へと搬出する作業へと移行しつつあります。
しかし、真備のボランティア地区ではトラックや軽トラックが不足状態にあります。その中にあって、信徒さんからお借りした3トンダンプトラックが有効活用されておりまして、日々、社協のメンバーと連絡を取りながら、社協から依頼された作業場所に向かい、たくさん積み上げられた荷物を順次、搬出しております。

今後の作業は、一定の場所にかためられ、積み上げられた荷物の搬出作業及び清掃が活動の中心になります。
清掃だけでも、現地までの運転だけでも大歓迎です。
また、宿泊者のためのキッチンボランティアも大歓迎です。
ご参加をスタッフ一同お待ちしております。


2018年8月10日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室室長 司祭 ミカエル 小南  晃   

2018.08.10 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第2信

主の御名を賛美いたします。

第1信以降,当支援室ではボランティアセンター開所に向けて作業を進めて参りましたが、この間に九州教区からは軽トラックや道具・資材の提供を受け、また多くの教区から支援の申し出や献金をお送り頂き、心から感謝いたします。

7月31日に倉敷と広島のボランティアセンターの開所式が行われ、翌日から活動が開始されております。
以下、両ボランティアセンターの活動状況をお知らせいたします。



*広島聖モニカ・ボランティアセンター  責任者 司祭 瀬山会治

現在、広島聖モニカVCでは、広島市社会福祉協議会を通して南区楠那地区の被災地で作業ボランティアを行っていただいています。
ボランティアさんは3名から5名が来てくださっており、宿泊場所にはまだ余裕があります。

一方、ボランティアセンターを支えるキッチンボランティアさんや運転ボランティアさん、常駐スタッフが不足しています。作業には行かず、センターを支えてくださる方がご協力くだされば、より多くの作業ボランティアさんを受け入れることができます。

作業の内容は、被災した家屋から土砂や瓦礫をかき出し、土のう袋に入れ、積み上げて行く作業が中心ですが、場所によってはその他の作業をすることもあります。
特に難しい技術を必要としていませんので、「被災された方のために少しでも役に立ちたい」と思われる方はどなたでもボランティアに参加していただきたいと思います。

猛暑の中での作業になりますので、休憩は15分に1回、15分間行われ、水分補給なども十分に行われています。
また、疲労を感じられた方は、ボランティアセンターで休息していただくこともできますし、センターの施設整備などの軽作業をお願いすることも可能です。

個人の体力や能力に応じた奉仕をお願いいたしますので、自信がないと思われておられる方でも、心配することなく、ご自分のペースでボランティアをすることが可能です。ぜひ、ご参加ください。


*倉敷聖クリストファー・ボランティアセンター   スタッフ一同

7月31日火曜日に開所式が行われ、倉敷市真備町を中心に活動を行っています。
開所礼拝で教区主教より「これらのことをしてくれた事は、私にしてくれた事である」という福音書からのメッセージを頂き、正式に活動を開始しました。

現在、真備町では水没した家財の家屋からの搬出は少しずつ進みつつありますが、道路や空き地に積み上げられた状態で放置され、復旧を妨げています。
多くの家は2階まで水没したため、今後、傷んだ床や壁を撤去し、消毒・乾燥させる必要があります。そのスペースを出来るだけ早く確保するため、社会福祉協議会から派遣されたボランティアの方々と協力して、家財や床材等を集積場に運んでいます。

倉敷VCでは信徒の方からお借りした3トンダンプを使って、毎日3~4人で搬出作業を行っています。
昨日は10人のボランティアを社協から送っていただきましたが、今日は「5名しか送れない」とのお返事でした。

一般のボランティアはシャトルバスで真備町入りし、バス停となっている市役所の支所や、病院といったサテライトから徒歩で作業現場を往復するため、1日3時間程度の作業が限界となっています。

倉敷VCでは車で作業場まで移動し、ダンプが往復する約20分から30分間は休憩時間となりますので、比較的長時間続けることが出来るようです。

社協でも搬出手段に苦慮しているとのことですので、軽トラック等の持ち込みは歓迎されています。
運転だけでも大歓迎です。ご参加をスタッフ一同お待ちしております。


2018年8月5日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室室長 司祭 ミカエル 小南  晃 

2018.08.10 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

神戸教区・西日本豪雨被災者支援室より第1信

--------------------------------------------------
各教区事務所・教務所 御中

+主の平和
本日、神戸教区より、西日本豪雨被害について、「被災者支援室からの第1信」と、「ボランティア募集の情報」が届きましたので、以下にお知らせいたします。

管区としては今回の西日本豪雨の被害者支援についての募金はいたしません。
「神戸教区西日本豪雨被災者支援室の活動のための募金」以外の被災者支援への献金については、それぞれの教会でご判断いただき、おささげくだされば幸いです。
今後の働きの中で必要があれば管区緊急災害援助資金の中から支出することも考えられますので、『日本聖公会緊急災害援助資金のため』という名目で管区へお送りいただいても結構です。

お祈り、ご支援をよろしくお願いいたします。

2018年7月27日
日本聖公会管区事務所総主事
司祭 エッサイ矢萩新一
-----------------------------------------------------


主の御名を賛美いたします。

この度の西日本豪雨に際しては、災害直後より各地からお見舞いや励ましの言葉、また尊い支援の献金、そして多くのお祈りをいただきましたことを心より感謝申し上げます。
災害発生から既に4週間が経ち、情報発信が遅くなりましたことお詫び申し上げます。
ここに経過報告と、支援協力のお願いについてお知らせいたします。



被災地の状況については、既に多くの報道でご存知のことと存じます。
7月5日(木)から8日(日)にかけての集中豪雨により、九州、中国、四国、近畿地方と広範囲にわたって甚大な被害が生じました。
気象庁では平成30年7月豪雨と命名していますが、一般には西日本豪雨と呼ばれています。
(平成)になってから最大の豪雨災害と言われ、犠牲者は220人を超え、尚も行方不明の方々がおられます。
また洪水や土砂災害により家や財産、田畑などを失われた方々、そして道路やライフラインの破損によって、この猛暑の中を大変困難な生活を強いられている多くの方々がおられます。

支援活動に関する神戸教区の取り組みとしては、7月9日(月)西日本豪雨被災者支援室が立ち上げられました。
まずは神戸教区の被災状況の把握と確認にあたりましたが、教会・関係施設に大きな被害はありませんでした。
しかしながら信徒については、広島県では2世帯の方々が床上浸水、また愛媛県では数世帯、床下浸水の被害に遭われた方々がおられます。また広島県呉市などでは道路の寸断や断水により、被災後かなりの期間、水や食料・日用品の確保が困難な信徒の方々がおられました。

さらに全国の聖公会信徒・教役者の方々の親族・関係者でこの地域にお住いの方々の中には、この豪雨被害に遭われている方がおられるかもしれません。しかし当教区ではそうした方々の把握はできておりません。
災害発生直後から、広島県では現地牧師や教役者により、ほぼ連日、被災信徒の住居を中心にその近隣の泥かき作業、また呉市などの断水地域への水や日用品の運搬などの活動が行われ、そこに神戸や他の地域から教役者が応援に参っております。
また岡山県倉敷市では被災信徒はおられませんでしたが、大規模な浸水に見舞われた真備町に現地の牧師たちが社会福祉協議会などを通したボランティア活動を開始しており、現在では被災者支援室メンバーが連日、救援活動に入っています。
7月10日(火)に神戸教区の被災者支援室フェースブックを作成し、まずはこうした情報を日々発信しております。

★日本聖公会神戸教区被災者支援室のフェイスブック(下記リンク先)
https://www.facebook.com/support.kobe.nskk/

7月17日(火)に倉敷聖クリストファー教会(倉敷伝道所)において、第1回西日本豪雨被災者支援室会議が開かれ、主に以下のことが決められました。

1. 支援室は小林尚明教区主教により教区事務所に立てられ、構成は、室長:小南 晃司祭、社会部長(災害救援担当):瀬山会治司祭、上原信幸司祭、平野一郎司祭、長田吉史司祭、林 和広司祭、浪花朋久司祭、教区主事:大東正人氏とする。
2. この度の被災は神戸教区内で広島県、岡山県、愛媛県、その他の地域にも広がっているが、当教区の人材や資源を考え、被災者支援活動は広島市と倉敷市に絞るということ。
3. 支援活動の方法は広島市と倉敷市の教会・伝道所にボランティアセンターを設けて、ボランティアの為の宿泊と食事を提供し、ボランティア活動は原則として社会福祉協議会を通して行って行くこと。
4. ボランティアセンター設置期間は8月1日(水)~31日(金)までとすること。
5. ボランティアセンターの活動資金は教区災害等緊急支援資金と西日本豪雨被災者支援室の活動のための募金を充てること。


以上を踏まえて、次のような活動を行って参りますので、よろしくお願いします。

1. 広島聖モニカ礼拝堂と倉敷聖クリストファー教会にボランティアセンターを設置します。
7月31日(火)に開所礼拝を行い。8月1日(水)から8月31日(金)まで活動します。(土・日は休み。但し宿泊は可) 
どうぞボランティアに応募ください。詳細はボランティア募集要項及びボランティア登録票をご覧ください。

★ボランティア募集要項 → こちら (PDF)
★ボランティア登録票 → こちら (PDF)

2. 神戸教区西日本豪雨被災者支援室の活動のための募金をお願いします。
郵便振替を利用される方は「被災者支援室のため」と明記の上、下記宛ご送金願います。
 郵便振替     口座 01100-9-17568 日本聖公会神戸教区
( ゆうちょ銀行 一一九店 当座0017568 )
尚、神戸教区としては、「被災者のための募金」は募りません。被災者の方々にお渡しして行く道筋がないためです。
被災者のための募金や義援金については、他のキリスト教団体また一般の募金にお献げください。

3. 西日本豪雨被災者のためのお祈りをお献げください。
すでに教会でも個人でもそのためのお祈りが献げられていることと思いますが、神戸教区ではこれから次のようなお祈りを献げて参ります。もし皆様も礼拝などでこのお祈りを用いて頂けますなら感謝です。

西日本豪雨被災者のための祈り
いつくしみ深い神よ、西日本豪雨によって、亡くなられた人々に永遠の安らぎをお与えください。
大切な家族や友人、また家や財産をなくした人たちがおられます。どうかあなたが、悲しみと苦しみのうちにある人たちに愛と慰めを注ぎ、これらの悲劇、困難を乗り越える勇気と力、その必要なものをお与えください。
この災害に対して、多くの人たちが自分たちの時間と労力を献げて奉仕の働きをしています。どうか彼らの働きを祝し、また神戸教区の西日本豪雨被災者支援の働きも祝し用いて、すべての被災者が一日も早く平穏な生活に戻れますように。
主イエス・キリストによってお願いします。 アーメン



最後に、この度の神戸教区の被災者支援の動きが微々たるものに過ぎず、歯がゆく思われるかも知れませんが、しかし現時点で当教区として出来る精一杯のことでもあります。

しかし同時にこの災害に苦しむ多くの人々に対して主イエス・キリストご自身が為さろうとしている業に、丁度、5000人を前にして「5つのパンと2匹の魚」を献げた少年のように。小さな形からでも参与出来たらと願うものです。

この度の西日本豪雨による犠牲者の魂の平安と、被災者の方々への主の慰め、励ましを祈りつつ、現在までの神戸教区西日本被災者支援室の経過報告と、皆様への今後のお願いをさせて頂く次第です。

2018年7月27日
神戸教区主教 オーガスチン 小林 尚明
神戸教区 西日本豪雨被災者支援室 室長 司祭 ミカエル 小南 晃

2018.07.30 | 神戸教区・西日本豪雨被災者支援室

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary