FC2ブログ

北海道 胆振東部地震による被害関連情報(第4報)

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和

北海道教区より胆振東部地震の第4報が
届きましたのでお知らせ申し上げます。

10 月3 日までの活動を予定してボランティアですが、
被害の大きかった安平町、むかわ町、厚真町の3 町が、
10 月より平日のボランティア受け入れを中止したため、
苫小牧聖ルカ教会内「聖公会ボランティアセンター」は
9 月30 日の主日聖餐式をもって期間を終了しました。

新札幌聖ニコラス教会、苫小牧聖ルカ教会の
被害及び復旧工事の内容も記されております。

どうぞお祈りの内にお覚えください。

2018年10月1日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------

主の平安をお祈りいたします。

北海道胆振東部地震を受けて、復興復旧作業が少しずつ進んでおりますが、自治体などの対応も状況によって日々刻々と変わる部分があります。
北海道教区としては、それらの動きを注視しつつ、今後も可能な限り協力していきたいと願っております。
いまも困難な生活を続けておられる方々を覚えて、主の癒しと回復の道が整えられますことをお祈り申し上げます。

<聖公会ボランティアセンターの作業期間終了について>
9 月19 日より苫小牧聖ルカ教会にボランティアセンターが開設され、実質的には21 日から活動を開始いたしました。
当初、10 月3 日までの活動を予定しておりましたが、被害の大きかった安平町、むかわ町、厚真町の3 町が、10 月より平日のボランティア受け入れを中止し、土日、祝日のみとの決定をしたため、ボランティアセンターは9 月30 日の主日聖餐式をもって期間を終了することとなりました。

それまでの間、地元の北海道をはじめ神戸、東北、横浜など遠方の教区から、8 名が作業に加わって下さいました。改めて感謝申し上げます。から、信徒、教役者の方々が参加、または参加の申し込みをいただき、感謝申し上げます。また全国から、センターの働きのためにお祈り、ご支援をいただきましたことを重ねて御礼申し上げます。

今後、また状況が変わり、新たな活動が展開可能となった場合はお知らせいたします。


<被害を受けた教会の現状について>
○新札幌聖ニコラス教会
牧師館の床が傾くなどの被害を受けましたが、専門業者による補修作業の大部分を9 月中に終えることができました。
10 月中旬までにはすべての作業を終えられることと思います。
また、基礎部分の損傷については、建物に大きな影響がないということが分かり、様子を見ることといたしました。

○苫小牧聖ルカ教会
外壁の一部が落下する損傷を受けましたが、ボランティアセンターの拠点として開放されてきました。外壁の工事は10 月初旬に終える予定です。

以上2 教会についても多くの方々からご心配の声、お祈りをいただき感謝いたします。

以上

2018年10月1日
日本聖公会北海道教区
主教 ナタナエル  植松 誠
事務所主事 司祭 コルベ 下澤 昌

2018.10.01 | 各教区の活動・お知らせ・その他

北海道 胆振東部地震による被害関連情報(第3報)

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和

北海道教区より胆振東部地震の第3報が届きましたのでお知らせ申し上げます。

9月19日(水)〜10月3日(水)の間、
苫小牧聖ルカ教会内に「聖公会ボランティアセンター」が設置され、
ボランティア活動が始まりました。

日常と呼ぶにはまだ程遠い様子が伺えます。
被災なさった方々、お支えなさる方々の上に
主の恵みが豊かにありますようお祈り申し上げます。

2018年9月28日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------

主の平安をお祈りいたします。

9月6日に発生した北海道胆振東部地震から3週間あまりが経過しました。
現在も600名ほどの方々が避難生活をしておられ、その中には生活の再建、事業の再開の目途が立たない方々が多くおられます。これから寒い時期を迎えますので、早期の回復が望まれます。

北海道教区は9月19日より苫小牧聖ルカ教会に「聖公会ボランティアセンター」を設置いたしました。
10月3日までの限定的な活動ですが、神戸、東北、横浜、京都など複数の教区から、信徒、教役者の方々が参加、または参加の申し込みをいただき、感謝申し上げます。
この度の報告では、センターの責任者である吉野司祭のレポートをお送りいたします。
被災地の状況が少しでもお伝えできれば幸いです。

改めて、亡くなられた方々、困難な生活を強いられている方々を覚えて、主の癒やしと回復の道が整えられますことをお祈り申し上げます。



<ご報告>

胆振東部地震 聖公会ボタンティアセンター 責任者 司祭 吉野暁生

ボランティアセンターが開所した当初は利用者がなかったので、吉野が作業に参加しました。
9/19、20はむかわ町に、9/22,24は安平町です。21日より、ボランティアの参加がありました。

厚真町は報道で注目度が高いためか、ボランティアは募集の2倍ほど集まっている状況です。
安平町は幼稚園運営の登録システム(ICT)を使ってボランティアの登録などをしていることもあり、安定して人が集まっているようです。それに比べてむかわ町は、人の集まりが少ない印象でした。

厚真町も町の中心部には家の大きな被害はありませんが、農村部に土砂崩れのため被害が集中している状況です。
また完全に壊れてしまっている家も多くあります。後継者不足に苦しむ稲作、酪農地帯でもあります。
むかわ町は町の商店街で、一階が店舗の家の店舗部分がつぶれている家が多いです。
安平町は家の被害は多くないようですが、その分、家の中のものが多く倒れ、そういった被害が多い印象でした。
また、どの地域も家そのものは無事でも、家具などへの被害が多かったようです。

現在の主な作業は災害ゴミの回収です。倒れたタンスや本棚、割れた食器や電球などを回収して災害ゴミとして一時集積所に持って行きます。場合によっては搬出も行います。
参加してくださっているボランティアさんには、これらの作業をお願いしています。

各々の町の共通した状況として、高齢者世帯が多く、もともと多くの物を処分できずにため込んでいる家も多いため、それらのものも併せて町内をきれいにしていこうという流れがあり、災害ゴミに混じって、それらを処分している状況です。
また、最近になって近隣市町村の親せき宅などに避難していた人々が戻り始めており、それらの方のごみがこれから出てくるでしょう。
しかし、各町の災害ゴミ回収は9/30までとなっているため、特に今週末は非常にボランティアの需要(特に力仕事)があるものと思われます。

避難所生活が長引かないよう、仮設住宅の整備、また見なし仮設への移住も進んでいます。そして、これから心のケア等の動きも大事になってくるでしょう。

報道では「日常が戻ってきている」と言いますが、全体的に少しずつ戻ってきているというよりは、「戻れた人」がぼちぼち出てきたということなのだろうと思います。「戻れない」人にとっては、少しも「日常」ではありません。

避難所では、子どもの泣き声をめぐって車中泊やテントで生活している人もおられます。そのような方々に暖かい手が差し伸べられることを願っています。また、週明けに北海道に再接近する台風の影響が懸念されます。地震で傷んだ家屋や店舗、農地に再び被害が及ばないことを願っております。
(自治体の要請によって写真の掲載を自粛しておりますのでご了承ください)


2018年9月28日
日本聖公会北海道教区 
主教 ナタナエル 植松 誠
事務所主事 司祭 コルベ 下澤 昌

2018.09.28 | 各教区の活動・お知らせ・その他

北海道 胆振東部地震による被害関連情報(第2報)

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和

北海道教区より胆振東部地震の第2報が届きましたのでお知らせ申し上げます。

9月19日(水)〜10月3日(水)の間、
苫小牧聖ルカ教会内に「聖公会ボランティアセンター」が設置されます。
ボランティア活動をご希望の方は添付のお申込書にて
苫小牧聖ルカ教会の吉野暁生司祭へお届けください。

お祈りのうちにお支えいただければ幸いです。

2018年9月14日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------
主の平安をお祈りいたします。

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震から1週間が経過しました。
40名以上の方が亡くなられ、今も1500名ほどの方々が避難生活を余儀なくされています。
北海道は秋を迎え、急速に朝晩の冷え込みが強くなるため、避難者の健康が心配されます。しかし、震源地に近い避難所には未だに停電、断水の箇所が多く、一刻も早い復旧が望まれます。また、80キロほど離れた札幌市内でも多くの住宅に被害が生じ、幹線道路の陥没や工場の被災、物流の停滞による食料品不足の状態が続いています。

各自治体は、ボランティアの受け入れ体制を整えつつありますが、宿泊施設やその他の設備を持たないため、日帰りが可能で、なおかつ自家用車で移動可能な場合に限定しているところが多いのが実情です。
担当者からは、復興の道のりは「細く長く」にならざるを得ないとの声が聞こえます。

このように現地での受け入れ体制にある程度の目途が立ったため、北海道教区は苫小牧聖ルカ教会に「聖公会ボランティアセンター」を設置、ボランティアの受け入れを開始することとしました。
しかしながら、物理的、人的な制約もあり、最小限の規模となりますことをご了承ください。

ご奉仕可能な方は下記の要領をお読み下さり、申し込み用紙に記入してお送り下さい。
亡くなられた方々に主にある平安が、困難な生活を強いられている方々にふさわしい援助と希望が与えられますようにお祈り申し上げます。



<聖公会ボランティアセンター概要>

1,苫小牧聖ルカ教会内に「聖公会ボランティアセンター」を設置します。
   ○住所 北海道苫小牧市旭町2-6-22
       ☆JR苫小牧駅より徒歩10~15分
       ☆新千歳空港からはバスが出ています
       ☆フェリーターミナルからは苫小牧駅経由のバスに乗り、
        市役所前で下車   徒歩8分
   ○ボランティアセンター代表 吉野暁生司祭(苫小牧聖ルカ教会牧師)

2,ボランティア受け入れ期間  9月19日(水)〜10月3日(水) 2週間
   ○参加期間は1泊以上、複数日が可能です。
   ○日曜日は、作業はお休みとします

3,受け入れ人数  最大時5名まで

4,活動地域および仕事の内容
   厚真町、むかわ町、安平町の被災現場、または避難所にて、
   各社会福祉協議会との連携のもとで動きます。
   (内容)家屋内の片づけ、倒木撤去の手伝い、その他、その日の
       要請に従います。
       物資の運搬など、自動車免許をお持ちの方は車の使用を
       お願いする可能性もあります。

5,一日のスケジュール
   7:30~45 現地(むかわ町、厚真町、安平町)へ出発
   8:30    ボランティア受付(現地)
   9:00    午前の作業スタート
   12:00  昼食休憩
   13:00  午後の作業スタート
   15~16:00  作業終了
   17:00  センター着
   17:30  夕の祈り
   18:00  夕食
  *なお、送迎の関係上、午前、午後のみの参加はできません。

6,ボランティアセンターで提供するもの
   ・宿泊場所
   ・食事(外食の場合もあります)
   ・作業現場までの送迎
   ・シャワー施設
   ・ボランティア保険(未加入者)

7,持ち物
   ・動きやすい服、帽子、タオル、軍手、上靴は必須
   (床にガラスや陶器が飛散しているものを片付けます)。
   ・厚手の衣類、ジャンパーなど
    (天候によっては氷点下近くまで気温が下がります)

8,申し込み方法
   ・事前に自治体にボランティア登録が必要なため、
    到着3日前までに「申し込み用紙」にご記入の上、
    FAXかメールに添付してお送りください。
    なお、個人情報は、それ以外の目的に使用することはありません。

   ★申込用紙のダウンロード → こちら(PDF)

   ・申し込み先
       苫小牧聖ルカ教会 FAX 0144-34-1178


2018年9月13日
日本聖公会北海道教区 主教 ナタナエル 植松 誠
事務所主事 司祭 コルベ 下澤 昌

2018.09.14 | 各教区の活動・お知らせ・その他

北海道 胆振東部地震による被害関連情報(第1報)

--------------------------------------------------
各教区の皆さま

+主の平和
北海道教区より、このたびの地震による被害について、
「北海道 胆振東部地震による被害関連情報(第1信)」が届きましたので、
以下にお知らせいたします。
お祈りのうちにお支えいただければ幸いです。

2018年9月11日
日本聖公会管区事務所
--------------------------------------------------

主の平安をお祈りいたします。

9月6日未明に北海道胆振地方を震源に起きた最大震度7の地震によって、多くの被害が発生しました。
10日現在、亡くなられた方41名、避難を余儀なくされている方々が2千名ほどに達しています。
また、この度の災害は、たった1基の火力発電所の停止によって、北海道全域で電力の供給がストップするブラックアウト現象という特異な事象も発生し、大きな混乱をもたらしました。

教区事務所も丸2日間停電となり、情報の収集、連絡に大きな支障が生じたこと、また余震への備えも必要なことから、皆さまへのお知らせが地震発生から5日後となってしまいましたことお詫び申し上げます。
停電中、また電源が回復して以降、多くの方々からお見舞いをいただき、また、お問い合わせ、支援のお申し出をいただきましたが、以上のような理由で対応することができませんでした。
北海道内全体の被害状況はすでに報道機関により次々と更新されておりますので、そちらをご覧下さい。ここでは北海道教区関連の被害状況について、また関連する情報をお伝え申し上げます。 

<被害を受けた教会、信徒の状況>
1,新札幌聖ニコラス教会 ※本記事の一番下に追加情報あり
牧師館内部の壁に複数の亀裂が生じています。
また、床部分に相当の傾斜があるため、安全を考慮し、このままでは居住することは困難であると判断しています。
定住教役者である上平聖職候補生、ご家族はご無事ですが、早急に近隣のアパート等に転居する予定です。
礼拝堂部分に損傷はなく、専門家による安全面の診断を経て礼拝は継続する見込みです。

2,苫小牧聖ルカ教会
外壁の一部が落下、下地が露出した状態になっています。
また、厚真町在住の信徒1名が割れたガラスによって足に怪我をされ、別の場所にあるご実家に避難しておられます。
さらに、むかわ町の信徒のご家族1名が避難所に滞在しておられます。

3,室蘭聖マタイ教会
現在、定住教役者不在ですが、牧師館の窓ガラス数枚が破損しています。

<施設について>
教区内には5つの幼稚園、4つの保育園、NPO法人が1つありますが、建物損傷の報告はありません。
しかしながら、地震によって心に傷を受けた子どもたちもおりますので、各施設は全力で子どもたち、保護者のケアに当たっています。

<ボランティアの受け入れについて> 
大きな被害があった厚真町、むかわ町、むかわ町穂別地区に近い、苫小牧聖ルカ教会の吉野司祭が現地に赴き、被害の実態、ボランティアの受け入れ状況について調査をしております。

広大な北海道で小さな自治体が離れて点在する地理的な特性のため、現地では人手は必要なものの、ボランティアの交通手段、宿泊施設などを確保するのが大変むずかしい状況です。

また現地では停電も継続しているなど混乱もあることから、現状では北海道教区が主体的にボランティアを受け入れ、派遣することは考えておりません。

ただ、現地の状況が改善し、社会福祉協議会などの体制が整い、協力関係ができれば、苫小牧聖ルカ教会を拠点にボランティア活動を展開する可能性があります。
その場合も、教会の物理的な事情で人数は4〜5人の規模、期間も2週間程度にならざるを得ないと考えています。
ちなみに、苫小牧の教会から上記3地区の被災地、避難所までは車で片道40〜50分の距離になります。

<支援募金について>
北海道教区独自の活動を展開するのが困難なため、この度の災害に対する支援募金の受付は行わない方針です。
お気持ちのある方は公的な機関、民間の団体などをご利用下さい。


今後、新たな情報、展開がありましたら、その都度お知らせ申し上げます。

改めてこの度の地震によって亡くなられた方々、被災し、困難な生活を強いられている方々の上に、主の癒しと平安が与えられますように、また支援に当たる方々に主のみ力が加えられ、導きがありますように、お祈りをお願い申し上げます。

以上

2018年9月10日
日本聖公会北海道教区 主教 ナタナエル 植松 誠
事務所主事 司祭 コルベ 下澤 昌



【9月12日 追加情報】

主の平安をお祈りいたします。
9月10日付けでお送りした第1報で、新札幌聖ニコラス教会の被害状況についてお知らせいたしました。その点について、新たな展開がありましたのでお知らせいたします。

新札幌聖ニコラス教会は、この度の地震によって牧師館を中心に壁のクラック、床部分に傾斜が生じるなど、生活に支障がある損傷を受けました。
その後、専門家による建物の診断を受けたところ、詳細は天井や床を切開しなければ確認できないものの、建物の本体構造には大きな問題がなく、最も障害となっている床の傾斜は、何とか修復可能であることが判明いたしました。また、今後もし同規模の地震が生じた場合でも、建物に重大な損傷を受ける可能性は低いことも確認されたところです。

そのため、当初考えておりました、定住者の上平聖職候補生、ご家族の移転は、ご本人の同意をいただき、必要なしとの結論を出しました。 しばらくの間、不便な生活を強いられることになりますが、早期に修復工事が行われるように善処したいと考えております。

引き続き、この度の地震によって被災し、困難な生活を強いられている方々の上に、主の癒しと平安が与えられますように、また支援に当たる方々に主のみ力が加えられ、導きがありますように、お祈りをお願い申し上げます。

以上

日本聖公会北海道教区 主教 ナタナエル 植松 誠
事務所主事 司祭 コルベ 下澤 昌

2018.09.11 | 各教区の活動・お知らせ・その他

被爆73年 長崎原爆記念礼拝〈聖餐式〉

nagasaki2018.jpg

狼は小羊と共に宿り、豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち、小さい子供がそれらを導く。
イザヤ書 11:6

被爆73年 長崎原爆記念礼拝 〈 聖 餐 式 〉
死の同心円から平和の同心円へ


1945年8月9日、長崎の町に“死の同心円”が広がりました。
私たちは多くの命を思いながら共に祈り、“平和の同心円”をこそ広げていきたいと思います。
ぜひご参列ください。



すべての被爆者を覚えて
主の平和の実現のために
長崎に原子爆弾が投下された11時 2分
あの日を思いつつ黙祷を捧げます。

日時: 8月 9日(木)10時30分~
場所: 日本聖公会長崎聖三一教会
司式: 主教 武藤 謙一(九州教区主教)
説教: 主教 小林 尚明(神戸教区主教)
式典長: 司祭 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
その他の聖職も司式・補式等に加わる可能性があります。


【 記念礼拝前後のプログラム 】
・8月 8日(水) 宗教者平和の祈り
・8月 9日(木) 午後、会食(愛餐会)。引き続き、証言、平和プログラム。

〈証言者〉司祭 松岡虔一(まつおかけんいち)師
1933年北九州若松生まれ。
3歳の時、当教会牧師に着任する父・司祭 松岡安立師に連れられ長崎へ。
12歳で被爆。祖父・司祭 松岡林治師も元当教会牧師。



【 お問い合わせ 】 柴本孝夫司祭 長崎聖三一教会 電話/Fax 095(823)0455
主催 日本聖公会長崎聖三一教会 ・ 日本聖公会九州教区

2018.04.06 | 各教区の活動・お知らせ・その他

東日本大震災7周年を迎えて

東日本大震災7周年の日に向けて、東北教区から祈りの集いの案内をいただきました。
どうぞお祈りの内にお覚えください。



20180311_inori.jpg

東日本大震災7周年を迎えて
同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを

主の平安をお祈りいたします。
大斎節に入り、皆様方には自らをふりかえる心豊かな時をお過ごしのことと思います。また日頃より被災地と震災被災者や原発事故被害者の方々を覚えてお祈りくださっていること、心より感謝申し上げます。

さて、東日本大震災が起こってから7年目を迎えました。
東北教区では宣教部を中心に、この日をどのように迎えるかを思い巡らせてまいりました。
ことに今年は3月11日が日曜日(大斎節第4主日)ですので、全教会が合同して祈りの時を持つことが困難であるということもあり、同封のご案内のように、教区内12教会で祈りの集いを持つことになりました。

その集いは、「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」という意図で、可能な限り午後2時30分から、同じ祈りの言葉(式文)を用いて、祈りと黙想の時を持ち、大震災の発生した午後2時46分には想いを一つにして黙祷することができれば、と願っております。
この集いにご一緒いただけますなら、とても感謝です。

また、遠方等のために東北教区諸教会の集いへの参加は難しいけれども、「同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを」との私たちの思いをお汲み取りくださいますなら、どうか皆様方がお住まいの各々の場で、同封の式文等を用いてお祈りいただければ幸いです。
その祈りの輪で結ばれ、包まれるることが、わたしたちにとって、また被災地の皆様にとって、深い癒しと励ましになるであろうと信じます。

復興への道のりはまだまだですけれども、イエス様がその旅路を共に歩んでくださることを信じ、これからもご加祷・ご支援をお願い申し上げます。

在  主

2018年2月20日
日本聖公会東北教区主教  主教 ヨハネ 吉田 雅人
日本聖公会東北教区宣教部長  司祭 ステパノ 越山 哲也


祈りの言葉(式文)とポスターのPDFデータは、下記からダウンロードできます。

◆午後2時46分の黙想 ―同じ時 想いを一つに 皆で祈りを―(式文)PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_shikibun.pdf

◆「午後2時46分の黙想」ポスター PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_inori.pdf

印刷版を今月末に発送される「管区事務所だより」と共にお届けいたしますので、
必要に応じてコピーするなどして、ご利用ください。

2018.02.22 | 各教区の活動・お知らせ・その他

(ご案内)21世紀キリスト教社会福祉実践会議 第11回大会

20180210.jpg

21世紀キリスト教社会福祉実践会議(超教派の集まり)から、第11回大会のご案内をいただきました。
ご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。



貧困・差別とたたかうキリスト教社会福祉
~すべての人が兄弟姉妹として生きるために~

日時: 2018年2月10日(土) 10:00~16:00
会場: 日本キリスト教団 天満教会
     (大阪市北区天神西町4-15)
参加費:2000円(学生1000円)

詳細と申込方法については、下記のリンク先をご覧ください。
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/180210 flyer.pdf

2018.01.22 | 各教区の活動・お知らせ・その他

被爆72年 長崎原爆記念礼拝 〈聖餐式〉

小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。 ルカ 12:32

被爆72年 長崎原爆記念礼拝 〈 聖 餐 式 〉
死の同心円から平和の同心円へ

今から72年前、広島、長崎へ相次いで、アメリカ軍により原子爆弾が投下されました。
そしてそれぞれの投下地点から“死の同心円”が広がりました。
私たちは多くの失われた命、傷ついた命を思いながら共に祈り、“平和の同心円”を広げていく働きを担ってまいりたいと思います。
ぜひご参列ください。



~すべての被爆者を覚えて 主の平和の実現のために~
長崎に原子爆弾が投下された11時 2分 あの日を思いつつ黙祷を捧げます。

8月 9日(水)10時30分~
日本聖公会長崎聖三一教会

司 式 主教 武藤 謙一(九州教区主教)
説 教 主教 朴 東信 (大韓聖公会釜山教区主教)
式典長 司祭 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
その他の聖職も司式・補式等に加わる可能性があります。

【 記念礼拝前後のプログラム 】
 ・8月 8日(火)宗教者平和の祈り
 ・8月 9日(水)午後、会食(愛餐会)。引き続き、証言、記念プログラム。
   証言者 山川剛(やまかわ たけし)氏。
   1936年長崎市生まれ。1945年8月9日、8歳で被爆。

【 お問い合わせ 】 柴本孝夫司祭  長崎聖三一教会

主催 日本聖公会長崎聖三一教会 ・ 日本聖公会九州教区

2017nagasaki.jpg

2017.07.12 | 各教区の活動・お知らせ・その他

広島平和礼拝2017のご案内

『小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる』
(ルカによる福音書12:32)


6年前に発生した東日本大震災により、福島第一原子力発電所がメルトダウンして放射能が大気中に飛散し、多くの地域が汚染されました。

現在でも9万4千人が元の場所に戻ることができずに不便な生活を送っておられます。避難指示解除が今年3月で終わりますが、6年の歳月は住宅の荒廃を促進させ、汚染土が除去され帰宅が可能となっても、インフラや、高齢化社会では不可欠な社会福祉施設の整備、森林が70%占める福島県において、森全体の除染も、今後、健康な生活を送るためには不可欠なのです。その結果、避難者の約半数は帰宅を望んではいません。一方、発電所の事故で、避難住民への賠償や廃炉に必要な費用は少なく見積もっても21.5兆円となり、気の遠くなる金額を誰かが負担する必要に迫られています。

大震災前、電気全体の約3割を原子力に頼ってきました。原子力発電は安くあがるというのが主な理由ですが、地震大国の日本では、事故のリスクを軽減することは極めて困難なのです。私たちにできることは、家庭や会社、諸施設の電力消費を極力抑え、人間の英知を結集して、再生可能エネルギーへの取り組み推進を訴えることです。

放射能の恐ろしさを再認識する場はヒロシマ・ナガサキです。平和礼拝には、できるだけ多くの若者を広島の地に派遣してくださり、心をひとつにし、「主の平和」をともに学び、行動し、祈る機会としたいと考えております。各教区主教様におかれましては、各教会の教役者・信徒の皆様に知らせてくださり、平和礼拝に参加してくださいますよう、お願い申し上げます。

※参加申込の受付はすでに終了しておりますが、どうぞお祈りの内にお覚えください。



広島平和礼拝の目的
1.原爆犠牲者を追悼し、世界平和のために祈る。
2.次代を担う人たちに原爆の悲惨さ・戦争の愚かさを伝える。
3.「主の平和」を学び、その実現のために活動する。

■ 行事名:広島平和礼拝2017
■ テーマ:ともに学び、行動し、祈ろう。そして一歩前へ。
■ 聖 句:『小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる』
                (ルカによる福音書12:32)
■ 開催日:2017年8月5日(土)- 6日(日)

■ プログラム
5日(土)
9:30 碑巡り
① 入門編(平和公園~原爆資料館) ※集合場所:原爆資料館前
② 大本営跡編 ※集合場所:日本聖公会広島復活教会
11:00 受付開始  
昼食
12:45 被爆証言
講師 : 益田遥さん
演題 : 私の8月6日 ~母の被爆体験を伝えて~
14:45 ブレーク
15:00 分かち合い
16:10 軽食   以上、すべて〈広島復活教会〉

 平和公園に向けて出発
17:30 カトリック教会との合同プログラムを予定
祈りのつどい、平和行進など    〈平和公園〉

18:00 『祈りのつどい』 ※平和行進に参加しない方々のため   〈カトリック世界平和記念聖堂・地下聖堂〉
19:00 カトリック教会との合同礼拝
   
6日(日)
6:15 原爆死没者慰霊行事    〈平和公園供養塔前〉
8:00 朝の礼拝(平和記念礼拝) ※8:15に黙祷

10:30 広島原爆逝去者記念聖餐式
司式・説教:日本聖公会九州教区 武藤謙一 主教
      〈広島復活教会〉

2017.07.12 | 各教区の活動・お知らせ・その他

ウィリアムス祭について

ウィリアムス神学館学生会よりご案内をいただきました。
皆様ぜひ足をお運びください。




来る10月31日(月)に下記の通り「ウィリアムス祭~九州地震を憶えて~」を開催させていただくことになりました。

企画内容といたしましては、礼拝、喫茶室の開設、神学生の日常生活を紹介する展示コーナー、九州教区の武藤謙一主教による講演会等を予定しています。

私ども神学生の「祈り」・「学び」を中心とした日常生活を皆様にご紹介させて頂きつつ、神学館ならではの「祭り」となるよう鋭意準備を進めているところでございます。




日時  2016年10月31日(月)13時30分から
場所  京都教区センター オリーブ・パーム
内容  講演: ルカ 武藤謙一主教(九州教区)
「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう」(ルカ 8:35)
     九州地震写真展
     喫茶(ニコラス館)
     唱詠夕の礼拝(16時30分~)

16ウィリアムス祭

2016.10.05 | 各教区の活動・お知らせ・その他

台風による災害報告/北海道教区

主の御業にお励みのことと存じます。
この度は、北海道の台風被害に対してお見舞い、お祈りをいただき大変ありがとうございます。

北海道は観測史上初めて、1週間に3つの台風が上陸し、亡くなられた方々がおられ、また上川、北見、十勝地方を中心に、風雨による大きな被害が発生しました。現在も鉄道や道路網が寸断され、物流に多大な支障が出ております。また、家屋の床上浸水も大変な数に上り、基幹産業である農業の損害は甚大で、今後、全国の食糧事情にも影響がでることが懸念されます。

教会関係では、信徒の家屋、教会建物に若干の被害がありましたが、大事に至ったとの報告は受けておりません。

いずれにしても、北海道全域で物流や産業が回復するのには、かなりの時間を要するものと思われます。引き続き、お祈りの内に加えて下されば幸いに存じます。また新たな情報が入りましたらお知らせ申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

主の平安がありますように。

北海道教区事務所主事
司祭 コルベ 下澤 昌

2016.09.06 | 各教区の活動・お知らせ・その他

被爆71年 長崎原爆記念礼拝 〈聖餐式〉 /九州教区

わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ヨハネ15:4

被爆71年 長崎原爆記念礼拝 〈聖餐式〉
死の同心円から平和の同心円へ



昨年2015年は被爆70年の年。そして今年71年目を迎えました。 当時16歳であった当教会信徒・被爆者 西本信夫兄も86歳となられました。 長い年月が過ぎ、何とか生きながらえてきた多くの被爆者が次々に天に召され、直接の証言をお聴きすることもますます困難になりつつあります。 私たちは平和の主に従って歩み、今なお続くさまざまな争いと分裂、また憎しみと暴力の連鎖を断ち切るためにも、被爆者を通して語られる大切な声に聴いてまいりたいと思います。 今年も、原爆で失われた命また後遺症に苦しむ人々を覚えつつ、長崎から“平和の同心円”が広がるように、ぜひご一緒に祈りを捧げましょう。



戦後70年を覚えて

真理と平和の源である全能の神よ、アジア・太平洋戦争終結から70年を迎えたわたしたちは、すべての犠牲者の魂をあなたの憐れみの御手にゆだねて祈ります。 また今もなお痛みや苦しみの内にある人びとを覚え、主にある平安が与えられますよう お祈りいたします。 そして、わたしたちが過去の歴史から目をそむけず、地上の平和を脅かし、あなたの似姿に創造された一人ひとりの命と尊厳を奪い去るあらゆる戦争と暴力に対して、目を開き、声を上げ、あなたの平和の器となることができますように、知恵と勇気をお与えください。 父と聖霊とともに一体であって世々に生き支配しておられる主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
(2015年 主教会作成)




前後のプログラム

8月 8日(月)19:00
原爆殉難者慰霊祭
於・原爆落下中心地公園

■ 記念礼拝(聖餐式) 10:30~ 於・2階 礼拝堂
~「平和の同心円」を意識し、丸くイスを配置して礼拝を捧げます~

【役 割】
司 式 : 主教 ル カ 武藤 謙一(九州教区主教)
主教 アンデレ 中村 豊(神戸教区主教)
主教 ダ ビ デ 上原 榮正(沖縄教区主教)
説 教 : 主教 ローレンス 三鍋 裕(横浜教区主教)
式典長 : 司祭 マ ル コ 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
その他の聖職も司式に加わる可能性があります。

【式 文】 専用の『式文』を用意します。(祈祷書の持参は必要ありません。)

【黙 祷】 原爆投下時刻-午前11時2分に黙祷を捧げます。

【献 花】 作成した同心円形の台に献花をします。

【祝 福】 聖水による祝福(洗礼の約束の更新)。

【各教会へ祈り連携のお願い】
各教会での礼拝と一体感を持ちたいと願っています。そこで・・・
*ぜひ多くの信徒・教役者の参加をお願いいたします。
*後日お届けする専用の用紙を用いて、7月中に各教会で、ひとり一言の平和 メッセージを集めて、長崎聖三一教会へ8月6日必着でお送りください。 当日礼拝堂内に掲示する予定です。

○近い主日8月7日の礼拝で・・・
*広島・長崎の被爆者を覚えつつ、文書「長崎聖三一教会被爆逝去者29名について」(後日掲載予定)を、礼拝中または礼拝後に、ご紹介ください。
*礼拝の中で聖歌第422番「長崎の空は」をお用いください。

○8月9日当日に礼拝をする場合には・・・
*原爆投下時刻-午前11時2分の黙祷をお捧げください。
*鐘がある教会は、鐘を鳴らして連帯しつつお祈りください。

■ 愛 餐 会 12:20~ 於・1階 ホール

■ 記念プログラム
13:00~ 於・2階 礼拝堂 および 市内

【集 会】 13:00~14:00 於・2階礼拝堂
被爆証言 - 森口 貢(もりぐち みつぎ)氏

【フィールドトリップ】 14:00~
A.聖公会さるく (約1時間コース)
オランダ坂、C・М・ウィリアムズ宣教師館跡、英国聖公会会堂跡碑、出島神学校跡など。
B.岡まさはる記念長崎平和資料館(加害展示資料館)見学 (見学約1時間)
JR長崎駅から徒歩約10分のところです。

● お 願 い
・申込は必要ありませんが、会場・食事の準備の都合上、7月31日までに、各教会・団体ごと に参加人数及びフィールドトリップの参加者数(A-○名、B-○名)をお知らせください。

● そ の 他
・前泊(8月8日宿泊)用のホテルを若干押さえています(シングルまたはツイン)。
必要な方は柴本孝夫司祭へ7月上旬までにお申し出ください。
・プログラムは、天候その他の事由により変更される場合があります。
・8月9日の長崎は大変混雑します。時間の余裕を持ってご移動ください。
・お問い合わせは、柴本孝夫司祭まで。長崎聖三一教会 電話/Fax 095(823)0455


s-2016nagasaki.jpg

2016.06.09 | 各教区の活動・お知らせ・その他

リーフレット「平和がいま、こわれそう…」送付について

+主の平和がありますように

イースターと春が来た喜びのうちにお過ごしのことと存じます。
聖公会の信徒を含む「Peace Up 九条可視化の会」という有志のグループから、管区正義と平和委員会・憲法プロジェクトに「平和がいま、こわれそう…」というリーフレットの配布依頼があり、承諾の上でお送りいたします。安全保障関連法の問題点や緊急事態条項を簡潔な文章で説明し、現政権が進めてきた政策の流れを分かりやすく図解しています。

教会で政治的なことはちょっと…?と感じられるかも知れませんが、かつての過ちを繰り返さないためにも、いのちの大切な課題としてお一人お一人が考えていただけたらと願っています。どうぞ手にとってお読みくださり、掲示などでご案内くだされば幸いです。

2016年4月5日
日本聖公会 管区事務所
総主事 司祭 矢萩新一




リーフレット「投票へ行こう!Let’s Vote」のご案内

STOP! 安倍政権! 「アベ政治を許さない」 そう思っているけど、

「経済大事だし」と カフェで談笑している若い人たちに、
「忙しくて、それどころじゃないから」と子どもの進学を心配する親たちに、
「政治は政治家に任せておけばいいよ」と一日働いてやっと家でテレビを見ているおじさん、おばさんに、
「安倍さん、リーダーシップあるわよね」という、趣味のサークルの友だちに、
「政権批判なんてまずいだろ」という、職場の同僚に、

「いや、もうほんとに危険なんだって!」
「次の参議院選挙で自・公に入れたら、危ないの! だからちゃんと考えて投票して!」
と、どうやって、伝えたらいいのでしょうか?

そんなとき、「これ、ちょっと読んでみて」と渡せるリーフレットを作りました。

手に取りやすいデザイン、パッと読めるわかりやすい内容を目指しました。

いつもはそんな話が出来ない相手に、まず最初のきっかけを!
ほんの一歩踏み出す、ひとりひとりの勇気が、きっとつながって未来を変えると信じます。

◎リーフレットは2枚渡して、「誰かに1枚渡してね」と言ってみることを、お勧めします!

【申込み・問合せ】 「Peace Up 9条可視化」の会
http://peaceup9.jp/


letsvote.jpg
1辺12.8cm

2016.04.04 | 各教区の活動・お知らせ・その他

NCC宗教改革500年記念

2017年宗教改革500年を記念し、第7回日独教会協議会(NCC日本キリスト教協議会・ドイツ教会関係委員会企画)が4月22日~29日まで在日本YMCAを会場に行われます。
その企画の一環として、講演者の方々をNCC加盟教派の教会で主日にお迎えすることになりました。どなたでも自由にご参加いただけますので、どうぞお越しください。お待ちしております


NCC宗教改革500年記念:第7回日独教会協議会 主日説教および昼食交流会
宗教改革とディアコニア(仮題)

説教者:クラウディア・オスタレク(Claudia Ostarek)氏
ドイツ福音主義教会(EKD)の東アジア・オーストラリア・太平洋・北アジア担当幹事。幹事になる前は、牧師として 20年、地域の教会で奉職。

s-ClaudiaOstarek.jpg


通訳:竹内 謙太郎 司祭(日本聖公会東京教区退職司祭)

日時:2016年4月24日(日)10:30~聖餐式
※礼拝後、昼食をとりながら自由に歓談

場所:日本聖公会 阿佐ヶ谷聖ペテロ教会
杉並区阿佐谷北2-16-11  TEL 03-3338-4145


チラシはこちらからpdfでご覧いただけます

2016.04.04 | 各教区の活動・お知らせ・その他

聖バルナバミッション設立100年記念ウィークについて

英国聖公会から宣教のために東京で生活していたメアリ・ヘレナ・コンウォール・リー女史は、ハンセン病を抱える人々のため奉仕することを決意し、草津湯之沢に1916年(大正5年)に移り住みました。これが聖バルナバミッションの始まりです。リー女史は私財を用い、また、英国や米国からの寄付を受け、教会・幼稚園・女子ホーム・男子ホーム・夫婦ホームなど必要と思われる施設や事業を次々立ち上げました。

2016年はリー女史が草津に居住し、聖バルナバミッションが始まってから100年目の記念すべき年です。リー女史の働きを覚え、感謝し、伝えたいと願い、2016年5月1日(日)~7日(土)を記念ウィークとし、様々なイベントを用意しました。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日本聖公会北関東教区
聖バルナバミッションとリー女史記念事業推進委員会(通称:草津委員会)
委員長 菊池邦杳




【イベント概要】
・講演会@草津聖バルナバ教会
・フィールドトリップ
 楽泉園:重監房資料館・重監房跡・社会交流館等
 草津町:旧湯之沢地区などバルナバミッションゆかりの場所
・いっしょに歌おう♪@聖マーガレット館前庭
・日本聖公会北関東教区信徒一致の日合同礼拝(日本聖公会北関東教区主催)@草津楽泉園中央会館
・草津聖公会霊園訪問
・記念週間閉会礼拝@聖慰主教会
・ガーデンカフェ開催@聖マーガレット館前庭

会期中はリーかあさま記念館の開館時間を延長します
群馬県吾妻郡草津町大字草津289草津聖バルナバ教会に併設
10:00~17:00〔入場無料〕

※講演会・フィールドトリップ・草津聖公会霊園訪問はお申込みが必要です。


主催:日本聖公会北関東教区 聖バルナバミッションとリー女史記念事業推進委員会(通称:草津委員会)
協力:栗生楽泉園入園者自治会

s-barnaba100thflyer.jpg


聖バルナバミッション設立100年記念ウィーク特設ブログ
http://stbarnabasm100th.seesaa.net/

2016.03.30 | 各教区の活動・お知らせ・その他

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary