「被災者支援センターしんち」「だいじに・東北」感謝・礼拝と集い


東北教区「いっしょに歩こう・パートⅡ だいじに・東北」から届いたお知らせを掲載いたします。




日頃、皆様には「だいじに・東北」へのご理解とご協力を賜り感謝申し上げますと共に、衷心より御礼申し上げます。

2011年の東日本大震災発生後、日本聖公会が取り組んだ「いっしょに歩こう!プロジェクト」の2年間、さらに「いっしょに歩こう・パートⅡ だいじに・東北」の2年間と合わせての4年間、被災地元町民の皆様、仮設自治会、役場をはじめ、東北教区はもとより、日本聖公会全国各地、ひいては全世界の聖公会信徒の皆様から篤い祈りと、協働・交流・支援を戴きました。本当にありがとうございました。「だいじに・東北」は計画通り5月末日を持ちまして一区切りし、現在の形での活動を終了することとなります。

つきましては下記のとおり2つの《感謝・礼拝と集い》を執り行いますので、皆様万障お繰り合わせの上、ご参集賜りますようお願い申し上げます。


◇被災者支援センターしんち 感謝閉所礼拝と集い
日時:5月16日(土)13:00~15:00
会場:センターしんち
プログラム:祈り~あいさつ~歓談・交流
その他:ティータイム、ひと言トーク、ライブ…など((裏面参照))

◇「だいじに・東北」の2年 感謝聖餐式と集い
日時:5月23日(土)11:00~14:00
会場:東北教区主教座聖堂 仙台基督教会 聖堂およびホール
プログラム:聖餐式~軽食~歓談・交流
その他:スピーチ、アピール…など

日本聖公会東北教区
東日本大震災被災者支援「だいじに東北」  
代表 主教 加藤 博道
被災者支援センターしんち
センター長 司祭 長谷川 清純


*なお、新地町に於いては、6月1日より新たに、日本聖公会「原発と放射能に関する特別問
題プロジェクト」の運営の下に、雁小屋仮設で支援活動が開始される予定です。
*東北教区の今後については、改めてお知らせ、ご案内いたします。

2015.05.08 | いっしょに歩こう!プロジェクト

「いっしょに 歩こう!プロジェクト」二年の活動を終えて そしてPartⅡへ

主の平和
 二年にわたる東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!プロジェクト」の
働きは5月末を持って終了いたします。それに際し、5月25日付で『「いっしょに
歩こう!プロジェクト」二年の活動を終えて そしてPartⅡへ』という文書が出
されました。プロジェクト代表(首座主教)、本部長(東北教区主教)よりのご
挨拶・感謝、また「いっしょに歩こう!パートⅡ」としての今後の働きについて
のことが記されています。

 なお、同内容の文書は6月1日付発行のプロジェクトのニュースレター(第
21号)にも掲載されますが、どうぞ教会、ご関係の皆様にご案内くださり、お
読みいただきますようお願い申し上げます。また、必要に応じてご掲示もいただ
ければ幸いです。
主にあって。

   
2013年5月27日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相沢牧人



「いっしょに歩こう!プロジェクト」二年の活動を終えて そしてPartⅡへ
※クリックするとpdfファイルが開きます

2013.06.03 | いっしょに歩こう!プロジェクト

中間報告書の送付について

主の御名を賛美いたします。

東日本大震災発生以来の、皆様の力強いご支援とお祈りに心より感謝申し上げます。とくに昨年5月に日本聖公会の組織的な取り組みとして「いっしょに歩こう!プロジェクト」がスタートして以来、多くの献金、支援物資、また多くの篤い志をもったボランティア活動の参加者が与えられてきました。

このたびプロジェクト活動の『中間報告書』をまとめましたので、送らせていただきます。多くの不十分さも含んだ活動であると自覚していますが、どうぞご覧いただき、さらなるご指導とご支援を賜りますよう、また被災地の状況はいまだ極めて厳しいものであることをお覚えいただき、お祈りくださいますようお願いいたします。


各教区事務所・教務所宛ての分について
常置委員会、教区主事等、また東日本大震災の支援担当の方等に、よろしくご配布お願いいたします。

聖公会関係学校宛ての分について
学校長、東日本大震災の支援担当の方等へよろしくお願いいたします。


*予備の部数は限られておりますが、もしもさらに必要な場合、その他ご不明の点は下記までご連絡、お問い合わせください。

「いっしょに歩こう!プロジェクト」(仙台オフィス)事務長 松村豊
電話022-265-5221



日本聖公会東日本大震災被災者支援
「いっしょに歩こう!プロジェクト」
本部長 主教 加藤博道(東北教区)






■お詫びと訂正


2012年7月1日に発行致しました、いっしょに歩こう!プロジェクト「中間報告書」に誤りがありました。以下の点をお詫びの上訂正させて頂きます。

12ページ  本文2行目 
誤:「いわき市は人口約3万4千人に対し・・・」
正:「・・・・・・・約34万2千人に対し・・・」

今後このようなことのないよう一層注意してまいります。
どうぞ、宜しくご理解の上、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。


日本聖公会東日本大震災被災者支援
いっしょに歩こう!プロジェクト
事務長 マルコ 松村豊
2012年7月28日

2012.07.23 | いっしょに歩こう!プロジェクト

いっしょに歩こう募金 ―日本聖公会東日本大震災被災者支援―

主の平和
 震災から6ヶ月が過ぎました。まだまだ、様々な困難なうちにある方々への支援の必要性を強く感じます。「東日本大震災のための祈り」を続け、「いつも共におられる慰めの主のみ姿を見出すことが出来ますように」との願いの実現へと歩みたいものです。
 被災者支援の一環として、管区では、「いっしょに歩こう!プロジェクト~日本聖公会東日本大震災被災者支援」を立ち上げ、仙台に本部オフィスを構え、態勢を整えつつ、並行して支援活動を実施しております。
 日本聖公会は、3月14日付で緊急募金のお願いを関係各位にいたしました。多くの方々、教会、学校等からの応答をいただき、8月末現在で国内募金が84,865,657円、海外からは85,121,637円が、その他の収入として74,982円の合計170,062,276円が献げられました。


<緊急支援募金の終了> 
 緊急募金は8月末を持って終了いたしました。献げられた緊急支援募金は以下のように活用させていただきました。
  ① 被災教会・施設修復のための緊急支援として
  ② 支援物資等の緊急支援として
  ③ 緊急支援活動を支えるための活動諸費として  
  ④ 支援のために使用する建物の修復・設置費用として
  ⑤ 「いっしょに歩こう!プロジェクト」の活動費用として
   現在総額で101,878,877円が支援活動等のために支出されています。また、今後ボランティア
  ベースの耐震補強工事、外国人支援プログラム、各ベースでの支援活動費、事務局経費、被災者
  への見舞金、等々への支出が予定されています。
 

<いっしょに歩こう募金を!>
 プロジェクトは当面2年間を期限としています。その後の活動については、2年後に検討されます。その時点では、東北教区や地域に、あらたな支援継続のためのプログラムを託して展開していくことも視野に入れております。また、教会建設などは地域全体の新しい復興計画の中で検討されることが望ましいと考えます。そうなりますと、プロジェクト活動期間内での完結は大変難しく、長期的な支援が求められます。
 被災された方々への意味ある働きを継続していくため、引き続き「いっしょに歩こう募金」へご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


<募金振込先>
 郵便振替 口座番号 00120-0-78536 口座名  日本聖公会
 (口座番号・口座名に変更はありません)
 振替用紙に「いっしょに歩こう募金」と明記してください。



2011年9月25日
いっしょに歩こう!プロジェクト 運営委員会


midori.jpg


2011.10.03 | いっしょに歩こう!プロジェクト

For the Victims of the Great Earthquake of Eastern Japan

Merciful God, our Father in Heaven, we mourn the many people who have lost their lives in the Great Earthquake of Eastern Japan. Lord, in your great mercy, please let them rest in peace. We also pray that those who are grieving over the loss of loved ones may, by your strength, and with your loving solace be able to continue with their lives.

With your loving hand, please support and protect those who have been scattered by the disaster; those who have lost their homes; the sick and injured, and those in a position of weakness, especially the disabled, the elderly, and foreigners.

Comfort the unhappy, distressed, and lonely and those who at the point of losing hope, and give them the courage and desire to live. We ask that the shelter they require is given to those who have been obliged to evacuate and are forced to live in uncomfortable conditions. Please also guide and sustain the people working towards the restoration of the disaster area, especially those who are engaged in dangerous work,( , , ).

With one accord we pray that we can find you, the consoling Lord, who is always with us.

We offer this prayer in the name of the Lord Jesus Christ.

Amen.

(Written by the Worship Committee and approved by the Bishops Committee April 2011)




You may have this prayer by PDF file
http://www.nskk.org/province/others/prayer_earthquake.pdf

2011.08.09 | いっしょに歩こう!プロジェクト

The "Let Us Walk Together" Project

The "Let Us Walk Together" Project
NSKK Support for Victims of the Eastern Japan Earthquake

Greeting from the Project Director

The peace of Christ be with you. May 19, 2011

The earthquake which struck the Tohoku and Kanto regions and most of eastern Japan on the afternoon of Friday, March 11, 2011 registered a 9.0 magnitude―the strongest earthquake in the country's history. The resulting enormous tsunami wrought unprecedented death and destruction up and down the coast, particularly in the prefectures of Iwate, Miyagi, Fukushima, and Ibaraki. Current figures show roughly 30,000 people dead or missing. Many have lost family and friends, homes and savings. Many still have no choice but to stay in emergency shelters. Moreover, this cataclysmic event seriously damaged the Fukushima nuclear plant, resulting in radioactive pollution which has forced not a few people to leave the familiar surroundings of their homes.

Immediately after the earthquake, the NSKK created a disaster response headquarters and began a nationwide call for contributions to an emergency relief fund. Also, in cooperation with a similar response headquarters established by the Diocese of Tohoku, we began asking churches throughout Japan for emergency relief and needed supplies. Supplies were collected at two sites, the Chubu diocesan center in Nagoya and St. Andrew's Cathedral in the Diocese of Tokyo. With the help of various dioceses, collected supplies were periodically transported to the Tohoku headquarters. From there, they were distributed as needed to churches and lay members, related institutions, and emergency shelters in the disaster-stricken areas.

On April 1, an initial meeting of disaster response-related representatives from the various dioceses was held. It was determined that essential infrastructure and supplies were slowly being restored to disaster-stricken areas. Accordingly, we stopped collecting supplies on April 15, and sent final shipments to the Diocese of Tohoku after that.

At a second meeting on April 12, representatives agreed that it was time for support efforts to move to the next stage. Given the enormity of the destruction involved, the long period of time that will be needed to restore and rebuild the region, and the international responsibilities associated with the damaged nuclear plant, it was clear that the affected dioceses could not be asked to shoulder the support burden alone. While respecting the social context and history of the devasted regions, participants in the meeting recognized the need for an organized response from the NSKK as a whole. Representatives agreed on a direction going forward: To carry out support operations drawing on nationwide cooperation under a new support structure, which would include deploying staff and volunteers chosen from throughout Japan to Sendai and other disaster-stricken areas.

At its meeting on April 14, the Executive Council of the NSKK gave the go-ahead for this


direction, and a steering committee for NSKK-related support and rebuilding activities was subsequently formed. The first meeting of the steering committee was held in Sendai on April 29, in which various avenues for future activities and structures were discussed, including the opening of a Sendai office.

The steering committee issued the enclosed mission statement, calling for help in supporting the victims of the disaster not only from the various churches and related groups of the NSKK, but also in cooperation with other church demoninations and overseas churches as well. We humbly ask for your understanding and support, and especially your prayers for the success of this undertaking.

I would also like to share the news that the Sendai office was formally opened at a Holy Eucharist held at 10:00 a.m. on Thursday, May 6, at Christ Church in Sendai.

In Christ,

The Most. Rev. Nathaniel Uematsu,
Primate of Nippon Sei Ko Kai (NSKK)






Mission Statement for NSKK Support for Victims of the Eastern Japan Earthquake

Project Name:
The "Let Us Walk Together" Project
NSKK Support for Victims of the Eastern Japan Earthquake

Guiding Statements:
* We will walk together in respect for all who face hardships arising from the Eastern Japan Earthquake.
* We will walk together toward the rebuilding of the lives and communities of the victims.
* We will walk together, encouraged that our Lord Jesus Christ also walks together with us.

Focus of Activities:
1.We will carry out activities with attention to disaster victims facing particular hardship (elderly, children, those with disabilities, foreign residents, low-income people, refugees)

2.We will carry out activities with great concern for the nuclear accident and its effects, gathering and distributing information, and pursuing responsible actions both in Japan and abroad.

3.We will carry out activities supported by the prayers and monetary contributions of Anglican churches throughout Japan and the world. We will respond to such prayers and support through our reporting and publicizing of relief conditions and relief activities.

4.We will carry out activities from operating bases located in disaster-stricken areas, establishing a central support office in Sendai. We will hire dedicated staff and recruit volunteers.

5.We will carry out activities in conjunction with Anglican schools and other institutions, as well as with brothers and sisters from other church denominations.

6.We will carry out activities to support Anglican lay members affected by the earthquake, and toward the rebuilding of affected churches and facilities.

7.We will carry out activities in cooperation with the dioceses affected by the disaster, and with all NSKK dioceses, as a work of the whole Anglican church in Japan.

Structure and Roles:
1.NSKK will form "The 'Let Us Walk Together' Project: NSKK Support for Victims of the Eastern Japan Earthquake." The project office will be located in Sendai.

2.A project steering committee will be formed, and will direct all project operations.

3.An office head and several staff members will be hired for this project. They, along with volunteers, will conduct support activities through the Sendai office and in other disaster-stricken areas.

4.This project will conduct public relations, liaison, and accounting functions with the cooperation of NSKK Provincial Office staff.

5.This project will manage funds raised within the NSKK for the work of supporting disaster victims, and will be responsible for the use of such funds.

Organization:
The "Let Us Walk Together" Project: NSKK Support for Victims of the Eastern Japan Earthquake
Director:The Most. Rev. Nathaniel Uematsu, Primate, NSKK
Manager:The Rev. Jun Nakamura (Diocese of Tokyo, Provincial Secretary for Mission)
Steering Committee:
The Rev. Makito Aizawa (Provincial General Secretary)
Ms. Kei Ikezumi (Diocese of Chubu)
The Rev. Sinnya Ohmachi (Diocese of Hokkaido)
The Rt. Rev. Hiromichi Kato (Diocese of Tohoku)
The Rev. Tazu Sasamori (Diocese of Tokyo)
The Rt. Rev. Yutaka Nakamura (Diocese of Kobe)
The Rev. Kiyoshi Nomura (Diocese of Chubu)
The Rev. Kiyosumi Hasegawa (Diocese of Tohoku)
Ms. Keiko Murai (Diocese of Yokohama, Chair of NSKK Women's Association)
+ several local staff




You may have this statement by PDF file
http://www.nskk.org/province/others/statement_isshoni.pdf

2011.08.09 | いっしょに歩こう!プロジェクト

南三陸町志津川プロジェクト

今回の訪問では南三陸町の志津川のプロジェクトに同行しました。
震災、特に津波の爪痕がまだまだ深く残る志津川はフィリピンから嫁いでいらした方が多く住む地域です。

s-RIMG0417.jpg s-RIMG0408.jpg

いっしょに歩こう!プロジェクトでは、外国からいらした方々への支援も念頭に置いています。国際子ども学校や可児ミッションとの関係で、フィリピンの方々とのコネクションを活かして何かお手伝い出来ることは無いかと模索する中で、志津川に住むフィリピンからいらした方々との繋がりが生まれました。また、志津川には震災前にはおもちゃ図書館があり、聖ペテロ伝道所が協働の場としていた地域でもあります。

フィリピンからいらした方々は日常会話なら問題ないのですが、スピーカーから流れる地震、避難、津波などの聞きなれない単語を聞き取るのは難しく、また震災後の重要な連絡も日本語なので正確に理解するのは困難であり、多くの不安を覚えたと聞いています。

また、多くの方が被災しており、住まいや仕事を失っています。再就職するにも漁師さんは船を失い、水産加工会社は被災し、働く場がありません。そこで、今後を見据えた場合どのような職に就くべきかと仲間内で相談した結果、介護福祉士が良いのではないかという答えが浮かびました。

その話を受け、いっしょに歩こう!プロジェクトとの歩みが始まりました。志津川の仮設住宅建設予定地の一角にアメリアさんというご婦人がご自分の英会話教室用プレハブ住宅を建てられ、そこを活動の場としてお貸しくださることになりました。その時点ではまだ設備が不十分でしたのでお部屋を使わせて頂くお礼に備品を提供し、こうして活動の場が備えられました。7月末ごろ、日本語の勉強が始まりました。最初は10名集まりましたが、ご家庭の事情やお住まいの関係で今は7名の方が勉学に励んでいらっしゃいます。

s-RIMG0505.jpg s-RIMG0452.jpg

介護福祉士の資格について調べていたところ、三幸福祉カレッジさんからご支援の要請を頂きました。本来ならば資格取得の為に通学しなくてはならないのですが、試験や実技も含め、志津川の拠点まで足をお運びくださり、授業を行ってくださることが決まりました。資格を取得しようにも都市部にある学校まで通うのは困難が伴います。この援助は大変助けにもなり、また励みにもなります。


日本語教室の始まりは、フィリピンのお母さんたちと一緒に来る子どもたちへの絵本の読み聞かせから始まります。それが終わると勉強の時間ですが、お母さんたちが勉強している間はスタッフが子どもたちを預かり、一緒に遊びます。私はこの子どもと遊ぶボランティアに参加し、外で汗だくになって遊ぶ男の子たちを眺めながら、女の子たちと室内でお絵かきをしたりおもちゃのピアノで演奏をしたりと楽しい時を過ごしました。

s-RIMG0467.jpg s-RIMG0472.jpg


勉強が終わると聖餐式に預かります。こうして一つに集められ、祈りの時を持つ機会が与えられるということはお恵みではありますけれども、震災の嘆願では、静かに泣かれる方もいらっしゃり、やはり皆さまが抱える不安や困難を考えずにはいられません。


s-RIMG0504.jpg

聖餐式の最後にタガログ語でwalang sinuman ang nabubuhayを歌いました。
日本聖公会聖歌集の418番です。

誰もひとりだけでは 生きてはゆけない
誰もひとりだけでは 死んでもゆけない
皆それぞれ お互いに 応えあう
神さまに結ばれた者だから

Walang sinuman ang nabubuhay. Para sa sarili lamang.
Walang sinuman ang namamatay. Para sa sarili lamang.
Tayong lahat ay may pananagutan sa isa't-isa
Tayong lahat ay tinipon ng Diyos na kapiling N'ya



震災当初のいっしょに歩こう!プロジェクトの支援は生活必需品の提供などでしたが、生活が安定してきたこともあり今後は地域の子どもたちへの修学支援などの地域に合わせた長期的な支援も始まるようです。顔や膝を突き合わせて行く内にニーズが生まれ、それらに少しずつ答えて行く。そういった支援の仕方がいっしょに歩こうプロジェクトらしさのように感じました。手探りで進んでいくうちに道が与えられ、繋がりが生まれていくというような印象を覚えます。

今回、私が参加させて頂いたミッションは志津川だけでしたが、どの働きの向こうにも被災なさった方や支援なさる方がいらっしゃり、多くの働きが生まれています。
どうぞ引き続き覚え、お祈りくださいますようお願い申し上げます。


s-RIMG0483.jpg



管区事務所 スタッフ

2011.08.08 | いっしょに歩こう!プロジェクト

仙台オフィス訪問

8月の頭に「いっしょに歩こう!プロジェクト」仙台オフィスにお邪魔して来ました。
東北教区教務所から徒歩1分程度のオフィスビルにあり、東北教区の加藤主教さまを本部長とし、管区宣教主事の中村淳司祭を事務局長に派遣され、全国各地から集まったスタッフやボランティアの方々がこのオフィスを拠点に活動しています。思いのほか若い世代の方が多く、オフィスは活気に溢れていました。


s-RIMG0374.jpg s-RIMG0367.jpg


スタッフやボランティアの多くは全国から集結していることもあり、ナザレ修女会仙台支部として使われていた趣き深い建物を中心に寝食を共にしています。就寝は同じ建物内、若しくは近くに借りたアパートを活用しています。食事の準備を自分達で行うこともありますが、ご準備くださる方も多くいらっしゃり、お手作りのお食事を頂くことが多いようです。支援活動に携わる他教派の方の訪問があるなど情報交換の場でもあります。


s-s-RIMG0595のコピー s-RIMG0592.jpg



今回は訪問しませんでしたが、青葉静修館も整備され、多くの方の受け入れ準備が整いつつあるようです。スタッフやボランティアの募集など、状況は日々変わります。詳細は専用サイトでご確認頂き、もしお働きにご興味がございましたら是非仙台オフィスにご連絡ください。

■いっしょに歩こう!プロジェクト特設サイト
http://www.nskk.org/walk/index.html

s-RIMG0397.jpg


レポート:
管区事務所スタッフ

2011.08.08 | いっしょに歩こう!プロジェクト

いっしょに歩こう!プロジェクトHPとニュースレターのお知らせ

いっしょに歩こう!プロジェクトのホームページがオープンしました。
http://www.nskk.org/walk/index.html
プロジェクト働きをお知らせしています。
是非ご覧頂き、お祈りください。

プロジェクトの働きの一環として、
ニュースレターも発行されました。
http://www.nskk.org/walk/letter/index.html
各教会経由で信徒の皆さまに配布予定です。

どうぞ宜しくお願い致します。

2011.07.26 | いっしょに歩こう!プロジェクト

「いっしょに歩こう!プロジェクト」ポスター掲示のお願い

主のみ名を賛美いたします。

先月、日本聖公会における東日本大震災の被災者支援活動として「いっしょに歩こう!プロジェクト」の活動が始まりました。植松誠首座主教を本部長、加藤博道東北教区主教を東北本部長とし、事務局長には中村淳司祭(東京教区)、仙台オフィス室長には長谷川清純司祭(東北教区)が任命され、徐々に体制が整ってまいりました。5月25日からは、仙台基督教会の近くのビルに事務所を構え、現在、ここには中村、長谷川両司祭をはじめ、スタッフやボランティアの方々が、連日、被災者から寄せられる様々なニーズに応答しながら、殊に仙台市内をはじめ石巻市、南三陸町、新地町など近隣の人々への支援活動を行っています。

一方、岩手県釜石市では釜石神愛教会・幼児学園を拠点に、いち早く北海道教区の聖職・信徒が活動を始めました。また、福島県いわき市小名浜では京都、大阪、神戸の三教区が協力して小名浜聖テモテ教会の周辺の被災者への支援を行っています。更に、原発事故による不安が増大している福島県内の教会・幼稚園への対応も求められています。

これまでは日々の対応に追われ、なかなか日本聖公会全体への広報が行き届きませんでしたが、7月からは定期的に活動状況などについての情報をお送りし、国内外の教会や関係諸施設の方々のご理解とご支援をお願いしたいと考えています。その先駆けとして、このたびポスターを作成し、各教会及び関係諸施設に配布させていただくことになりました。ぜひ、皆様の教会や施設に掲示してくださいますようお願いいたします。
尚、キリスト新聞6月25日号(第3188号)に「いっしょに歩こう!プロジェクト」の活動に関する記事が掲載されていますので、それも同封させていただきます。どうぞ、ご一読くださいますようお願いいたします。
今後とも皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

主にあって


2011年6月25日
いっしょに歩こう!プロジェクト
東北本部長 主教 加藤博道
事務局長  司祭 中村 淳


issyoni1106.jpg

2011.07.04 | いっしょに歩こう!プロジェクト

「いっしょに歩こう!プロジェクト」  ~日本聖公会東日本大震災被災者支援~ を始めるに際して

Ⅰ 挨拶と経緯

主の平和がありますように。
去る3月11日(金)午後、東北地方、関東地方など東日本一帯を襲ったマグニチュード9という国内観測史上最大の地震と、それによって引き起こされた巨大津波は、とりわけ岩手県、宮城県、福島県、茨城県など東日本沿岸部を中心に壊滅的な被害と犠牲をもたらし、現在、死者・行方不明者約3万人という未曾有の災害になりました。多くの人々が家族や友人、家や財産を失い、今尚、不自由な避難所生活を余儀なくされています。また、この地震と津波によって重大な損傷を受けた福島第一原発の放射能汚染によって、住み慣れた場所を離れざるを得なくなった人々も少なくありません。

日本聖公会では、大震災発生直後、管区事務所に「東日本大震災日本聖公会対策本部」を設置し、緊急募金を全国に呼びかけました。また、「東北教区災害対策本部」(以下「東北教区本部」)との連携により、さし当り、緊急支援として必要な物資を全国の教会に呼びかけ、中部教区センター(名古屋)と東京教区・聖アンデレ教会に集積することにしました。そして、集積された物資を、各教区のご協力を得て、随時、東北教区本部に運び入れ、そこから支援を必要とする被災地の教会、信徒、関係施設、避難所などに配布するという働きを行いました。

4月1日(金)に開催された「第1回東日本大震災各教区対策本部担当者の会(仮称)」(以下「担当者の会」)では、少しずつライフラインや物流も回復し始めていると判断し、4月15日をもって物資の集積を終了し、東北教区への搬入も4月中に終了しました。

4月12日(火)に第2回目の上記担当者の会が開催され、聖公会の支援活動も次の段階に向かう時が来たという共通理解を得ることができました。この大震災の被害の甚大さ、長期にわたる回復・復興への道のり、原発被害に対する国際的責任などを考えると、被災教区だけに重荷を負わすわけにはいきません。被災地が持つ固有の社会的背景や歴史を尊重しつつ、日本聖公会全体として組織的に取り組むことの必要性が分かち合われました。今後は、仙台はじめ被災地に全国から選出されたスタッフやボランティアを派遣することも含めた新しい支援体制を立ち上げ、全国的な協力のもとで被災者支援活動を行うことを確認いたしました。
この内容について4月14日(木)に行われた常議員会での承認が得られ、後日、「日本聖公会東日本大震災被災者支援復興本部運営委員会(仮称)」(以下「運営委員会」)が設置されることになりました。そして4月29日(金)に第1回目の運営委員会が仙台にて開催され、仙台オフィスの開設など、今後の活動内容や体制について検討がなされました。

運営委員会では、以下のような「被災者支援活動方針」を策定し、日本聖公会の諸教会、関係諸団体のみならず、他教派や海外の教会との連携と協働により、被災者への支援活動を呼びかけることにいたしました。つきましては、皆様の尚一層のご理解とご協力、またそのためのお祈りを賜りますようお願い申し上げます。

尚、去る5月6日(木)午前10時から、仙台基督教会にて行われた聖餐式をもって、仙台オフィスを開所しましたことをご報告申し上げます。

主にあって

2011年5月19日
日本聖公会 首座主教 
ナタナエル 植松 誠





Ⅱ 日本聖公会東日本大震災被災者支援活動方針(ミッションステートメント)

(1)名称:「いっしょに歩こう!プロジェクト」~日本聖公会東日本大震災被災者支援~

(2)スローガン 
①わたしたちは、東日本大震災により困難を負って生きる人々に敬意を払っていっしょに歩きます。
②わたしたちは、被災地の方々の生活と地域の再創造に向けていっしょに歩きます。
③わたしたちは、主イエス・キリストが、共に歩いてくださることに励まされていっしょに歩きます。

(3)活動方針
①震災被災者の内、特に困難の中にある方々に思いを寄せて活動を行います。
(高齢者・こども・障がい者・在留外国人・貧困層・避難民・・)
②原発事故とその影響について、深い関心を持ち、情報を収集・発信し、国内外に対し責任ある活動を行います。
③全国及び世界の聖公会から祈りと共に捧げられた献金を用いて活動を行います。被災状況や活動報告などの広報活動を通して、その祈りと支援に応答いたします。
④被災地に活動拠点を置き、仙台に支援オフィスを設けて活動を行います。また、専任のスタッフを採用し、ボランティアを募ります。
⑤聖公会関連学校・諸施設また他教派の方々と連携して活動を行います。
⑥地震により被災した信徒の支援、被災教会・施設の再建に向けて活動を行います。
⑦被災教区をはじめ全教区と協働して、日本聖公会全体の働きとして活動を行います。

(4)体制・役割
①日本聖公会に「『いっしょに歩こう!プロジェクト』~日本聖公会東日本大震災被災者支援~」を設置します。プロジェクト事務局は、仙台オフィスに置きます。
②このプロジェクトに運営委員会を設置し、プロジェクトの運営全般を行います。
③このプロジェクトに事務局長をはじめスタッフ数名を採用し、ボランティアと共に仙台オフィスをはじめ被災地での支援活動を行います。
④このプロジェクトは、管区事務所のスタッフの協力を得て、広報・渉外・経理などを行います。
⑤このプロジェクトは、聖公会における被災者支援の働きのために捧げられた献金・募金を管理し、その使途に関して責任を負います。

(5)組織・構成
「いっしょに歩こう!プロジェクト」~日本聖公会東日本大震災被災者支援~
 本部長  首座主教 植松 誠(北海道教区)
 事務局長 司祭 中村 淳(東京教区・管区宣教主事)
 運営委員 司祭 相澤牧人(管区事務所総主事)、池住 圭(中部教区)、
 司祭 大町信也(北海道教区)、主教 加藤博道(東北教区)、
 司祭 笹森田鶴(東京教区)、 主教 中村 豊(神戸教区)、
 司祭 野村 潔(中部教区)、 司祭 長谷川清純(東北教区)、
 村井恵子(横浜教区・日本聖公会婦人会長)
 現地スタッフ数名

 以上

2011.05.19 | いっしょに歩こう!プロジェクト

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary