The English translation of the Holy Communion

To the People in the Parishes of the Nippon Sei Ko Kai

The Liturgical Commission have completed the English translation of the Holy Communion and its accompanying texts such as collects in the 1990 Nippon Sei Ko Kai Prayer Book. In the 222nd (regular) synod of Bishops, the translation was approved for a trial use.

The Commission appreciate all efforts that have been paid to celebrate the Holy Communion in English, using English prayer books of other provinces such as Book of Common Prayer of the US-Based Episcopal Church or Common Worship of the Church of England.

The Commission strongly recommend to use these new texts for the Holy Communion celebrated in English in the Nippon Sei Ko Kai, expecting the celebration of the Holy Communion become more communal regardless of the language used.

Please see the following notes to use the translated English texts.

The Rev. John Masato Yoshida
Chair, The Liturgical Commission, Nippon Sei Ko Kai


Please download from here:
http://nskk.org/province/liturgy/



Notes:
1.This translation was created under a policy to make it faithful to the original Japanese Prayer Book of the NSKK as much as possible. Therefore, the translation may seem to be not smooth or different from ordinary English texts in English prayer books. If such makes this translation difficult for practical use, minor changes may be made with the consultation of the diocesan bishop.

2. Some liturgical texts, such as the creeds and the Lord’s Prayer, are taken from Praying Together of the English Language Liturgical Consultation (ELLC), an ecumenical body which discusses common English liturgical texts among denominations. Please note that these texts are not the translation of the original Japanese texts. Some texts that the ELLC does not provide are mainly taken from the Book of Common Prayer of the US-based Episcopal Church, mainly because their texts have been declared as in public domain.

* Much of these liturgical texts are formatted by split lines and indentations as in their original format, and this may bring difficulties to make side-by-side service booklets in both Japanese and English. Because of the reasons above, however, please respect the original format.

3.With regard to spellings and wordings, they are modeled after "the contemporary standard English" that is mentioned in the Curriculum Guideline of the Ministry of Education.

4. In general, the lectionary should follow that of the Nippon Sei Ko Kai issued by the Provincial Office. Please consult with diocesan bishops regarding the difference of chapters and verses between Japanese lectionary and English bibles such as New Revised Standard Version (NRSV).

2017.03.08 | 礼拝委員会

英訳版聖餐式文の公開について

聖餐式(The Holy Communion)」式文の英訳が完成し、公開することになりました。
下記の礼拝委員会からのお知らせをお読みいただき、各教会・教区でどうぞご活用ください。
本文は、礼拝委員会のホームページ(下記)からダウンロードしてください。
http://nskk.org/province/liturgy/



日本聖公会各教会の皆様へ

 このたび礼拝委員会では、『1990年日本聖公会祈祷書』の「聖餐式文」およびそれに付随する祈祷等の英訳版を作成し、2017年2月に開催された第222回(定期)主教会で、試用の承認をいただきました。

 今まで、英語会衆等の聖餐式において、『1979年米国聖公会祈祷書』や『Common Worship』等を用いて、あるいは独自に翻訳して献げてくださっていたご苦労に感謝申し上げます。

 日本聖公会礼拝委員会としては、今後、日本聖公会の礼拝として献げられる英語による聖餐式については、どうぞこの式文を用いてお献げくださいますよう、お願いいたします。そのことによって、日本語による聖餐式も英語による聖餐式も、共通して献げられますことを期待します。

 なお、式文使用上の諸注意は、以下の点をご覧ください。

日本聖公会礼拝委員会
  委員長 司祭 ヨハネ 吉田 雅人




1.この翻訳は、『日本聖公会祈祷書』原本になるべく忠実であることを方針として作成されました。そのため、翻訳文が固く感じられる、あるいは英語祈祷書で通常用いられる語法と異なる、などの感想を持たれるかも知れません。もし、実用上でこれらが大きな問題であると感じられる場合には、教区主教と相談の上で多少の変更を施すことも可能でしょう。

2.信経類や主の祈りなどの典礼文のいくつかは、教派を超えて共通の英語典礼文を作成する協議会である、英語言語礼拝協議会(English Language Liturgical Consultation, ELLC)のものをそのまま使用しています。このため、これらについては翻訳ではないことをご承知ください。また、ELLCが提供していない典礼文については、多くをアメリカ聖公会祈祷書より引用しています。これは、同祈祷書の本文がパブリック・ドメイン(公有)状態にあることが宣言されていることによります。
※これらの典礼文の多くが分かち書きで記述されているところは、日本語との対訳の式文を作成する上で問題となるかと思いますが、以上の理由により英訳本文を尊重してくださるようお願いいたします。

3.スペリングや語法については、文科省の教育指導要領が言うところの「現代の標準的な英語」をモデルとしています。

4.聖餐式聖書日課は原則として日本聖公会管区事務所発行のものをお使いください。英語聖書[New Revised Standard Version (NRSV) 等]との章節区分の問題等については、各教区主教とご相談ください。

以上

2017.03.02 | 礼拝委員会

「堅信前の陪餐」を巡るQ&Aの発刊について

「堅信前の陪餐」を巡るQ&Aについて

 3月30日付けで全国の教役者、教会に洗礼と堅信、また聖餐を巡る「Q&A]が管区事務所より配布されています。昨年2014年第61(定期)総会の祈祷書改正に関する決議(第1回協賛)を受けてのものです。

 表紙のタイトルが「堅信前の聖餐」を巡るQ&Aとなっており、一方、文中、とくに1頁、2頁の「おすすめ」では「堅信前の陪餐」としています。 「堅信前の聖餐」も間違いではないと言えますが、主教会、礼拝委員会では「堅信前の陪餐」をこの事柄に関する用語として考えてきました。

 その意味では表紙の方は「ミスプリント」です。「堅信前の陪餐」を基本的な用語として今後用いてまいりますので、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

礼拝委員長   司祭 吉田雅人
管区事務所総主事 司祭 矢萩新一





+主のみ名を賛美いたします。

 2014年の第61(定期)総会に提出され、第1回の協賛を得た「堅信前の陪餐」(議案は祈祷書の一部改訂、決議第21号)に関する「Q&A」形式の資料集が発行されることとなりました。

 主教会との意見交換を重ねながら礼拝委員会によって作成されたものです。祈祷書改正に関わる事柄であり、第61総会での第1回協賛に続き、2016年の定期総会での第2回の協賛(承認)も必要ですが、それまでに十分にこの課題が日本聖公会の中で共有され、研究されるよう、その資料の一つとして作成されています。

 各教会・礼拝堂の現在受聖餐者数を目安に送付いたします。このQ&Aは、各教会・伝道所・礼拝堂・教区の信徒・教役者のみなさまの中で十分にお読みくださるように期待されていますので、ぜひご活用ください。
不足があるようでしたら、管区事務所までご連絡ください。また管区事務所のホームページにも掲載いたしますので、必要に応じてダウンロード、コピーしていただければ幸いです。

2015年3月30日


日本聖公会 管区事務所総主事
司祭 エッサイ 矢萩新一



「堅信前の陪餐」を巡るQ&Aは管区ホームページの資料のページにてご覧頂けます。
http://www.nskk.org/province/shiryo.htm


s-IMG_1737.jpg
A5サイズ

2015.04.24 | 礼拝委員会

日本聖公会祈祷書一部改正の件

日本聖公会第61(定期)総会第20号修正議案(決議第21号)「日本聖公会祈祷書一部改正の件」(堅信前の陪餐)についての説明、および今後について

2014年5月27日から29日まで開催された第61(定期)総会において、第1回の協賛を得た第20号修正議案(決議第21号)について、議場での説明に基づきながら、一部修正、加筆し、その主旨、また今後に向けてのことを若干ご説明したく存じます。ただちに急激な変化を起こすものではなく、これから時間をかけて必要な事柄を整えていけるように願っていますので、どうぞよろしくお目通しください。今後各教区、教会内でも分かち合うことが出来ますように、「Q&A」等も作成する予定です。ご不明のことは各教区主教にご確認いただければ幸いです。

礼拝委員会担当主教 主教 加藤博道
礼拝委員会委員長  司祭 吉田雅人
2014年6月11日 使徒聖バルナバ日


詳細はこちらからpdfファイルでご覧頂けます

2014.06.30 | 礼拝委員会

み言葉の礼拝について

この度、礼拝委員会では「み言葉の礼拝」式文の改訂、また新たに執事が司式して行う「み言葉の礼拝と陪餐」式文の作成の作業を完了しました。この作業については、2010年日本聖公会第58(定期)総会に報告し、主教会の承認を経て、両式文の使用が承認されています。

以下の3種類の式文を公開します。

「み言葉の礼拝」改訂版式文
「み言葉の礼拝と陪餐」式文
両式文の合本

また、2006年に管区事務所から出版された「み言葉の礼拝」式文をすでに用いている教会の便宜のため、これを一部修正して用いるための修正ファイルも合わせ公開します。

これらのファイルは、ダウンロードして利用することができます。
また、印刷された式文が必要な方は、管区事務所から実費で購入することも可能です。


詳細は下記の礼拝委員会のページでご確認ください。
式文のダウンロードもリンク先からご利用頂けます。
http://nskk.org/province/liturgy/mikotoba/


2011.04.20 | 礼拝委員会

聖歌集改訂ニュース

旧聖歌集改訂委員会発行の「聖歌集改訂ニュース」は、
こちらからpdfファイルにてご覧いただけます。

創刊号(1999年 1月25日発行)

第2号(1999年 3月20日発行)

第3号(1999年 8月20日発行)

第4号(2000年 4月10日発行)

第5号(2000年 8月30日発行)

第6号(2000年12月 6日発行)

第7号(2001年 3月15日発行)

第8号(2002年12月12日発行)

第9号(2003年11月25日発行)

第10号(2004年11月16日発行)

第11号(2005年12月 8日発行)

2007.08.21 | 礼拝委員会

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary