九州教区・九州地震被災者支援室より 《第13信・最終》

支援活動~被災者を「孤立させない」ため~の取り組み

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。
艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。」ロマ8:35



+主の平和がありますように

去る4月13日熊本聖三一教会にて九州地震記念礼拝を捧げました。
そして4月14日九州地震の前震発生日、また続く16日本震発生日を迎えました。あれからちょうど2年が過ぎました。
愛する家族や友人また大切な家や財産を失った人にとっては、きっと苦しく長い時間ではなかったかと思います。
時間は確実に経過しますが、それぞれの生活再建は決して容易でなく、さらに多くの時間が必要です。
私たちは小さな支援しかできませんが、これまでに与えられた豊かな出会いや関わり合いに感謝しつつこれからも共に歩んでいきたいと思います。

●九州地震被災者支援室の活動は終了。今後は、災害被災者支援室による活動へバトンタッチします。
これまで行ってきた体制「2日間の活動を毎月2回」を終了。と同時に、九州教区では九州地震被災者支援室の活動を終了しました。
これまでのご協力ありがとうございました。
今後は、東日本大震災被災者支援、九州北部豪雨被災者支援と併せて、教区の災害被災者支援室活動として取り組みます。

とくに作業等の支援については、被災者の必要をお聴きしながら不定期の活動を企画し対応してまいります。
また、主に女性たちの集まりであるハリーズ(手芸の会)は、手芸を楽しみつつ普段なかなか口にできない辛い思いを分かち合う場として喜ばれてきました。今後は月一回開催とし、継続してまいります。

今しばらく「熊本聖三一ボランティアセンター」の名称を残し、熊本聖三一教会を支援活動の拠点といたします。
頻度はぐんと減りますが、被災者支援を継続いたします。


●九州北部豪雨被災者支援活動
被災地に拠点となる教会や信徒宅がないことから関わり方に困難を感じておりますが、基本的には、朝倉市黒川地区の被災者により設立された「黒川復興プロジェクト」の活動に参加し協力すること。
または同プロジェクトから紹介された活動に参加することを勧めてまいります。

当支援室の役割としては、九州教区関係者また日本聖公会関係者が参加する場合に、参加方法等を案内しその他情報提供を行います。
多くは独自に調整し参加していただくことになります。ご了承ください。

お祈りとご支援、よろしくお願いいたします。

2018年 4月17日
九州教区主教 ルカ 武藤 謙一

九州教区・災害被災者支援室
室長 司祭 マルコ柴本 孝夫

2018.04.17 | 九州教区・九州地震被災者支援室

イエスさまの復活に寄せて

復活なさったイエスさまは、私たちの真ん中に立ち、
「あなたがたに平和があるように」と言われ、
息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」と言われました。

聖霊の風通しを良くして、
和解と平和の実現のために遣わされていること信じ、
心の扉を開き続けていきましょう。

2018.04.10 | 総主事過去の巻頭言

被爆73年 長崎原爆記念礼拝〈聖餐式〉

nagasaki2018.jpg

狼は小羊と共に宿り、豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち、小さい子供がそれらを導く。
イザヤ書 11:6

被爆73年 長崎原爆記念礼拝 〈 聖 餐 式 〉
死の同心円から平和の同心円へ


1945年8月9日、長崎の町に“死の同心円”が広がりました。
私たちは多くの命を思いながら共に祈り、“平和の同心円”をこそ広げていきたいと思います。
ぜひご参列ください。



すべての被爆者を覚えて
主の平和の実現のために
長崎に原子爆弾が投下された11時 2分
あの日を思いつつ黙祷を捧げます。

日時: 8月 9日(木)10時30分~
場所: 日本聖公会長崎聖三一教会
司式: 主教 武藤 謙一(九州教区主教)
説教: 主教 小林 尚明(神戸教区主教)
式典長: 司祭 柴本 孝夫(長崎聖三一教会牧師)
その他の聖職も司式・補式等に加わる可能性があります。


【 記念礼拝前後のプログラム 】
・8月 8日(水) 宗教者平和の祈り
・8月 9日(木) 午後、会食(愛餐会)。引き続き、証言、平和プログラム。

〈証言者〉司祭 松岡虔一(まつおかけんいち)師
1933年北九州若松生まれ。
3歳の時、当教会牧師に着任する父・司祭 松岡安立師に連れられ長崎へ。
12歳で被爆。祖父・司祭 松岡林治師も元当教会牧師。



【 お問い合わせ 】 柴本孝夫司祭 長崎聖三一教会 電話/Fax 095(823)0455
主催 日本聖公会長崎聖三一教会 ・ 日本聖公会九州教区

2018.04.06 | 各教区の活動・お知らせ・その他

5月会議予定

1日 (火)18:00-21:00 正平・ジェンダープロジェクト
2日 (水) 9:00-12:00 正平・ジェンダープロジェクト作業会
11日(金)18:00-20:00 ウィリアムズ主教記念基金運営委員会@立教
14日(月)14:00-15:00 正平・原発問題プロジェクト
14日(月)15:00- 正平・原発問題プロジェクト国際会議準備会
15日(火)13:30- 正平・沖縄プロジェクト@沖縄
22日(火)~24日(木)新任人権担当者会@熊本
24日(木)13:30- 人権問題担当者会@熊本
31日(木)10:30-15:00 文書保管委員会

2018.04.05 | 会議予定

2018年沖縄週間/沖縄の旅 参加のご案内

命(ぬち)どぅ宝(たから)~キリストを生きる~
2018年6月22日(金)~25日(月)

何事も利己心や虚栄心からするのではなく、
へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、
めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。
(フィリピ2:3,4)



今年は1988年の第1回目の正義と平和協議会「命どぅ宝」in沖縄が開催されてから30周年、また管区総会の決議によって沖縄週間/沖縄の旅が始まって24回目を迎えます。
今日に至るまで、沖縄のことを自分の問題として受け止め、共に祈り共に歩んでくださった日本聖公会の諸教会の皆様に感謝を申し上げます。

さて、今年のテーマもまた「命どぅ宝」の言葉を冠に、キリストを生きる、としました。多種多様な問題を抱え混迷する私たちの世界や社会において、わたしたちは、神さまから賜った命をこそ大切にし、み言葉によって、キリストを生きる者になりたいとの思いからです。
そしてテーマ聖句には、フィリピの信徒への手紙第2章の3,4節を配しました。それは「わたしたちが推進している沖縄週間/沖縄の旅そのものがどういう姿勢をとっているのか」という問い掛けから始まったものです。

教会には様々な理解、見解、主張を持った人びとが集います。
わたしたちの目には小さな違いのように見えることが原因となり教団、教派が分かれていることは今までの歴史が証するものです。

平和について、正義についての理解も人それぞれ異なります。
ある人は「軍事力による抑止力が平和を保障する」と主張します。それに対して「話し合い、理解し合う過程を通して平和は得られる」という声もあります。

聖公会という教会は、このような様々な理解・意見の違いを持つ人びとがどうすればひとつの教会、キリストに結ばれたひとつの体として歩むことができるだろうかという思いと反省のうちに歩む教会です。
全く違う考え方をもっていても“もう交わらない”で終わらず、キリスト・イエスの十字架によってひとつの体とされたため、“どうすればキリストを頭とする「ひとつの体」として「共に」歩むことができるだろうか”と重ねて議論し合い話し合うスタンスを大切にするのです。
その意味で最も気を付けないといけないことは、“自分と異なる意見を受け入れきれない教会”になってしまうことではないでしょうか。

「わたしの意見・考え方は聖書に基づいているものであるが、あなたの考え・主張はそうではない」と決めつけ、それ以上の話し合いができなくなることではないでしょうか。
確かに見通しの立たない問題を取り上げ、話し合いを続けるには相当な時間とエネルギーが必要です。断定をせずもう一度考えることは決して簡単なことではありません。
しかし聖書・伝統・理性の上に立っている聖公会が宝物にしてきた精神であり遺産である“受け入れ合う、赦しあう”ことを、改めて思い起こす必要があると強く思います。

様々な考えを持つ多くの方々のご参加をお待ちしています。
沖縄の現状を通して共に話し合い、考えの違いから生じる新しい恵みを分かち合うことこそ、聖公会が大切にするヴィア・メディア・アングリカナ(via media Anglicana)だからです。
多少疲れるかもしれません。大きな声が飛び交うかもしれません。顔が赤くなるかもしれません。
にもかかわらず交わりを持つことにより、クリスチャン共同体(公会)を通して示される神様のみ心はより明らかになると信じます。

沖縄の歴史と現状を通してたくさんの気づきと恵みがあることを祈りつつ、皆様のご参加を心からお待ちしております。

日本聖公会沖縄教区委員 司祭  金 汀洙(じょんす)


※2014年の日本聖公会第61(定期)総会にて、これまでに続いて「沖縄週間」の継続が決議されました。これは、日本聖公会の全教区・教会が沖縄の現実に思いを寄せ、わたしたち自身が主の平和を求めて祈ることを目的とするものです。
沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会は、この週間にあわせ、沖縄の歴史及び現在を学ぶ旅を行い、全国の皆さんをお誘いしています。
ぜひ多くの方々がご参加くださるよう、お待ちしています。



沖縄週間の祈り
歴史と生命の主である神よ、私たちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ、豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通して私たちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
私たちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン


主催
日本聖公会 沖縄教区
日本聖公会 正義と平和委員会


◆詳しいご案内・参加方法はこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)

2018.03.20 | 正平・沖縄プロジェクト

『いのちの海と空と大地』 第6号発行 (2018年3月)

+主の平和がありますように

正義と平和委員会・原発問題プロジェクトから、ニュースレター「いのちの海と空と大地」第6が発行されました。

『いのちの海と空と大地』 第6号 PDFファイル
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/genpatsu_news6.pdf

印刷版を今月号の管区事務所だよりに1部同封してお送りいたしますので、掲示してご案内いただけますと幸いです。

2018.03.15 | 正平・原発問題プロジェクト

4月会議予定

4日(水)10:00-16:00 会計監査
12日(木)13:30-16:00 常議員会
16日(月)18:00-18日(水)17:00 日韓協働合同会議@YMCA・川越・管区
19日(木)18:00-21:00 青年委員会
19日(木)13:00-17:00 祈祷書改正委員会
23日(月)10:00~24日(火)14:00 憲法プロジェクト@名古屋
26日(木)14:00-17:00 正義と平和委員会@京都

2018.03.02 | 会議予定

東日本大震災7周年を迎えて

東日本大震災7周年の日に向けて、東北教区から祈りの集いの案内をいただきました。
どうぞお祈りの内にお覚えください。



20180311_inori.jpg

東日本大震災7周年を迎えて
同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを

主の平安をお祈りいたします。
大斎節に入り、皆様方には自らをふりかえる心豊かな時をお過ごしのことと思います。また日頃より被災地と震災被災者や原発事故被害者の方々を覚えてお祈りくださっていること、心より感謝申し上げます。

さて、東日本大震災が起こってから7年目を迎えました。
東北教区では宣教部を中心に、この日をどのように迎えるかを思い巡らせてまいりました。
ことに今年は3月11日が日曜日(大斎節第4主日)ですので、全教会が合同して祈りの時を持つことが困難であるということもあり、同封のご案内のように、教区内12教会で祈りの集いを持つことになりました。

その集いは、「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」という意図で、可能な限り午後2時30分から、同じ祈りの言葉(式文)を用いて、祈りと黙想の時を持ち、大震災の発生した午後2時46分には想いを一つにして黙祷することができれば、と願っております。
この集いにご一緒いただけますなら、とても感謝です。

また、遠方等のために東北教区諸教会の集いへの参加は難しいけれども、「同じ時に 想いを一つに 皆で祈りを」との私たちの思いをお汲み取りくださいますなら、どうか皆様方がお住まいの各々の場で、同封の式文等を用いてお祈りいただければ幸いです。
その祈りの輪で結ばれ、包まれるることが、わたしたちにとって、また被災地の皆様にとって、深い癒しと励ましになるであろうと信じます。

復興への道のりはまだまだですけれども、イエス様がその旅路を共に歩んでくださることを信じ、これからもご加祷・ご支援をお願い申し上げます。

在  主

2018年2月20日
日本聖公会東北教区主教  主教 ヨハネ 吉田 雅人
日本聖公会東北教区宣教部長  司祭 ステパノ 越山 哲也


祈りの言葉(式文)とポスターのPDFデータは、下記からダウンロードできます。

◆午後2時46分の黙想 ―同じ時 想いを一つに 皆で祈りを―(式文)PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_shikibun.pdf

◆「午後2時46分の黙想」ポスター PDF
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/2018_0211_311_inori.pdf

印刷版を今月末に発送される「管区事務所だより」と共にお届けいたしますので、
必要に応じてコピーするなどして、ご利用ください。

2018.02.22 | 各教区の活動・お知らせ・その他

大斎節の過ごし方

教会の暦は大斎節です。

大斎節はイエスさまの十字架へと向かう歩みの中で行われたみ業に倣い、
私たちが受けた愛の大きさをもう一度思い起こし、
それを隣の人々に伝え、実践していくことを意識する期節です。

イエスさまならこんな時どのなさるだろうかと考え、
祈り求め、行動するために、

やわらかい心とやさしい愛の眼差しを忘れずに
イースターを迎える準備の時を過ごしてまいりましょう。

2018.02.19 | 総主事過去の巻頭言

『おいで子どもたち』著者(斎藤惇夫さん) FEBCネットラジオにご出演

主の平和がありますように。

『おいで子どもたち』著者の斎藤惇夫さんがインターネットラジオのキリスト教放送局FEBCで、2/3(土)と、2/10(土)の2回にわたって「コーヒーブレイク・インタビュー」に出演されます!
放送は2/3(土)と、2/10(土)いずれも22:04より28分間です。

FEBCネットラジオホームページ
http://www.febcjp.com/

放送の聞き方ガイド
http://netradio.febcjp.com/howtolisten/

斎藤さんがご自身のキリスト教信仰について深く丁寧に語っておられます。
ぜひお聞きください。そして『おいで子どもたち』の本を手に取っていただくきっかけになれば幸いです。



★『おいで子どもたち』ご購入の案内はこちら
(教文館出版部サイトへ)

2018.02.02 | 祈祷書改正・堅信前陪餐関連

九州教区・九州地震被災者支援室より第12信

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。
艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。」ロマ8:35


支援活動~被災者を「孤立させない」ため~の取り組み



主の平和がありますように

寒さ厳しい毎日。
凍えるような朝また夜、壊れた家や簡素な仮設住宅で過ごす人たちの苦労を思い健康状態が心配になります。
常に自身のことばかりに心奪われる私たちですが、今尚多くの困難を抱えつつ過ごす人々のことを覚えて祈り、わずかな時間であっても共に歩み、具体的なお手伝いに励みたいと思います。

●4月13日、熊本にて九州地震記念礼拝
九州地震被災者支援活動の現体制「2日間の活動を毎月2回」の取り組みは4月14日までといたします。
節目として4月13日(金)18時より、これまでの活動拠点-熊本聖三一教会にて九州地震記念礼拝を行います。皆さまも心に留めてくだされば幸いです。
尚、これで「完全撤退」ではなく、地元の熊本聖三一教会とも連携しながら、不定期ではありますが、支援活動を継続していきます。

●九州北部豪雨被災者支援活動
九州北部豪雨被災者支援については、下記の「今後の活動について」にもあるとおり、2月、3月は熊本での九州地震支援活動に続く一日を活動日といたします。
参加希望の方は、申し込みの前にまずは柴本司祭までご連絡ください。さらに4月以降の活動については被災地の状況を踏まえつつ対応してまいります。

●今後の活動について
お知らせが遅くなりました。活動予定日および責任者は以下のとおり。
 2月 6日(火)~ 7日(水) 8日(木・朝倉) 柴本司祭
 2月22日(木)~23日(金) 山本尚生
    24日(土・朝倉) 柴本司祭
 3月 6日(火)~ 7日(水) 8日(木・朝倉) 柴本司祭
 3月22日(木)~23日(金)24日(土・朝倉) 山本尚生
 4月12日(木)~13日(金) 柴本司祭・山本尚生
*13日(金)18:00より記念礼拝

引き続きお祈りと、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

2018年 2月 1日
九州教区主教 ルカ 武藤 謙一

九州教区・災害被災者支援室
(九州地震被災者支援室)
室長 司祭 マルコ 柴本 孝夫

2018.02.02 | 九州教区・九州地震被災者支援室

3月会議予定

1日(木)~2日(金)人権問題担当者会議@熊本
6日(火)16:30-18:30 聖公会/ルーテル教会協議会@潮見
8日(木)14:00-15:00 正平・原発問題プロジェクト
8日(木)15:00-18:00 正平・原発問題プロジェクト国際会議準備会
8日(木)18:00-20:00 教役者遺児教育基金・建築金融資金運営委員会
9日(金)13:00-17:00 礼拝委員会
13日(火)18:00-21:00 年金・年金維持資金運営委員会
14日(水)18:00-21:00 収益事業委員会
22日(木)10:30-15:00 文書保管委員会
22日(木)14:00-17:00 主事会議
22日(木)18:00-21:00 財政主査会
27日(火)14:00-17:00管区共通聖職試験委員会

2018.01.30 | 会議予定

『いのちの海と空と大地』 第5号発行 (2018年1月)

+主の平和がありますように

正義と平和委員会・原発問題プロジェクトから、ニュースレター「いのちの海と空と大地」第5号が発行されました。

『いのちの海と空と大地』 第5号 PDFファイル
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/genpatsu_news5.pdf

印刷版を今月号の管区事務所だよりに1部同封してお送りいたしますので、掲示してご案内いただけますと幸いです。

2018.01.25 | 正平・原発問題プロジェクト

(ご案内)21世紀キリスト教社会福祉実践会議 第11回大会

20180210.jpg

21世紀キリスト教社会福祉実践会議(超教派の集まり)から、第11回大会のご案内をいただきました。
ご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。



貧困・差別とたたかうキリスト教社会福祉
~すべての人が兄弟姉妹として生きるために~

日時: 2018年2月10日(土) 10:00~16:00
会場: 日本キリスト教団 天満教会
     (大阪市北区天神西町4-15)
参加費:2000円(学生1000円)

詳細と申込方法については、下記のリンク先をご覧ください。
http://www.nskk.org/province/blog_pdf/180210 flyer.pdf

2018.01.22 | 各教区の活動・お知らせ・その他

2月会議予定

1日(木)~2日(金) 祈祷書改正委員会@仙台
5日(月)11:00~16:00 憲法プロジェクト@京都
5日(月)~6日(火) 2018年 各教区正義と平和担当者の集い@京都
6日(火)13:00~16:00 正義と平和委員会@京都
7日(水)~9日(金) 主教会@横浜
9日(金)14:30~17:00 女性の聖職に関する特別委員会
19日(月)16:00~ 神学教理委員会@京都
20日(火)13:30~17:00 常議員会
28日(水)14:00~17:00 聖公会/ローマカトリック合同委員会

2018.01.11 | 会議予定

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

from nskk


九条鳩



150thanniversary